column

Noh Jesuメルマガ

【20101231】「生きること」の裏にあるもの

おはようございます。
Noh Jesuです。

このメールマガジンでは、「和の産業」「悟りの産業」を実現するためのキーワードを、毎日発信しています。

生きることを考えてみましょう。

生きる上で、一番の中心となるテーマはなんでしょうか?

多くの方は、幸せや成功を思い浮かべるのではないかと思います。

でも、「生きること」の本質を深く観たとき、見える現象である表の世界の「生きること」には、もうひとつ、見えない本質として、裏のパートナーが存在しています。

その裏のパートナーとは、「意味」、すなわち「生きる意味」なのです。

それでは明日のメールマガジンもお楽しみに!



【20101230】現実から離れる技術

おはようございます。
Noh Jesuです。

このメールマガジンでは、「和の産業」「悟りの産業」を実現するためのキーワードを、毎日発信しています。

現実から離れることができる技術、それが認識技術であり、観術です。

人間は、死んだ後、完全に「無」、つまり、まったく何も無くなってしまうでしょうか?

雪が水になったり、氷になったり、水蒸気になったり、川の水になったりしますよね。

死んだ後、人間も、違う何かに変化するだけで、完全な「無」にはなりません。

死んでも無くならない自分、永遠に無くならない自分、その自分で生きることが、とても重要です。

現実から離れることができて初めて、その、本当の自分と出会うことができます。

それでは明日のメールマガジンもお楽しみに!



【20101229】現実から離れる意味と価値

おはようございます。
Noh Jesuです。

このメールマガジンでは、「和の産業」「悟りの産業」を実現するためのキーワードを、毎日発信しています。

人間が、様々な努力を続けたにも関わらず、いまだに幸せになれないのは、いったいなぜでしょうか?

それは、「現実」という錯覚の中にいるからです。

「現実」から離れて初めて、全体が見えるようになり、「現実」を理解した状態で、「現実」の中に入って勝負ができるようになるのです。

ですから、「現実」という錯覚の中だけしか知らずに生きることは、知らず知らずに「不幸の種」になっている状態なのです。

不幸の種からは、不幸の花しか咲きません。

「現実」から離れて初めて「幸せの種」になれるのです。

それでは明日のメールマガジンもお楽しみに!



【20101228】それで人間は幸せになれたのか

おはようございます。
Noh Jesuです。

このメールマガジンでは、「和の産業」「悟りの産業」を実現するためのキーワードを、毎日発信しています。

これまで人間は、「悲しみ」を解決するために、宗教や思想、哲学を開発してきました。

一方、「楽しみや喜び、感動」を増大させるために、科学技術を駆使して、たくさんのモノ商品を創造してきました。

これによって、人間は幸せになれたのでしょうか?

幸せになっていないとしたら、それはなぜでしょうか?

「私は幸せです」と仰る方もいるでしょう。

しかし、依然として戦争は終わらず、貧富の格差、環境汚染、世界経済の危機、日本では雇用不安、景気の低迷、うつや自殺の増加等、事実、問題は山積している時代に、私たちは生きています。

人間が、これまで、様々な努力を続けたにも関わらず、いまだに幸せになれない理由。

それは何でしょうか?

それでは明日のメールマガジンもお楽しみに!



【20101227】喜びのための創造

おはようございます。
Noh Jesuです。

このメールマガジンでは、「和の産業」「悟りの産業」を実現するためのキーワードを、毎日発信しています。

現実から離れることができる意味、価値とはなんでしょうか?

これまで、人間は、悲しみを解決するために、宗教や思想、哲学を開発してきました。

一方、楽しみや喜び、感動を増やすために、科学技術を駆使して、たくさんのモノ商品を創造してきました。

自動車、新幹線、飛行機、掃除機、冷蔵庫、洗濯機、電子レンジ、テレビ、コンピューター・・・

数え上げればきりがないほどの、多くのものを、人間は創造してきたのです。

では、これら、様々なモノ商品の創造によって、人間は幸せになれたのでしょうか?

それでは明日のメールマガジンもお楽しみに!




ページトップ

メールマガジン登録