column

Noh Jesuメルマガ

【20130228】インターネット普及による問題点

おはようございます。Noh Jesuです。
このメールマガジンでは、「和の産業化」「悟りの産業化」を実現するためのキーワードを毎日発信しています。

先日から「資本主義の限界を突破するキーワード『疎通』の重要性」をテーマに配信しています。

グローバル社会では、消費マインドをはじめ、今まで蓄積したすべての秩序が破壊されていきます。インターネットやスマートフォンも強烈な破壊の道具となっています。インターネットの普及による恩恵が多くある一方で生じた様々な問題もあります。

情報の洪水に翻弄され一人ひとりの頭の中の整理整頓ができなくなり、頭がパンパンになります。
また、インターネット上では世界中の情報にアクセスすることができるので、上を見れば自分がいかにお金も能力もないのか、グローバルレベルでの相対比較が起きます。
そして、ITが当たり前になることを予想して先にビジネスを始めていた人はパソコン1台で儲かる仕組みを持つことができ、貧富の格差がより酷くなっています。



【20130227】傷だらけの心

おはようございます。Noh Jesuです。
このメールマガジンでは、「和の産業化」「悟りの産業化」を実現するためのキーワードを毎日発信しています。

先日から「資本主義の限界を突破するキーワード『疎通』の重要性」をテーマに配信しています。

これまでの政治権力は、お金の印刷などで無理矢理消費マインドを煽動してきましたが、それらが住宅バブルや金融バブルを引き起こしてしまいました。また、大手の企業は人をリストラしてIT化することで大量生産できる体制を維持しました。
結果、供給過剰・生産過剰を超えて、供給と生産は飽和状態になり、今日の世界的な経済危機を招いてしまっています。

そのような経済状況、社会状況の中で、何よりも人間一人ひとりの心が傷だらけになってしまっています。

詳しくは明日以降お伝えしていきます。



【20130226】サブプライム問題

おはようございます。Noh Jesuです。
このメールマガジンでは、「和の産業化」「悟りの産業化」を実現するためのキーワードを毎日発信しています。

先日から「資本主義の限界を突破するキーワード『疎通』の重要性」をテーマに配信しています。

サブプライム問題はどのようにして起きたのでしょうか?
当時、ブッシュ大統領がイラク戦争による景気後退と国内からの反発をクリアしようと、住宅を建てる際に信用力の低い層の人たちにもほぼ無条件でお金を貸しました。住宅の値段がどんどん上がるので、死んだ人の名前でさえもお金を貸すこともあったそうです。貸せば貸すほど銀行は儲かるので、約750万件を超えるローンが組まれました。
しかし返済ができなくなる人がたくさん出てきて、一気に住宅の値段が下がりサブプライム問題が起きました。人々が描いた色々な夢や計画も同時に崩壊してしまったのです。

消費マインドを無理矢理作った金融政策の大きな失敗例です。



【20130225】無理矢理作る消費マインド

おはようございます。Noh Jesuです。
このメールマガジンでは、「和の産業化」「悟りの産業化」を実現するためのキーワードを毎日発信しています。

先日から「資本主義の限界を突破するキーワード『疎通』の重要性」をテーマに配信しています。

資本主義はシンプルです。資本主義の仕組みをみれば、消費マインドが活性化しない理由が良く見えます。
お金の印刷は、未来技術・未来価値・未来の感動パターンが生まれた時にこそ効果があります。未来技術・未来価値・未来の感動パターンが生まれていない状態でお金を刷ればバブルが起きてしまいます。

お金を無理矢理使うように誘導し、社会全体のお金を動かそうとした失敗が、世界金融危機のきっかけとなった「サブプライム問題」です。無理矢理作った消費マインドで、無理矢理バブルを作ったのですから、うまくいかなくて当然です。
明日は詳しくお伝えします。



【20130224】失敗を繰り返す金融政策

おはようございます。Noh Jesuです。
このメールマガジンでは、「和の産業化」「悟りの産業化」を実現するためのキーワードを毎日発信しています。

先日から「資本主義の限界を突破するキーワード『疎通』の重要性」をテーマに配信しています。

1970年代にオイルショックが起きた時は、お金を大量に印刷して給料の水準を上げました。あたかも自分の所得が「上がった」ように思わせて消費マインドを活性化しようとしましたが、同時に生活用品の値段も上がっているので、生活水準はそれほど変わりませんでした。それでは消費マインドは活性化しません。

次に政府は、国民の税金を使って公共事業(土木建築)政策を実施して雇用を作り、消費マインドを活性化しようとしました。これも抜本的な成果を出していません。

消費マインドを活性化するためには、資本主義の仕組みを理解し、未来技術・未来価値・未来の感動パターンを生み出すことが必要です。




ページトップ

メールマガジン登録