column

Noh Jesuメルマガ

【20180228】彼氏の女友達に嫉妬してしまう

おはようございます。ノ・ジェスです。

本日も、心が痛まない社会を創る
リーダーを応援するメッセージを発信しています。

■認識技術とは?

科学技術の
宇宙自然の理解方式・認識方式が、
部分の変化を正確にDefineし、
それらを統合して全体を理解しようとする
還元論的理解方式・認識方式であるならば、

認識技術の
宇宙自然の理解方式・認識方式は、
世界の根源、宇宙の根源である
1パターンの動きを正確にDefineし、
それと部分の変化をつなげて
全体を一発で理解・説明できる
全体論的理解方式・認識方式です。

■■コラム 彼氏の女友達に嫉妬してしまう

先日、大学生の女性からこんな相談を受けました。

付き合って半年の彼氏には
男女問わずたくさんの友達がいるそうで、
その中の女友達と彼が話しているときに
嫉妬心を感じてしまうそうです。

必ずしも浮気しているとは限らないのに、
どうしても心が落ち着かない。

楽しそうに会話している
彼や女友達の姿をみると、
気持ちは不安になり、嫌悪感などの
ネガティブな感情が抑えられなくなるそうです。

この感情を彼や女友達にぶつけて
解決するならまだしも、そんな気はせず、
どうしたらよいのか分からないそうです。

では、
このような嫉妬心から逃れるためには
どうすればよいのでしょうか?

それは、
外のパラダイムを取り入れることです。

彼が女友達と仲良くしているなど、
自分が望まない現実に人間の脳は必ず反発します。

でもその脳の指示通りに動いてしまったら負けです。

脳はどんどん考えを走らせて、
どんどん苦しくなって
嫉妬心は強まるばかりで
自分を統制コントロールできなくなってしまいます。

部分だけをとる。
違いだけをとる。
過去とつなげてとる。

錯覚現実であるスクリーンの中の
脳の認識の癖に支配されるのではなく、
スクリーンの外、
観点の外のパラダイムを取り入れること。

場のセッティングとも言います。

永遠不変の1パターンの動きから
スクリーンの中と外をセッティングする。

スクリーンの外に出てみれば、
なぜ2人は楽しそうにしているのか理解したくなります。

彼は女友達のどこに惹かれているのか?
女友達は彼のどこに惹かれているのか?

理解することで心はどんどん安定していって
自分もその魅力を持つようになります。

そのうち3人の関係性(場)が均一化され
場全体を統制コントロールできるようになるのです。

外のパラダイムを取り入れること。

そのためには、
世界の根源、宇宙の根源である、
永遠不変の1パターンの動きを
正確にDefineできることが何よりも大事です。

本日も読んでくださり
ありがとうございました。



【20180226】これからの時代に生き残る企業とは?

おはようございます。ノ・ジェスです。

本日も、心が痛まない社会を創る
リーダーを応援するメッセージを発信しています。

■認識技術とは?

科学技術の
宇宙自然の理解方式・認識方式が、
部分の変化を正確にDefineし、
それらを統合して全体を理解しようとする
還元論的理解方式・認識方式であるならば、

認識技術の
宇宙自然の理解方式・認識方式は、
世界の根源、宇宙の根源である
1パターンの動きを正確にDefineし、
それと部分の変化をつなげて
全体を一発で理解・説明できる
全体論的理解方式・認識方式です。

■■コラム これからの時代に生き残る企業とは?

現代の企業にはイノベーションが必要であり
それを起こさないと生き残れない
非常に厳しい時代になっています。

それはなぜかと言うと、世界の変化が
ものすごく速くなってきているからです。

相互依存的に世界中がつながっている
ハイパーコネクテッドな世界になり、
国境の意味や業界の意味すら希薄になってきました。

競争は非常に厳しくなってきており、
一度新しいことをやっても
それによる優位性がずっと保たれるわけではありません。

また情報が瞬時に伝わるので
世界の誰がそれを見て真似をし、
さらに新しいものを作り出すかもわからない。

常に新しいことを考えていかないといけません。

では、
このような時代に企業が生き残るためには
何が必要になると思いますか?

まず今までの企業イメージとなる
古い概念を破壊して本当の意味での
イノベーションを起こす必要があります。

これからの時代に必要な企業イメージとは?

社員全員が企業家になっていく企業です。

これからは経営者だけではなく、
社員全員が創造的な生産をし続けなければ
個人も組織も潰れてしまう時代です。

今までの経営者は社員を自社内に
留まるようにさせていましたが、
そのような古い企業の概念では
創意的な人材は生まれにくいです。

これからは社員全員を
企業家にするような人材育成が必要です。

つまり企業家が企業家を輩出していくような
仕組みを創ることです。

またこれからの企業経営は
今までの生産要素である
「土地、資本、労働」に重きを置くのではなく
AIが真似できない
「知識、技術、サービス」を開発できる
メタ知識を新たな生産要素として
取り入れる必要があります。

NRグループは、そのための教育コンテンツ、
システムが準備できており、現代の変革を
求める企業の力になれることを確信しています。

本日も読んでくださり
ありがとうございました。



【20180223】自信感ある人間を育てるには?

おはようございます。ノ・ジェスです。

本日も、心が痛まない社会を創る
リーダーを応援するメッセージを発信しています。

■認識技術とは?

科学技術の
宇宙自然の理解方式・認識方式が、
部分の変化を正確にDefineし、
それらを統合して全体を理解しようとする
還元論的理解方式・認識方式であるならば、

認識技術の
宇宙自然の理解方式・認識方式は、
世界の根源、宇宙の根源である
1パターンの動きを正確にDefineし、
それと部分の変化をつなげて
全体を一発で理解・説明できる
全体論的理解方式・認識方式です。

■■コラム 自信感ある人間を育てるには?

会社を経営する人や
社員教育を任されている人などから
「自信のない社員が多い」
という話を聞くことがあります。

声も小さく
他人の顔色を伺ってばかりで、
自分の意見を主張できない。

とても仕事に対して
楽しんでいるようには思えず、
前向きに取り組んでいるようにも思えない。

そんな社員に
自信をつけさせるために、
さまざまなやり方を試してみても
そんなに簡単には変わってくれません。

では、
このような社員に
自信をつけさせるには
どうすればよいのでしょうか?

それにはまず、
人間の現在地でもある
根本的な限界を理解する必要があります。

人間は誰しもが
「不信、不安」
「羞恥心」という
心を覆う分厚い殻をもっています。

人間が基本的な信頼を獲得するのは
乳児期(0~2歳)と言われますが、
例えば、赤ちゃんは
「お腹がすいた」
「お尻が汚れた」
と思っても泣くことしかできません。

必ずしも
母親が適切な対応を
してくれるわけではないので、
人間は赤ちゃんの時から
「わかってもらえない」
「愛されていない」
という不安や不信感を
無意識に持つようになります。

この「不信、不安」の殻を破って
「この世は信頼できる」
「生きる価値がある」
と信頼できたとしても、
次に出会うのは「羞恥心」の分厚い壁です。

人間は0~6歳の頃、
自分の排泄物さえ自分で始末できずに
親や他人に依存して生きるしかないので、
多様な羞恥心の牢屋に閉じ込められてしまいます。

また親から失敗を怒られたり、
厳しく叱られることが多い環境で育つと
自信をなくしてしまうことも多くあり、
小さい頃から
萎縮した毎日を過ごすようになるかもしれません。

これらの強烈な殻を
取り払うことは簡単ではありません。

なぜなら、これらの殻を
作り出してしまう根源には、
問題を生み出すように
初期設定されてしまっている
根深い観点の問題が隠れているからです。

人間は生まれた瞬間から
脳の初期設定によって
自分の観点に固定し、
自分と自分の宇宙に固定し、
周りの環境からの影響を
受け続けて生きることになります。

人間が本当に
自信をつけるためには、
自分の観点に固定されない、
自分と自分の宇宙に固定されない、
大自由の自分に出会う必要があります。

すなわち、
体の自分と
その自分の宇宙を生滅させる
動きそのもの、
無限の可能性そのものの真実の自分です。

誰も決めつけることができない、
誰とも比較することができない絶対尊厳。

絶対的な
自己肯定感と自信感のある自分、
それが真実の自分なのです

本日も読んでくださり
ありがとうございました。



【20180221】多様な判断を”判断する”メタ知識とは?

おはようございます。ノ・ジェスです。

本日も、心が痛まない社会を創る
リーダーを応援するメッセージを発信しています。

■認識技術とは?

科学技術の
宇宙自然の理解方式・認識方式が、
部分の変化を正確にDefineし、
それらを統合して全体を理解しようとする
還元論的理解方式・認識方式であるならば、

認識技術の
宇宙自然の理解方式・認識方式は、
世界の根源、宇宙の根源である
1パターンの動きを正確にDefineし、
それと部分の変化をつなげて
全体を一発で理解・説明できる
全体論的理解方式・認識方式です。

■■コラム 多様な判断を”判断する”メタ知識とは?

会社員として
仕事に誇りをもって働いていても
職場の雰囲気に活気がなかったり、
チャレンジ精神に欠ける先輩の言動などから
将来が不安になってしまう。

3年後、5年後、
自分も先輩のようになっているかもしれない。

このまま今の会社にいてよいのか?
転職した方がよいのか?

どちらか迷っているという方から相談を受けました。

環境や状況は人それぞれだと思いますが、
「転職しようか迷っている」という
同じ悩みをもっている人は多いように思います。

最終的に
どんな判断をしてもいいと思いますが、
全ての物事を判断する「知識」がどこから来ているのか?

その出発を整理しておく必要はあると思います。

では、
このご相談者の判断する「知識」は
どこから来ているのでしょうか?

まず多くの人は、自分の周りで起こる現象を
見たり聞いたりすることで情報を蓄積し、
それを自己流に解析しています。

なので、今回のご相談者の場合の
判断する知識の出発は
「職場の雰囲気」もしくは
「先輩」になってしまっていると言えます。

そして、さらにそれを自己流に解析して、
無意識的に自分が正しいと思い込んでいる。

これは自分の人生が、
職場や先輩に操られてしまっているのと同じです。

さらに言えば、自分の周りで起こる現象を
観察・観測すること自体に
実は人間共通の大きな問題(観点の問題)が
隠れていることを意識できていません。

物事を判断する知識は、
すべて「観点」から生まれています。

人間が悩むのは、
観点を理解していないからであり、
さらにはその観点から生まれる
判断を”判断する”メタ知識がないからなのです。

人間にもディープラーニングが必要です。

判断する知識をアップグレードすることで、
自分の判断が生まれる根拠も整理できるし、
会社や先輩などの判断も理解できるようになります。

その為には、世界の根源、宇宙の根源から
観点が生まれる仕組みをマスターすること。

それがメタ知識です。

環境や状況を
統制不可能な状態から
統制可能な状態に変化させる。

今まで人類は500万年間、いつも
環境や状況に支配される経験を
蓄積してきましたが、これからはその正反対、
環境や状況を自分で支配する経験を蓄積していくのです。

これが認識革命であり、
認識の大転換を呼び起こす技術が認識技術です。

ブログにも記事を書いていますので
ぜひご覧ください。

http://blog.noh-jesu.com/entry/2017/03/31

本日も読んでくださり
ありがとうございました。



【20180219】初めての出産、不安な気持ちを一掃するには?

おはようございます。ノ・ジェスです。

本日も、心が痛まない社会を創る
リーダーを応援するメッセージを発信しています。

■認識技術とは?

科学技術の
宇宙自然の理解方式・認識方式が、
部分の変化を正確にDefineし、
それらを統合して全体を理解しようとする
還元論的理解方式・認識方式であるならば、

認識技術の
宇宙自然の理解方式・認識方式は、
世界の根源、宇宙の根源である
1パターンの動きを正確にDefineし、
それと部分の変化をつなげて
全体を一発で理解・説明できる
全体論的理解方式・認識方式です。

■■コラム 初めての出産、不安な気持ちを一掃するには?

初めての出産は
不安な気持ちになりやすいと言われます。

マタニティブルーという言葉もあるように
出産や子育てに対する不安のほかにも
夫や周囲の人に対するイライラや
逆に自分を責めてしまうなど、
精神的なストレスやプレッシャーからくる
感情の変化によって泣きたくなることも
多いという話を聞いたことがあります。

ただでさえ不安になりやすい上に、例えば
夫が仕事で忙しかったり、
頼れる親が近くにいなかったり、
孤独になりやすい状況が続いたりすると
なおさらその不安は助長されるかもしれません。

では、
そのような不安な気持ちを一掃し、
新しい命を育み、誕生させるという本来の
喜びに満ちた出産を迎えるためには
どうすればよいのでしょうか?

それは、
子供を出産するということは
宇宙を出産するのと同じであること。

出産とは、
新たな宇宙が誕生する瞬間であること。

それをまず悟ることが大切です。

女性は子供を産むときに悟ります。

そして、その誕生とは
実は一回だけのものではなく、
今ここ毎瞬毎瞬にして誕生させている。

今ここ、
常に常に自分の宇宙が生まれており、
今ここが出産であり、今ここが奇跡である。

ホヤホヤの宇宙が今ここ誕生している。

そのイメージができる女性になることです。

無から有、
ひとつの動きから宇宙がすべて成り立っている。

それをわかった上で、
体全身で出産を経験し、子供を誕生させる。

悟ることは子供を誕生させる訓練でもあり、
逆に、出産は悟りを応用活用する機会でもあるのです。

自分が見ている
自分の宇宙を全部ひっくり返して、
子供が見ている
子供の宇宙を誕生させる。

自分の子供の誕生を
体感覚で経験できるのが女性です。

人間と人間の宇宙を常に誕生し続ける自分であること。

それを常にイメージしながら、
毎瞬毎瞬がその世界の誕生、
感動歓喜となる喜びの蓄積を通して
悟った子供は生まれてきます。

本日も読んでくださり
ありがとうございました。




ページトップ

メールマガジン登録