column

Noh Jesuメルマガ

【20130331】観点の地動説 

おはようございます。Noh Jesuです。
このメールマガジンでは、「和の産業化」「悟りの産業化」を実現するためのキーワードを毎日発信しています。

先日から「人間の再定義をする新しい教育サービス産業」をテーマに配信しております。

「観点の地動説」とは、どのような世界なのでしょうか?どのように理解することができるのでしょうか?

紀元前の時代からおよそ1900年近くもの間、人類は天動説を信じ続けてきました。人間の5感覚を主体に見れば、どう見ても地球は固定していて、太陽が動いているように見えるからです。目に見える世界では、地球は固定していて太陽が動いています。

今では地動説が常識になっていますが、地球が回っていることを理解するためにはイメージが必要です。体の目で見る感覚に頼らず、星の軌道を観察してイメージを働かせることで、地動説という発想が生まれました。

観点の地動説も、イメージを使って理解することができます。



【20130330】観点の移動とは 

おはようございます。Noh Jesuです。
このメールマガジンでは、「和の産業化」「悟りの産業化」を実現するためのキーワードを毎日発信しています。

先日から「人間の再定義をする新しい教育サービス産業」をテーマに配信しております。

観点の移動とはどういうことでしょうか?
円錐(えんすい)をイメージしてみてください。真上から見ればに円に見え、真横から見れば三角形に見えます。これはよく世の中でも良く言われることで、イメージしやすい観点の移動です。
私がお伝えしたい「観点の地動説」はこのような観点移動にとどまるものではありません。

5感覚脳に観点固定された「観点の天動説」から、「観点の地動説」へと観点が次元上昇する世界とは、どのようなイメージができるものなのでしょうか。
詳しくは明日以降お伝えしていきます。



【20130329】認識技術は最先端技術 

おはようございます。Noh Jesuです。
このメールマガジンでは、「和の産業化」「悟りの産業化」を実現するためのキーワードを毎日発信しています。

先日から「人間の再定義をする新しい教育サービス産業」をテーマに配信しております。

観点の移動・上昇を可能にさせる技術が認識技術であり、観術です。すなわち「今ここ、悟っていることを認識する」という最先端技術です。

「悟り」と言うと、宗教的なイメージを持ちやすいかもしれませんが、観術でお伝えしている悟りは、論理とイメージで誰もが共有でき、どんな分野にも自由自在に応用活用できる21世紀の悟りである「侍の悟り」です。

侍の悟りは、座禅やヨガ、瞑想を通して得られる他の宗教的な悟りと比べて、他者との交わりがあって現実的・実践的・力動的です。人と人の出会いの空間で真剣勝負することを通して悟ることができるため、日常生活に活用応用できる悟り感覚が発達しやすく、それこそが日本の文化文明の根底にある侍の悟り感覚なのです。



【20130328】本当の知識経済とは

おはようございます。Noh Jesuです。
このメールマガジンでは、「和の産業化」「悟りの産業化」を実現するためのキーワードを毎日発信しています。

先日から「人間の再定義をする新しい教育サービス産業」をテーマに配信しております。

これからの経済発展モデルとして、世界各国で知識を基盤とした知識経済発展モデルが提唱されています。知識経済と聞くと科学技術のイノベーションを通した最先端のナノテクノロジーやバイオテクノロジーを連想しやすいと思いますが、それはほんの一部分です。

本当の知識経済は、観点の天動説が観点の地動説に変わるパラダイムの大転換が起こることから始まると、私は考えています。
観点の天動説では5感覚脳の観点に固定さた1つの観点しか持てませんが、観点の地動説では無限のポジションに観点移動することができます。



【20130327】観点を変化・上昇させる認識技術

おはようございます。Noh Jesuです。
このメールマガジンでは、「和の産業化」「悟りの産業化」を実現するためのキーワードを毎日発信しています。

先日から「人間の再定義をする新しい教育サービス産業」をテーマに配信しております。

モノを変化させるのが科学技術です。しかし最先端の科学技術は、一般人が容易に活用できるものではありません。例えば「スマートフォン」という画期的なアイデアを思い付いたとしても、それを実際の形にするためには最先端の知識や技術力が必要ですし、また多くの人の協力を要します。

モノを変化させる科学技術に加えて、これからの時代の新しい感動パターンを生産するためには全く新しい未来技術が必要です。それは一言で言えば、観点を変化・上昇させることができる認識技術です。私たち人間に残された「判断基準(観点)の障壁」という最後の課題を解決できるのが、未来技術である認識技術です。

この認識技術は、破壊された消費マインドに再び火をつけて新しい感動パターンを生産し、新しい産業、新しい成長戦略が生まれるパラダイム転換を可能にし、アベノミクスの成功に必ず貢献することでしょう。




ページトップ

メールマガジン登録