column

Noh Jesuメルマガ

【20110430】最高の人材を育成する技術

 

おはようございます。
Noh Jesuです。

このメールマガジンでは、「和の産業」「悟りの産業」を実現するためのキーワードを、毎日発信しています。

この度の大震災、一日も早い日本の復興を、心よりお祈り申し上げます。

企業が競合他社に負けるのは、技術力より「意思決定スピード」や「社内のチームワーク」など、人に属する部分が多くなってきいます。

つまり、「人間」に関する問題を、根本から解決することなくしては、これ以上の発展・成長は見込めない程、あらゆるものが追求・探求の極みにあるのが現代という時代です。

その時代において、最高の競争力ある人材を育成する技術とは、どんな技術でしょうか?

「観術」は、農業社会→産業社会→高度情報化社会を超える社会プレートを創出し、まったく新しい時代を主導できる道具でもあります。

「人間とは何なのか」を明確に悟り知った状態で人間をマネジメントする、新しい企業が胎動するのが、この日本なのです。



【20110429】これからの時代に重要なこと

 

おはようございます。
Noh Jesuです。

このメールマガジンでは、「和の産業」「悟りの産業」を実現するためのキーワードを、毎日発信しています。

この度の大震災、一日も早い日本の復興を、心よりお祈り申し上げます。

今までの学術的理解方式は、「認識主体と認識対象」という「大前提」に問題がないかを、徹底的に確認する過程を無視して成り立っているのです。

これが、多くの学問が生まれても無知が解けない理由でもあります。

その学術的理解方式をベースに、人間が作り上げてきたのが数学・物理学・経済学と今の資本主義社会であり、そのベースの上で活動している企業活動では、この理解方式の範囲を越える結果を出すことはできません。

今の時代を生き延びている企業は、その経営において必要な「戦略」や「構造・仕組み」「技術・研究」などには十分な投資をしてきており、残った課題は「人間」と「組織の在り方」に絞られてきています。

これからは「技術」より「人」で勝負する時代なのです。

 

 



【20110428】「知の不完全性」から「無知の完全性」へ

 

おはようございます。
Noh Jesuです。

このメールマガジンでは、「和の産業」「悟りの産業」を実現するためのキーワードを、毎日発信しています。

この度の大震災、一日も早い日本の復興を、心よりお祈り申し上げます。

今までのような学術的探求方法に、一体どんな本質的限界があるから、存在の秘密を知ることができず、本質的問題が解決できないのでしょうか?

それは、学問の探求方法の中で、認識主体の観察行為がどういうものなのか、それが明確になっていない上に、その観察行為が観察対象にどんな影響を与えているのか、どんな関係性を持つのかに対して、一つの研究もなされてないまま、学問探求が進んでいるからなのです。

この「知の不完全性」に問題提起が無いまま、創り上げられたのが現代の資本主義社会であり、そのベースで活動しているのが、今までの企業活動です。

その結果、個人それぞれが、人生の「創造主」では無く「被造物」としてのアイデンティティが根深く、何かに支配されている奴隷意識が常に付きまといます。

結果、現代の資本主義社会においては「隣の人よりもっと」と消費を煽動され続け、共同体としての意識は薄れ、より個人戦いにはまり込んで行くのです。

このように支配され続ける認識、教育、政治、経済、文化を私たちはいつまで続けるのでしょうか。

 

 



【20110426】人類がやり続けて来た思いの習慣

 

おはようございます。
Noh Jesuです。

このメールマガジンでは、「和の産業」「悟りの産業」を実現するためのキーワードを、毎日発信しています。

この度の大震災、一日も早い日本の復興を、心よりお祈り申し上げます。

人類がずっとやり続けてきた、思いの習慣を捨てることが、なぜ成長し発展し続ける個人と組織の条件と言えるのでしょうか。

身体を持っている自分も、太陽も、地球も、植物も、動物も、絶対に実体があるものだと確信した上で生きてきたこと。

そして自分の身体が死んでも、自分が今観ている植物、動物、地球、太陽、風はそのままなくならないと思って生きていること。

これが今まで人類がやり続けて来た思いの習慣です。

この存在中毒の思いの癖を完璧にゼロ化させることができた時に、今まで起こすことができなかった大きな成長と発展が起きるのです。

 

 



【20110425】個人と組織が一番大きく発展する秘密

 

おはようございます。
Noh Jesuです。

このメールマガジンでは、「和の産業」「悟りの産業」を実現するためのキーワードを、毎日発信しています。

この度の大震災、一日も早い日本の復興を、心よりお祈り申し上げます。

震災から一ヶ月、未だ定まらない対策の方向性、拡がり続ける未来への不安。

この状況の中、私たちはどのように考え、どのような行動をするのがベストなのでしょうか。

その大きなキーワードとなる「個人」と、その個人によって構成される「組織」の在り方から考えて行きたいと思います。

個人と組織が一番大きく成長し、発展する秘密とは何でしょうか?

その答えを一言で言えば、一番古い習慣、つまり今まで一番長くやってきたこと、思ってきたことを捨てることができることです。

人類500万年間、個人と組織がずっとやり続けてきた思いの習慣は、現実のなかのすべての存在を、本当に実在している実体として捉えていることなのです。

 

 




ページトップ

メールマガジン登録