column

Noh Jesuメルマガ

【20181217】中間管理職のミッションとは?

おはようございます。ノ・ジェスです。

本日も、心が痛まない社会を創る
リーダーを応援するメッセージを発信しています。

■認識技術(nTech)とは?

科学技術(sTech)が、
電気半導体の開発によって、
PC(パーソナルコンピュータ)時代の
巨大な経済大陸を開拓できた技術であるならば、

認識技術(nTech)は、
電気半導体の先の新素材、
心の半導体の開発によって、
PU(宇宙コンピュータ)時代の
巨大な経済大陸の開拓を可能にする技術です。

■■コラム 中間管理職のミッションとは?

企業で働く中間管理職の人たちは、
いつも上と下の板挟みで大変だという印象があります。

トップからの指示に応えなければならず、
同時に、部下の育成やマネジメントもしなければなりません。

世の中の多くの中間管理職の人たちは、
悩みを抱えていると思いますが、それだけに
中間管理職が会社全体に与える影響も絶大です。

トップからの指示を部下に伝達し、
その上で、自分も部下も
主体性・自発性・能動性・尊厳性を持ちながら
さらに創造性・創意性・イノベーションも
アップグレードさせていかなければならない。

でも、それがなかなかできないというのが
中間管理職の悩みであると言えます。

そして、その悩みの多くは、部下に対して、
「自分たちは世界初の仕事をしている」
というイメージをつけてあげられないから
生まれているものだと整理することができます。

逆に言えば、
そのイメージをつけてあげられることが、
中間管理職の一番重要な能力になってきます。

では、
「世界初の仕事」のイメージとはどんなものでしょうか?

仕事の枠組みを大きく2つにわけると、
「無から有」と「有から有」にわけられます。

既存のサービスや商品を売る
「有から有」よりも、無いものから
新しいサービスや商品を創りだす
「無から有」の方がクリエイティブがあってワクワクします。

ただ、通常は「無から有」を創るのは、
会社の社長など上層部の人たちであり、
中間管理職やその部下は「有から有」の
仕事しかやっていないイメージがつきやすいものです。

トップの指示に従うだけの仕事は
つまらないですし、主体性にも欠けるので、
クリエイティブが生まれないのも当然です。

なので、中間管理職のミッションは、
会社の社長のように、部下に対しても
主体性・自発性・能動性を持って
「無から有」を決定することであり、
また、クリエイティブやイノベーションを
訓練させ、それをできるようにさせることです。

そうなれば、目の前の人たちは、
自然にワクワクしていき、ひいては、
会社全体が元気に活性化していくはずです。

自分と自分の宇宙は実在しない。

その事を論理とイメージで100%理解した上で
究極の「無から有」の仕組みを活用していただきたいです。

自らの人間力・人間関係力を
高めていくための道具として、
間違いなくnTech(認識技術)は貢献できます。

ブログにも記事を書いていますので
ぜひご覧ください。

http://blog.noh-jesu.com/entry/2017/04/21/

本日も読んでくださり
ありがとうございました。



【20181212】こんな上司、早くいなくなってほしい

おはようございます。ノ・ジェスです。

本日も、心が痛まない社会を創る
リーダーを応援するメッセージを発信しています。

■認識技術(nTech)とは?

科学技術(sTech)が、
電気半導体の開発によって、
PC(パーソナルコンピュータ)時代の
巨大な経済大陸を開拓できた技術であるならば、

認識技術(nTech)は、
電気半導体の先の新素材、
心の半導体の開発によって、
PU(宇宙コンピュータ)時代の
巨大な経済大陸の開拓を可能にする技術です。

■■コラム こんな上司、早くいなくなってほしい

ある上司との関係で悩んでいる
という女性にお会いしました。

その上司は、彼女の考えに共感したり、
意見に耳を傾けることもなく、
いつも一方的に決めつけてくることが多いそうです。

こちらが何か言おうとしても
全く聞く耳を持たず、
一方的にジャッジされるので、
彼女は何もできずに我慢し、従うしかない。

そんな上司とどう付き合っていけばよいのか
わからなくなっているそうです。

従ってばかりでは我慢も限界になります。

かと言って、とことんやり合う勇気もないし
あからさまに無視をしても仕事は進まない。

こんな上司、早くいなくなって
しまえばいいと、いつも思っているそうです。

では、
どうしたらこのような問題を解決できるでしょうか?

コミュニケ―ションをする上において、
自分の意見を全く聞いてもらえない状況は、
とてもストレスが溜ると思います。

思わず、上司を排除してしまいたくなる
気持ちはわかりますが、
本当の解決のためには、
その上司の存在を排除するのではなく、
あなたの中の上司へのイメージを排除することが大切です。

聞く耳を持たず、
一方的に決めつけてくる上司は、
実はあなたの無意識の現れでもあります。

つまり、相手の存在や身の回りの現象は、
全てあなたの認識が創りだしているとも言えるのです。

相手を変化させるには、
まず自分の認識を変化させるしかありません。

nTech(認識技術)は、
自分と自分の宇宙は実在しない、
全てをオールゼロ化した真実の世界から
この現実を再創造できる技術です。

本日も読んでくださり
ありがとうございました。



【20181210】自分のやりたいことがわからない

おはようございます。ノ・ジェスです。

本日も、心が痛まない社会を創る
リーダーを応援するメッセージを発信しています。

■認識技術(nTech)とは?

科学技術(sTech)が、
電気半導体の開発によって、
PC(パーソナルコンピュータ)時代の
巨大な経済大陸を開拓できた技術であるならば、

認識技術(nTech)は、
電気半導体の先の新素材、
心の半導体の開発によって、
PU(宇宙コンピュータ)時代の
巨大な経済大陸の開拓を可能にする技術です。

■■コラム 自分のやりたいことがわからない

人生100年時代、
働き方改革などが叫ばれている今、
年齢や性別を問わず、本当にやりたいことを
見つけるためにはどうすればいいのか?
という悩みを持つ人が増えています。

そんな悩みの裏には、仕事に対して、
日々同じことの繰り返しではつまらない、
やりがいのあることがしたいという欲求もあるでしょう。

やりたいことを見つけるために、
好きなことを書き出す、自分史を書く、
ひとり旅をする、引っ越しする、転職する、
人付き合いを変える、など、
さまざまなことをやってみても
心からやりたいと思えることにはなかなか出会えない。

そんな声はよく聞きます。

自分が本当にやりたいことをしたい
というのは、自分らしく生きたい、
ありのままの自分でいたいということでもあります。

では、
どうすれば、そのような
理想的な生き方ができるのでしょう?

人間は一人ひとりみんな無限の可能性を秘めています。

そして、誰もがこの宇宙で唯一無二の
尊い存在で、その人にしかない個性があります。

けれども、今までの教育は、
その無限の可能性も、個性も、
全くといっていいほど開発することができていません。

人間とは何か?
生きるとは何か?
現実とは何か?

それがわからないまま、
知識を詰め込むことが中心の今の教育では、
当然ながら、AI(人工知能)に太刀打ちできる人材は育ちません。

現代は情報過多の社会でもあり、なおさら
自分がいったい何をすればいいのか、
わからなくなってしまう人が増えるのも無理はないです。

nTech(認識技術)は、
そんな今までの教育の限界を補って、
人間の無限の可能性、創造性、主体性、
個性を持続的に開発することができる技術です。

さらに、AIには真似できない
新しい仕事・職業をつくることを可能にします。

この新しい教育によって、人間一人ひとりが
その人らしい個性を思う存分発揮しつつ、
全体とも調和して、チームプレーや
協力、団結の感動、喜びを味わうことができるようになります。

本日も読んでくださり
ありがとうございました。



【20181205】AI時代を生き抜く働き方とは?

おはようございます。ノ・ジェスです。

本日も、心が痛まない社会を創る
リーダーを応援するメッセージを発信しています。

■認識技術(nTech)とは?

科学技術(sTech)が、
電気半導体の開発によって、
PC(パーソナルコンピュータ)時代の
巨大な経済大陸を開拓できた技術であるならば、

認識技術(nTech)は、
電気半導体の先の新素材、
心の半導体の開発によって、
PU(宇宙コンピュータ)時代の
巨大な経済大陸の開拓を可能にする技術です。

■■コラム AI時代を生き抜く働き方とは?

今の時代はデジタル社会であり、
AIやIoTなどの技術革新が加速度的に進み、
この先は人間の仕事が激減するとも言われています。

人間の何千倍、何万倍ものデータ量を
記憶処理できるAIが増えれば、
企業は率先してAIを雇用するようになります。

将来のことを考えて
転職を視野に入れたとしても
今後どんどんAIに仕事が代替される中で
会社に雇われ続けること自体に限界を感じる人もいます。

独立して事業を起こそうにも
何の事業を起こせばよいのかわからない。

これからAIが参入する時代に
どのような働き方をするのが望ましいのか、
気になっている方はとても多いと思います。

では、
これからのAI時代を生き抜く働き方とは、
どのようなものなのでしょうか?

これからの働き方は、
ダブルジョブが当たり前になってきます。

これまでのように雇われて働くだけではなく
一人ひとりが自らの職業を創造する企業家になることが大事です。

人間はAIには真似できない新しい技術、
商品、職業をどんどんクリエイトしていく。

新しい仕事を開発しながら
誰もが企業家にもなれるし、
仲間の夢やビジョンを叶えるために
協力しながら働くこともできる。

経営者側と雇われる側、
どちらにもなれるということであり、
そんな働き方がこれからのメジャーになっていきます。

AIには真似できない職業を開発するには、
経営者として、世の中のニーズが
どこにあるのかを見極める能力が必要です。

特に「人の深層にあるニーズを発見する能力」が求められます。

つまり、人間とは何?
なぜ何のために生きているの?
人間にしかできないことは何?
その答えを知ったうえで生きていきたい!

これまで人間の潜在意識の中に眠っていたニーズです。

そのニーズが顕在化されれば、
人間としてのアイデンティティや役割、
本質的な疑問へと意識が向かうようになります。

人間の本質的なニーズに対して答えを提供する。

それが新しい職業になれば、素晴らしい未来になりそうです。

人間とは何か?
なぜ何のために生きているのか?

その答えを知るためには、
人間の5感覚脳で判断する
主観的独断の世界に留まるのではなく、
すべてを人間の観点の外から
客観的に理解する世界に行かなければなりません。

すなわち、心の秘密、
宇宙の根源を知る必要があるということです。

ブログにも記事を書いていますので
ぜひご覧ください。

http://blog.noh-jesu.com/entry/2017/03/25

本日も読んでくださり
ありがとうございました。



【20181203】我慢し続ける毎日から自由になるには?

おはようございます。ノ・ジェスです。

本日も、心が痛まない社会を創る
リーダーを応援するメッセージを発信しています。

■認識技術(nTech)とは?

科学技術(sTech)が、
電気半導体の開発によって、
PC(パーソナルコンピュータ)時代の
巨大な経済大陸を開拓できた技術であるならば、

認識技術(nTech)は、
電気半導体の先の新素材、
心の半導体の開発によって、
PU(宇宙コンピュータ)時代の
巨大な経済大陸の開拓を可能にする技術です。

■■コラム 我慢し続ける毎日から自由になるには?

上司のことで悩んでいる女性から相談を受けました。

理由は、その上司が社員を
自分勝手な判断基準でランク付けして
ランクが上の社員と、下の社員とで
明らかに態度が違うからだそうです。

正当な基準であればまだしも
個人的な好き嫌いの基準で
社員を決めつけるような
理不尽なやり方が許せなくて
思い出すたびに怒りが込みあげてくるそうです。

しかし、その怒りを
上司にぶつけることはできず、
表面的にうまく合わせながら
込みあげてくる怒りを我慢している。

誰かに話を聞いてもらったり、
考え方を変える努力をしても
思うようには変わらないそうです。

では、
このように我慢し続ける毎日から
自由になるにはどうすればよいのでしょうか?

私たち一人ひとりを含め、
人間はこれまでの間ずっと、
集団の秩序の中で我慢を強いられてきました。

全体主義の時代は、
王様の命令に従わなければ殺される
というように王様の判断基準が絶対でした。

個人主義になった今の時代も
会社や組織のリーダーの
言う通りにしなければ首になるというように
常に自分を犠牲にして権力や財力を
持っている人の判断基準に合わせなければなりません。

ですから、私たち一人ひとりの
無意識深いところでは、
憤怒の感情を蓄積しているのです。

人間は「憤怒の塊」といっても過言ではありません。

それは束縛から自由になりたいという意志でもあります。

nTech(認識技術)では、
束縛の根本原因を「観点」と規定しています。

人類500万年間の歴史において、
ずっと人間を束縛し続けてきた
「観点」とは何なのかを明確に理解し、
そこから自由になって、
源泉的なひとつの動きそのものの
本来の自分に出会うことで、
どんな環境や状況でも
幸せに生きることができるようになり、
結果的に上司に対する見方も変わってくるはずです。

本日も読んでくださり
ありがとうございました。




ページトップ

メールマガジン登録