column

Noh Jesuメルマガ

【20141231】70億人が取り組む教育

おはようございます。Noh Jesuです。
このメールマガジンでは、「和の産業化」「悟りの産業化」を実現するためのキーワードを毎日発信しています。

先日から「未来文明を創る日本の若者たち」をテーマに配信しています。

観術は、この時代に70億人全員が取り組める、特に若者が燃え上がることができる明確な価値、コンテンツです。

核戦争が起きても、大地震が起きても、大津波が来ても人間変わらないのです。それは、人間五感覚脳の観点に固定された夢の中にいるからなのです。

教育から人間を変えていくことは100年かかる、というイメージがありますが、それを完璧に破壊して教育を立派な産業にすることができます。

それは、今まで人類が500万年間繰り返してきた教育のアプローチと次元が違うアプローチ、独特なイメージ言語の発明に基づいた演繹的なアプローチができるから可能なのです。



【20141230】日本の若者からはじまるムーブメント 

おはようございます。Noh Jesuです。
このメールマガジンでは、「和の産業化」「悟りの産業化」を実現するためのキーワードを毎日発信しています。

先日から「未来文明を創る日本の若者たち」をテーマに配信しています。

日本という国がどれくらい繊細で、人間に対する思いやりで溢れているか、それは海外に行くか、海外の空港に行ってみればすぐにわかります。

日本の良さを活かすことができる教育、経済、政治に一貫性をもって取り組むムーブメントが必要です。

それにはまず、日本の若者の結集を通して、その方向性を明確にVISION化、具現化させていきます。

そして、韓国の若者も一つになり、全世界の若者が日韓の若者を中心にして若者の結集で、今までの大人たちがつくった、教育の限界、経済の限界、政治の限界を解決していきます。

そのムーブメントを私は日本の若者と創りたいと思っています。



【20141229】社会問題の解決のカギ

おはようございます。Noh Jesuです。
このメールマガジンでは、「和の産業化」「悟りの産業化」を実現するためのキーワードを毎日発信しています。

先日から「世界経済を活性化させる、日本初の新しいニーズの爆発とは?」をテーマに配信しています。

社会問題の解決のカギは、知恵溢れる消費力の創建なのです。本当に意味ある消費とは、個人レベルの価値だけではなく、人類の未来にとって価値あるものを消費することを通して、未来価値を創っていくことなのです。

観術が提供しようとしている未来価値は、今まで人類が突破できなかった根本的な限界、すなわち観点の問題を解決し、「今ここ、尊厳に溢れている幸せ・成功状態の生き方」を実現することです。その未来価値を実現する消費革命をリードしていくことが、NRグループのチャレンジなのです。



【20141228】世界のモデルになる日本経済が歩む道

おはようございます。Noh Jesuです。
このメールマガジンでは、「和の産業化」「悟りの産業化」を実現するためのキーワードを毎日発信しています。

先日から「世界経済を活性化させる、日本初の新しいニーズの爆発とは?」をテーマに配信しています。

今まで人類が欲したことのない、全く新しいニーズを日本の国民一人ひとりの中から喚起させていくことこそ、Win-Win・All-Winにつながり、世界経済を活性化させるモデルになる日本経済が歩む道ではないでしょうか。

巨大な消費力を創建するためには、意思決定単位を十分に個人化させていくことがとても大切です。一人ひとりが集団の理念や伝統から分離独立した意思決定能力を持つように教育することで、消費力が増大していくのです。

一人ひとりが分離独立した意思決定を持つようになるためには、「自分」と「自分が認識している宇宙」をオールゼロ化し、今ここ宇宙を創造・破壊することができる真実そのものの自分を悟り知ることです。

その真実を悟った人たちが連帯し、チームプレーを通して、今まで人類が解決できなかった多様な問題を解決すること、そして、あらゆる分野で再創造のブームを起こすことを通して、新しい文明のプレートへ移動することができるのです。



【20141227】先進国日本の役割とは

おはようございます。Noh Jesuです。

このメールマガジンでは、「和の産業化」「悟りの産業化」を実現するためのキーワードを毎日発信しています。
先日から「世界経済を活性化させる、日本初の新しいニーズの爆発とは?」をテーマに配信しています。

世界経済は、生産力を高めることが課題なのではなく、消費力をどう高めるかが課題になっています。作れば売れる時代はもう終わっているのです。特に、日本は個人の金融資産は1,600兆円、企業の内部保留は300兆円もありますが、「この商品が欲しい!」というニーズが枯渇しているため、商品とお金が流通しないのです。

アベノミクスは生産力を高める政策の一つに過ぎないのですから、失敗するのは当然のことと言えるでしょう。

では、どうすればよいのでしょうか?それは、日本の利益のために生産力を高めて、輸出を増やそうとする政策ではなく、世界の利益のために全く新しい“ニーズ”を爆発させることです。そして、そのニーズに対応した商品を生産、流通させていくことで輸出よりも内需を活性化させ、新しい成功モデルを全世界が真似できるように実践していくのが、高度な技術を持っている先進国日本の役割だと思います。




ページトップ

メールマガジン登録