column

Noh Jesuメルマガ

【20140630】 日本文明がチャレンジしてきた世界1

おはようございます。 Noh Jesuです。
このメールマガジンでは、「和の産業化」「悟りの産業化」を実現するためのキーワードを毎日発信しています。

先日から「方向性を喪失した世界経済を救済する日本の勝負」をテーマに配信しています。

日本は、以前、ヨーロッパ・アメリカがやってきた世界を真似しで軍事力で勝負したときに、原爆を2つも受ける結果となったのです。

そして、その後、ヨーロッパ・アメリカが創った資本主義経済の世界で勝負したときにメイドイン・ジャパンの力が爆発的に広がりました。

本当に一番いいものを創り、一番やさしい笑顔で販売する日本に対して、全世界がその世界では勝てないということを実感しました。

そこで、ヨーロッパ・アメリカは、政治的論理を使って、無理やり日本の成長を止める要求をしたのです。

続きは明日お伝えします。



【20140629】世界のリーダーシップの変化

おはようございます。Noh Jesuです。
このメールマガジンでは、「和の産業化」「悟りの産業化」を実現するためのキ ーワードを毎日発信しています。

先日から「方向性を喪失した世界経済を救済する日本の勝負」をテーマに配信しています。

今、これまで全世界の文明を牽引してきたヨーロッパ・アメリカが、とても厳しい状態になっています。

そのような中で、ヨーロッパ・アメリカが、世界のリーダーシップをとっていくことはとても難しい状態となっています。

しかしそれは、逆にアジアが目覚めやすい状態にあると観ることもできるのです。

日本が思う存分日本の良さを発揮できる絶好のチャンスであるこのタイミングを中途半端に逃してはいけません。

観術は、その日本の本来の良さを発揮できる内容を4日間のセミナーでお伝えしています。

全日本の方が是非この観術と出会って欲しいと心から願っています。その意味で、4日間のセミナーは無料キャンペーンで実施しているのです。



【20140628】教育革命を起こしていくのは日本 

おはようございます。Noh Jesuです。
このメールマガジンでは、「和の産業化」「悟りの産業化」を実現するためのキーワードを毎日発信しています。

先日から「日本から始まるアジアのルネッサンス、ピースルネッサンス」をテーマに配信しています。

今までの言語、今までのモノの観方が変わらないと平和は難しいです。

今ここ完全な心で物事を観ることが出来る教育革命が必要です。

日本から教育革命を起こしてもらいたい。

日本人のおもてなしの心、それは無心の心です。

また、世界の中で心の感覚を一番トレーニング出来ているのが日本の文化・文明です。

だから私は、観術のパートナーは、日本の文化・文明と日本の若者の結集だと言い切っているのです。



【20140627】平和に必要な二つの変化 

おはようございます。Noh Jesuです。
このメールマガジンでは、「和の産業化」「悟りの産業化」を実現するためのキーワードを毎日発信しています。

先日から「日本から始まるアジアのルネッサンス、ピースルネッサンス」をテーマに配信しています。

平和になるためには、二つの変化が必要です。

一つ目は、「言語」です。

言語は、人間が今まで使ってきた便利な道具ですが、物事を素直に観ることが出来ないという問題があります。

二つ目は、「モノの観方の理解方式」です。

本当は無からすべてが成り立っているのですが、それを自分が有る状態で物事を観てしまうので、自分がどこからきてどこに行くのか、自分が何者なのかわからないなどという問題も起こっています。

この二つが変わらない限りは平和は無理だと思います。



【20140626】すべての問題を解決していく道

おはようございます。Noh Jesuです。
このメールマガジンでは、「和の産業化」「悟りの産業化」を実現するためのキーワードを毎日発信しています。

先日から「日本から始まるアジアのルネッサンス、ピースルネッサンス」をテーマに配信しています。

様々な問題が溢れている現代社会。一体どのように問題を解決していけば良いのでしょうか。

まず、「問題が一掃する心の状態」が問題を解決していくという知恵が必要です。

問題が一掃されると、人と人が繋がることがいかに重要なのかを深く理解できている状態になり、人間関係を大事にするようになります。

裏切らない人間関係、今まで人類が解決したどんな協力関係よりも切れない、本当に根深い信頼関係が構築できるようになります。

私はそれを、ハイパーコネクション、メタネットワークと言っています。

そのような人たちがどんどん増えていくことで、すべての問題が解決されていく道が拡がっていくのです。




ページトップ

メールマガジン登録