column

Noh Jesuメルマガ

【20110630】人間は何のために悩み苦しむのか

 

おはようございます。
Noh Jesuです。

このメールマガジンでは、「和の産業」「悟りの産業」を実現するためのキーワードを、毎日発信しています。

私達人間は、日々生命を維持し、仕事をし、消費をし、人と出会い、関係性を構築しながら生きています。

その中で楽しみや悩み、苦しみなど様々な感情や考えと絶えず出会っています。

では、何のために苦痛や喜びがあるのかを、考えてみたことはありますか?

何気なく感じている、苦痛や喜びの意味を、じっくりと掘り下げて考えてみましょう。

明日も日々の生活で忙しくなり、置き去りになりがちな「根本的な問い」について、発信していきます。



【20110629】21世紀悟りが拓く日本の底力

 

おはようございます。
Noh Jesuです。

このメールマガジンでは、「和の産業」「悟りの産業」を実現するためのキーワードを、毎日発信しています。

真実・真理から、すべてを整理することができる究極の答え「ファイナル・アンサー」。

誤解を恐れずに申し上げますと、実は「ファイナル・アンサー」といっても、人間一人だけの悟りは、そんなに意味がありません。
崇拝しても、何の意味もありません。

それが宗教の限界だと思います。

心が、宇宙が、真理が、存在が、尊厳が、自由が、感動が、幸福が、愛が、人間が、すべて「悟り」でできています。

これが、どういうことなのか。

21世紀の「悟り」は、明確な論理とイメージによって、誰もが理解できること、伝達できること、確認できることが必須です。

今までの科学技術や悟りだけでは、もう、どうすることもできない日本社会と心の状態にきています。

それらを解決する鍵として、「観術」は開発されました。(参照:21世紀悟り
「観術」セミナー http://www.nr-japan.co.jp/tabid/106/language/ja-JP/Default.aspx

観術は「日本の底力」そのものです。「観術を体得した人達のつながり」が、この日本から世界を変えていく日を、私は心待ちにしています。

 

 



【20110628】究極の答えを導く「裏付け上昇方式」

 

おはようございます。
Noh Jesuです。

このメールマガジンでは、「和の産業」「悟りの産業」を実現するためのキーワードを、毎日発信しています。

誰もが知りたい「答え」を求めながらも、知っていることは良いことだという
「知の完全性の罠」にはまり、「無知の完全性(無知の知)」に気づかない状態でした。

その状態で情報が氾濫する社会に生きれば、知れば知るほど、何をどう考えて良いのかがわからなくなり、不安、不信、恐怖、孤独、疎外感などが増していくのは当然です。

この罠を突破するために、観術の「裏付け上昇方式」が開発されました。

5感覚の脳を通して観ている「現実」だけでは、コインの表だけを観ている状態
でアンバランスです。

ですから、裏にある「真実・真理」を観る心の目を付けること。

それを、「裏付け上昇方式」と呼んでいます。

コインも「表と裏で完全なひとつのコイン」であるように、人間も、この「表の現実世界」と「裏の真実世界」を同時に観ることができて、初めて「完全なひとつの人間」
になります。

この精密な仕組みが、すべてを整理することができる究極の答え「ファイナル・アンサー」なのです。

 

 



【20110627】今の時代を生き抜くために

 

おはようございます。
Noh Jesuです。

このメールマガジンでは、「和の産業」「悟りの産業」を実現するためのキーワードを、毎日発信しています。

「人生」という概念を持つことは、今の時代を幸せに生き抜くために、とても重要です。

人間として「宿命的な課題」があることを知らずに、
「人生」と「生活」の違いがわからないままで、
今までの観点に固定された状態で、
自己流の解析をし続けたら、

当然、

今の心の状態になり、
今の人間関係ができて、
今の目標を追求するようなライフスタイルになります。

自分のことだけではなく、世界全体をみてください。

もし、今のライフスタイルに100%満足していないのであれば、この「人間の宿
命的な課題」に正面から取り組み、本当の自分の「人生」を生きることが最優先課題ではないでしょうか?

この課題について、今までの観点では答え「ファイナル・アンサー」を得るこはできませんでした。

なぜならば、現実の多様な問題における今までの解決法には、現実を改革しようとする罠、すなわち、「知の完全性の罠」があったからです。

 

 



【20110626】大きな違いを生む「人生」と「生活」

 

おはようございます。
Noh Jesuです。

このメールマガジンでは、「和の産業」「悟りの産業」を実現するためのキーワードを、毎日発信しています。

何のために生きるのか。

このような大切な問いさえも、現実の忙しさや社会システムの歯車の中で、見失ってしまう方も多いのではないでしょうか?

もし、衣・食・住を満足させるだけに留まる生き方を選択しているのであれば、それは単なる「生活」であり、「人生」とは違います。

「生活」のためだけに生きる状態では、人間本来の可能性を発揮することはできません。

どんな人になって(人)
何をするのか(生)

つまり、

この時代が、この社会が、この宇宙自然が、人間に対して、自分に対して、どのような価値のある存在になるようにと願っているのか。

その価値を実現することが「人生」であり、「生活」して生きることと「人生」を生きることでは、大きな違いが生じるのです。

 

 




ページトップ

メールマガジン登録