column

Noh Jesuメルマガ

【20191129】韓国の「反日種族主義」を通してみたこの時代の課題とは?

おはようございます。ノ・ジェスです。

本日も、心が痛まない社会を創る
リーダーを応援するメッセージを発信しています。

■■コラム 韓国の「反日種族主義」を通してみたこの時代の課題とは?

元ソウル大学教授の李栄薫(イ・ヨンフン)
著書「反日種族主義」の日本語版が発売され、
すでに品切れ店も出ているほど爆発的なブームになっています。

韓国人にとってはあまりにショッキングな
内容にもかかわらず、韓国でも発売2ヵ月で
10万部が売れるという異例のベストセラーになりました。

この現象が起こる背景には、やはり史上最悪の日韓関係があります。

ムン・ジェイン(文在寅)左派政権が
韓国の政治権力を握ったことにより、
左翼勢力の教育界、マスコミ、司法、文化、
芸術、映画など、左翼組織が一丸となって
北朝鮮との連邦統一に向かって意図的に反日感情を煽りました。

その露骨的な左派路線に対し、
日本の安倍政権は、半導体の材料などの
輸出規制強化に加え、輸出管理上で
優遇措置の対象となる「ホワイト国」から
韓国を除外することを閣議決定しました。

ムン・ジェイン左派政権は、これを
反日感情を扇動する最高の道具として使い、
日本製品の不買運動や日本への旅行も
自粛ムードで訪日観光客も激減、さらには
GSOMIA(軍事情報包括保護協定)を破棄する話にまで発展させました。

アメリカとの関係や中国、北朝鮮の
思惑も絡み、今後ますます韓国は、
中国や北朝鮮側の「民族主義路線」を貫いていく可能性が高いです。

しかし、ムン・ジェイン政権が鮮明に
左派路線を選択すれば、それをきっかけに
韓国の自由右派が猛反発することは明らかです。

この状況の中で「反日種族主義」の著者、
李栄薫(イ・ヨンフン)氏は、
韓国の反日歴史教育は、シャーマニズム的
民族種族主義のような古い時代の遺物であり、
その反日種族主義を終わらせない限り、韓国の未来はないと言っています。

あらゆるジャンルにおいて韓国は嘘ばかり。

嘘ばかりの国民、嘘ばかりの政治、
嘘ばかりの学問、嘘ばかりの裁判、
嘘ばかりの歴史、これらの嘘をまるで事実のように受け取っている。

その根源は反日種族主義という信仰であり、
日本を無条件で悪魔のように
決めつけるスタイルが韓国社会には蔓延しているのです。

このようなシャーマニズム的種族主義は、
例えば、政治権力における
与党・野党のような対立する勢力の争いが
尋常ではなく、韓国では政権交代となれば、
大統領でさえも当たり前のように投獄されたりします。

2つの勢力の間に共通土台がなければ、
激しい衝突や摩擦が生じるのは当然であり、
これは国家間の問題だけではなく、
個人間でも同じようなことが言えます。

共通土台がゼロ状態の国家間の限界は、
ひも解けば個人間の限界、つまりは、
個人主義の限界にもつながるということです。

個人主義による共通土台ゼロの
複雑性や多様性の問題、格差の問題、
統合の問題をどうやって解決するのか?

それは韓国における共通土台ゼロの
シャーマニズム的種族主義の限界をどう解決するのか?

そこと繋がる「この時代の問題」でもあるのです。

共通土台ゼロのクローズ社会から、共通土台が無限大のオープン社会へ。

韓国におけるシャーマニズム的種族主義は、
共通土台ゼロの問題点を鮮明に表しています。

そして、これまでずっと変わらず
大切にしてきた天皇を中心とした日本文明は
共通土台が無限大のシンボルに近いモデルだと思っています。

私には日韓が融合されることで
共通土台ゼロと無限大を自由自在に
活用応用できる心人間が量産される
未来新人類時代、尊厳時代をひらくことができるという確信があります。

日本が全世界に向かって
「心とは何なのか」を発信し、
共通土台ゼロと無限大がひとつになる日韓の融合時代を切望しています。

本日も読んでくださり
ありがとうございました。



【20191127】優先順位を的確につけられるようになるには?

おはようございます。ノ・ジェスです。

本日も、心が痛まない社会を創る
リーダーを応援するメッセージを発信しています。

■■コラム 優先順位を的確につけられるようになるには?

日常の生活を過ごす上で
優先順位をつけることはとても重要です。

それができないことで物事が滞りやすくなり
仕事やビジネスはもちろん、
恋愛や家庭の問題など、
人生のあらゆる局面で不都合が生じやすくなります。

きちんと優先順位をつけるために
リストを活用するなど
工夫をされている方は多いと思いますが、
変化の激しい現代社会では、
早い決断が求められることも多いです。

貴重な時間を最大限に有効活用するためにも
優先順位を的確につけられるようになっておきたいものです。

では、
そのようになるためにはどうすればよいのでしょうか?

優先順位がつけられないことの多くは、
自分の主観からくる
考えや感情にとらわれてしまっているからです。

そのため、より長期的な視点で
物事を捉えられなくなり、計画性もなくなり、
重要性や緊急性の判断もつかなくなってしまいます。

目先の利益を優先させたり、
また、もともと優柔不断だったり、
せっかちだったり、
理由はさまざまあるかもしれませんが、
何れにせよそれらはみな個人の主観であり、
思い込みの中にいることが原因だと言えます。

つまりは、5感覚と脳の観点の中から
目の前の世界を見ていることが原因です。

それぞれの「観点」という
分離のある世界から出発する
帰納的な思考ばかりをしていると
真に客観性がともなった
的確な優先順位はつけられません。

人間が認識する世界は4つあります。

「真実」「現実」「事実」「思い込み」です。

nTech(認識技術)を使い、
永遠不変のひとつだけがある
真実の世界から出発する
演繹的な思考をすることで
「思い込み」という
観点の地獄から脱することができます。

真実からみれば、今人類にとって、
もっとも重要な課題がシンプルに認識でき、
的確な物事の優先順位もスピーディにつけられるようになります。

本日も読んでくださり
ありがとうございました。



【20191125】令和という新元号に寄せて シリーズ34

おはようございます。ノ・ジェスです。

■■コラム 令和という新元号に寄せて シリーズ34

今回は、令和哲学シリーズ33に引き続き、
元ソウル大学の李栄薫(イ・ヨンフン)教授の
著書「反日種族主義」のブームをきっかけに
明確化された時代の課題、東アジアの課題が
生まれる水面下ではどのような動きが起きているか?

また、それらの課題に対峙する日本が何をみるべきなのか?

これらについて語ってみたいと思います。

史上最悪の日韓関係と韓国の
「反日種族主義」の本のブームを契機に、
1億3000万人の日本国民が明治維新の精神を
正しく認識するきっかけとなり、
日本が主導する心の時代をひらいていくこと。

また、自由主義、共産主義の2つの勢力が
日本の精神、VISION、DREAMを破壊した
実体であることを認識し、
その2つの勢力争いを解決するミッションが
今の1億3000万人の日本が1つになって
必ず突破する世界基軸教育、
尊厳民主主義の道であることを認識できたら最高だと思います。

この続きは、ぜひブログをご一読ください。

https://blog.noh-jesu.com/entry/2019/11/24

本日も読んでくださり
ありがとうございました。



【20191122】助けてほしいと言えない苦悩

おはようございます。ノ・ジェスです。

本日も、心が痛まない社会を創る
リーダーを応援するメッセージを発信しています。

■■コラム 助けてほしいと言えない苦悩

一人でたくさんの仕事を抱えているのに、
なかなか助けてほしいと言えない人がいます。

周りは皆、忙しくしているだろうと思ったり
誰も手伝ってくれるわけがないと思ったり、
知らず知らずのうちに一人で抱え込んで、
心も体もパンクしてしまいそうになる。

一時は乗り切っても
またすぐ同じような状況がきて、
その繰り返しになってしまう。

本当は何でもお互いに助け合えるような
関係性をつくりたいと思っていても
なかなか難しいものです。

現代は個人主義が蔓延し、
競争社会でもありますから
一人で抱え込み、ストレスやプレッシャーで
押し潰されそうになっている人は増えています。

では、
どうしたら個人で抱えることを卒業し、
協力関係を築ける自分に変化できるのでしょうか?

オーケストラの演奏は、
さまざまな楽器が調和する土台があることで
楽器の個性が輝き、
美しいハーモニーを創り出すことができます。

人間も同様で、
尊厳で繋がった共通土台があることで
安心して協力し合い、
個人の力を発揮することができます。

人間は目から8割の情報を
インプットすると言われていますが、
目で見てしまうことが協力できない原因です。

目で見てしまうと、
自分と相手との境界線を引き、
いつも自分の判断基準を使って、
相手を判断、審判します。

自分の判断基準を使って、
相手は忙しいんじゃないか、
迷惑ではないかと判断し、
結果的に一人で抱え込み、
ストレスやプレッシャーに潰されてしまうのです。

nTech(認識技術)は、境界線のない
オリジナルマインドそのものの自分から
出会うことができる技術です。

自分と相手の境界線のない
オリジナルマインドそのものの
自分から出会うことで、
まるで自分のように人を愛おしく感じ、
美しいチームプレイを育める自分に変化できます。

本日も読んでくださり
ありがとうございました。



【20191121】令和という新元号に寄せて シリーズ33

おはようございます。ノ・ジェスです。

■■コラム 令和という新元号に寄せて シリーズ33

元ソウル大学教授の
李栄薫(イ・ヨンフン)著書
「反日種族主義」の日本語版が
日本国内で発売されるや否や
いきなりトップに躍り出て爆発的ブームになっています。

この現象が起きる背景にあるのは、
やはり「史上最悪の日韓関係」でしょう。

李栄薫教授は、民族主義左翼政権による
「民族主義路線」だと言わずに、
「種族主義路線」の概念を用いて
韓国の在り方全体を否定しています。

つまり種族主義は、全体主義のように
種族や全体の雰囲気に
完璧に統制されているため
個人の主義主張ができないのです。

このことを「シャーマニズムの種族主義」と既定しています。

さて、R指定作品でありながら
前代未聞の大ヒットを飛ばしている
映画「ジョーカー」では、
誰もが共通土台ゼロの個人主義の不信時代に
突入していることを訴えています。

どうすれば、
共通土台ゼロのクローズ社会から
共通土台無限大のオープン社会を築けるのでしょうか?

そのためには、
それを起こしている原因にアプローチすることです。

韓国におけるシャーマニズム的種族主義は、
共通土台ゼロの問題点を鮮明に表しています。

私には日韓が融合されることで
共通土台ゼロと共通土台無限大を
自由自在に活用し、応用できる
心人間の未来新人類の時代、
尊厳時代をひらくことができるという確信があります。

共通土台ゼロと無限大がひとつになって、
今ここを楽しめる新人類になり、
75億総聖人時代の尊厳文明、
すなわち基軸教育を具現化できる日本、
その日韓の融合時代を切望しています。

この続きは、ぜひブログをご一読ください。

https://blog.noh-jesu.com/entry/2019/11/20

本日も読んでくださり
ありがとうございました。




ページトップ

メールマガジン登録