column

Noh Jesuメルマガ

【20191018】相対的貧困の問題について

おはようございます。ノ・ジェスです。

本日も、心が痛まない社会を創る
リーダーを応援するメッセージを発信しています。

■■コラム 相対的貧困の問題について

日本は昔に比べて豊かになったとは言え、
それでもまだまだ貧困の問題はなくなっていません。

貧困には、
絶対的貧困と相対的貧困という分類があるそうです。

国全体が衣食住に事欠くような
絶対的貧困の状態に比べれば、
よくなっているとは言えますが、
現代ではどちらかというと、
相対的貧困の方が問題視されています。

相対的貧困とは、
最低限の衣食住ができないわけではないが、
社会で多くの人が享受している
標準的な生活水準と比較して、
所得が著しく低い状態のことを指すそうです。

例えば、親が病気のため、
子供が家事をしなければならない家庭や
金銭的な理由で子供が大学進学を
断念せざるを得なかったり、
さまざまなケースは存在しますが、
いずれにせよ他の大多数と比べて、
相対的に貧困状態であるということです。

先進国に多くみられる相対的貧困は、
絶対的貧困とは違う問題をはらんでいます。

身近な例でいうと東日本大震災の直後、
被災地では、誰もが身一つで避難をし、
食事や必要最低限の日用品も
なかなか手に入らずに
避難所での生活を強いられ、
多くの人が絶対的貧困の状態であったと言えます。

物質的な余裕がなければ、
生活は苦しくなるので、
現実的には大変になりますが、
それでもみんなが同じ状態であり、
自分だけが相対的な貧困状態になることはありません。

その状態から徐々に復興し、仮設住宅を出て
自分の家に引っ越していく人もいれば、そうでない人もいます。

絶対的貧困から解放されると、今度は、
相対的貧困が意識されるようになります。

他の大多数と比べて、
相対比較をしてしまうのは、
人間の脳機能の特徴でもあります。

脳は相対的な認識しかできません。

そして人間には、×感覚から○感覚へ
変化したいという本能があります。

×(貧困状態)から脱して、
○(幸福状態)に変化したいのが人間です。

しかし、このような×から○への変化は、
まさに相対的な変化であって、
人間の脳機能の及ぶ範囲内での変化に留まります。

条件反射的に相対比較をし、過去の
×のイメージから抜け出すために
○の状態を求めて動こうとする人間は、
初期セッティングされた機械のようだとも言えます。

×から○への変化は、不完全な変化であり、
人間にとっての究極となる
根本問題(観点の問題)を
解決していないままの変化であるため、
本質的には何も解決されていないのと同じなのです。

nTech(認識技術)は、
絶対世界から相対世界が生まれる仕組みを
説明するイメージ言語を活用することで、
不完全な脳を補うことができる技術です。

すなわち、観点の外を取り入れることで、
絶対的な貧困状態から絶対的な幸福状態へと
案内できる技術でもあります。

本日も読んでくださり
ありがとうございました。



【20191016】令和という新元号に寄せて シリーズ27

おはようございます。ノ・ジェスです。

■■コラム 令和という新元号に寄せて シリーズ27

デンマークの童話作家
ハンス・クリスチャン・アンデルセンの
代表作の1つとされる『裸の王様』。

令和哲学シリーズ27では、
誰もが知っている
この物語を題材に話をしていきます。

この物語を通して、
今の時代を生きる私たちが
何を学ばなければならないのかを2つの問題で整理しました。

①時代の評判権力や中心価値が
ひとつに固定されることを恐れている
「全体主義」への恐怖のトラウマの問題

②時代の中心価値、評判権力の構築方式の問題

この2つの問題は、AI時代を迎えた今、
世界75億人が共通に解決しなければならない
時代的な課題とも直結しています。

そんな今、どのような実行や
実践行動を行うことが
「本物の教育者」といえるのでしょうか?

そして、どうすれば世の中に
これらがあふれるようにできるのでしょうか?

このことから、私はSNS3.0を提案します。

この続きは、ぜひブログをご一読ください。

https://blog.noh-jesu.com/entry/2019/10/13

本日も読んでくださり
ありがとうございました。



【20191011】迷いは真実への切符

おはようございます。ノ・ジェスです。

本日も、心が痛まない社会を創る
リーダーを応援するメッセージを発信しています。

■■コラム 迷いは真実への切符

「本当にこれでよいのか」
「なんとなく違う気がする」など、

人生におけるあらゆる場面で
自分の心の中に迷いが生じるときがあります。

確固たる自信まではもてず、
なんとなく違和感を覚える程度で、
明確な答えまでは見出せないような場面です。

では、
なぜ心に迷いが生じるのでしょうか?

まず心に迷いがあるということは、
心の中で自分なりの正解を
知っているということになります。

正解を全く知らずに、
自分の求めているものもないようであれば
心に迷いが生まれることはありません。

自覚がある/ないに関わらず、
人間はみな自分なりの
正解をもって生きているということであり、
それ故に、独りよがりな正解ではなく、
人間共通の正解とも言える
真実の世界を知る必要があるということなのです。

人間はみな無意識深くで、
脳の観点の限界を超えた
真実の世界に戻りたい。つまりは、
自分が何者なのかを知りたがっています。

nTech(認識技術)は、
観点の限界を超えた
真実の自分に出会える技術です。

真実の自分が進むべき道を基準にすれば、
迷いの質も大きく変わるはずですし、
その迷いは、真実への切符だとも言えます。

本日も読んでくださり
ありがとうございました。



【20191009】思い通りの人生にならない理由とは?

おはようございます。ノ・ジェスです。

本日も、心が痛まない社会を創る
リーダーを応援するメッセージを発信しています。

■■コラム 思い通りの人生にならない理由とは?

人生が思った通りにならないのはなぜでしょうか?

幸せや成功を得るためには、まず
「変化できるもの」と
「変化できないもの」を知る選択の智慧が必要です。

自分自身が本当に変化できるものは、
たった一つしかありません。

それ以外は変化できないものばかりです。

たった一つの変化可能なものを常に選択し、
「変化できた」という成功慣性を得ることで
自己肯定感を持てるようになります。

どんなに他人や環境が邪魔しようとも、
そこに影響されずに、今ここ、
完璧に自分が変化できる唯一のものは、
「アイデンティティ」しかありません。

アイデンティティとは、
「自分自身をどう思うのか」です。

アイデンティティを変化させないまま、
変化できないものを変化させようと
することが思い通りにならない原因なのです。

人間はあらゆる経験に対して、
もっとも深い無意識の中で、
「~をした私」「~を言った私」
というように、経験したことを
アイデンティティ化して蓄積し、
そのアイデンティティのイメージの蓄積体を
自分自身だと思い込んでしまいます。

この思い込みや
過去のイメージの蓄積体である
「アイデンティティ」から
思考パターン・行動パターンが生まれ、
人間関係を決定するのです。

「今この瞬間、自分自身をどう思うのか」
というアイデンティティが、
自分の人生の幸せや成功を決定する
絶対支配権力と言っても過言ではありません。

逆に言えば、今までの
古いアイデンティティがつくってきた
自分自身のあらゆる悩みや限界は、
新しいアイデンティティによって
必ず突破できるということです。

人間の生きる原動力は、
その新しいアイデンティティからつくられていくのです。

幸せは、財産や名誉や権力の有無ではなく、
「自分自身をどう思うのか」、つまり、
「どんなアイデンティティを蓄積していくか」に対する智慧と実践なのです。

nTech(認識技術)は、
古いアイデンティティから
新しいアイデンティティへ
次元上昇させることができる技術です。

本日も読んでくださり
ありがとうございました。



【20191007】令和という新元号に寄せて シリーズ26

おはようございます。ノ・ジェスです。

■■コラム 令和という新元号に寄せて シリーズ26

令和哲学26では、
「大きさがない心」をテーマに語ってみたいと思います。

令和元年を迎えた令和時代は、これまでの
「大きさがある世界」という大前提が覆されるでしょう。

今この瞬間、
時間の大きさも、空間の大きさも、
存在の大きさもない世界が当たり前になり、
これまでとは次元が違う動きである
「無境界線の動き」が大前提になるのです。

また、この大きさのない世界は、
哲学者イマヌエル・カントが
1790年に刊行した
哲学書『判断力批判』に出てくる
「無関心からみること」と親和性が高く、
真の美の具現化と相通じるものがあります。

美的価値を強調する「令和」は、
宗教や科学の限界を突破した令和美学で
世界の75億人を大統合に導く
21世紀の中心理念になるだろうとnTechではみています。

この続きは、ぜひブログをご一読ください。

https://blog.noh-jesu.com/entry/2019/10/6

本日も読んでくださり
ありがとうございました。




ページトップ

メールマガジン登録