column

Noh Jesuメルマガ

【20120331】偽物の和と本物の和 

おはようございます。Noh Jesuです。
このメールマガジンでは、「和の産業」「悟りの産業」を実現するためのキーワードを、毎日発信しています。

真実に実在するHITOTSUを知るために、宗教、ヨガ、瞑想、数学、物理学、あるいは音楽など、様々な方法があります。そして、「自分が知っている道だけが正しいと思うと争いが起きるので、まず他も認めましょう。それが和です。」と言っています。

ですが観術では、それは「相対的な和」であり、偽物の和だと言っています。なぜなら、次元が違う異質の世界HITOTSUからすべてが成り立っていることが説明できてしまうからです。この「絶対的な和」が本物の和なのです。
そこからすべてを整理整頓する演繹的な思考方式、それは、考えが走る道を自由自在に作ることができる世界なのです。



【20120330】お釈迦様と物理学者、どちらが詐欺師か?  

おはようございます。Noh Jesuです。
このメールマガジンでは、「和の産業」「悟りの産業」を実現するためのキーワードを、毎日発信しています。

人間が支配されている「考えが走る道」とは何でしょうか?

人間は普通、「生まれて、死ぬ(生死がある)」と思いますが、生死は本当にあるのでしょうか?
お釈迦様は「不生不滅(生まれることもなければ死ぬこともない)」と唱えました。物理学者は「全ての存在には生死(始まりと終わり)がある」と言っています。一体どちらが詐欺師なのでしょうか?

人間は「生死がある(存在が存在する)」という考えの走る道に固定され、いつも同じパターンの道を反復してしまい、その道の中からのみ発想しています。
しかし本当は「生死がある(存在が存在する)」のではなく、ただ考えの走る道だけがあるのです。

本当に実在するのはHITOTSUしかありません。しかし、そのHITOTSUが明確に分からないので苦労しているのです。



【20120329】考えが走る道 

おはようございます。Noh Jesuです。
このメールマガジンでは、「和の産業」「悟りの産業」を実現するためのキーワードを、毎日発信しています。

車には「車が走る道」があります。それと同じように人間には「考えが走る道」があります。車は道があるところ以外走れないように、人間の考えも、いつも同じパターンの道しか走れない状態があるのです。それがずっと進んで反復すれば、無自覚で「念」の塊になってしまいます。

念の塊に支配されてしまうと、自分勝手な思い込みによってつくりあげた相手像や環境を責め、人間関係のトラブルが起きてしまい、健康な疎通交流ができません。そうならないためには、考えが走る道を分かることが重要です。

では、人間が支配されている「考えが走る道」とは何でしょうか?



【20120328】今までの悟りと観術の悟り 

おはようございます。Noh Jesuです。
このメールマガジンでは、「和の産業」「悟りの産業」を実現するためのキーワードを、毎日発信しています。

今まで悟りの世界を西洋では、超越の世界として分離し、崇拝の対象としてしまい、東洋では不立文字(ふりゅうもんじ)として、言語で明確に伝えるのは不可能とされてきました。

観術の悟りが、他の宗教的な悟りの世界と決定的に異なる点は、「人に伝達できること」です。

その悟りの世界を客観的に論理とイメージで明確に説明することができ、誰もが悟れるように教育プログラムとして体系化したものが観術です。

観術ではイメージ言語を道具に、人間の脳ではイメージ不可能な「絶対世界」を誰もがイメージすることができ、現実の日常生活に応用や活用することが可能になります。その体系化を観術では1996年より進めてきました。
イメージ不可能な「絶対世界」、つまり「悟りの世界」を商品化・ビジネス化・産業化・一般常識化・科学化することが可能な道具が誕生しています。

これからも日本のみなさまと共に、日本の素晴らしさを世界に発信していけることを心から願っております。



【20120327】 4/1(日)13時30分~ 日韓VISION同盟 東京イベント開催 

おはようございます。Noh Jesuです。
このメールマガジンでは、「和の産業」「悟りの産業」を実現するためのキーワードを、毎日発信しています。

本日は、日韓VISION同盟の韓国代表の私Noh Jesuと、日本代表の内海昭徳氏が参加し、はじめて東京で開催される日韓VISION同盟イベントのご案内です。

今、社会全体を見渡せば、世界同時不況、日本企業の倒産、就職難など、将来が不安になるような問題で溢れています。
既存の成功モデルが崩壊している現代で、一人ひとりが何を考え、どう行動するのかの判断が非常に難しい時代です。

そんな中、希望溢れる日本の学生や若者のつながりを広げていくムーブメントが起きています。
これからは、若者一人ひとりが個性の花を咲かせて人生の主役となり、その主役同士の連帯が新しい時代を創っていくことが必要です。

日韓VISION同盟5.5プレイベントとなる、4/1(日)開催、「Movement of New Hope ~新しい希望の胎動~」では、ご来場の皆さまと共に、今の時代をどう生きるのか?について疑問や意見を出しあってディスカッションしていきます。

たくさんの質問タイムを用意していますので、この機会に直接聞いてみたいという方は、事前に質問や意見をご準備の上、ご参加ください。
まずは話しだけでも聞いてみたいという方のご参加も大歓迎です。

21世紀をつくる希望そのものの皆さまとの出会いを、心より楽しみにしています。

【日時】4月1日(日) 13:30~16:30(開場13:00)
【会場】 品川ホテルゆうぽうと 花梨
東京都品川区西五反田8-4-13 8F

http://www.u-port.jp/access.html

【料金】 一般 1,500円/学生 1,000円
【定員】120名
【申込方法】
下記URLから「お申し込みはこちら」ボタンを押してお申し込みください。

http://japan-korea.org/news/2379.html

※追ってスタッフより受付完了のご返信致します。
メールでのお申込みお問い合わせは、必要事項をご記入の上、以下アドレスまで
送付ください。
contact@japan-korea.org
・件名「4.1日韓VISION同盟5.5プレイベント」
・本文「お名前、ふりがな、一般もしくは学生、ご連絡先(電話番号、メールア
ドレス)」

◇主催:日韓VISION同盟
http://japan-korea.org
contact@japan-korea.org




ページトップ

メールマガジン登録