column

Noh Jesuメルマガ

【20110531】日本の現在地

 

おはようございます。
Noh Jesuです。

このメールマガジンでは、「和の産業」「悟りの産業」を実現するためのキーワードを、毎日発信しています。

3.11危機以降の日本の変化の性格は、どういうものであるべきでしょうか?

3.11の破壊は、日本がまるで核戦争に負けたような、深刻な被害を与えています。

放射能汚染は、全世界が心配しているような状態ですし、発電所は20%破壊、福
島原発の30km圏内は居住不可能、そして、海外企業はサプライチェーンから日本を外し、各国が日本の農産物などの輸入停止もしている状態です。

これからの個人と組織の生存競争力は、デジタル時代のスピード競争や、組織内
の意思決定スピードに留まらず、創意性が中心になるスマート(魅力溢れる)時
代に突入することを考えるとき、差別性や方向性こそが、生存競争力の中心キー
ワードになります。

これから、日本がまた、今までの物づくり産業の方向性に戻ることは、何の差別
性も作ることができず、アメリカ・ヨーロッパが主導してきた西洋中心の物質文
明、学術中心の人づくりをベースにした、既存の社会進化の方向性に、何のショ
ックも与えることができない日本の無気力さを、明らかにする結果になってしま
うのです。



【20110530】人類が幸せになるライフスタイル

 

おはようございます。
Noh Jesuです。

このメールマガジンでは、「和の産業」「悟りの産業」を実現するためのキーワードを、毎日発信しています。

これから先、人類は今までと同じ生き方をしていては、幸せになることはできません。

なぜならば、今までの人類の生き方の根源であったアイデンティティ、認識、夢・理想は過去の経験や知識に依存したものです。

ですから、一人ひとりが皆違うデータを持っているため、摩擦や衝突を起こすのは当然だからです。

信頼度の高い共同体秩序をつくるためには、過去のイメージから自由になる術を明確に理解した智慧を持つ必要があります。

そして、思考、論理を展開し、共通のビジョン、夢に向かう実践行動を起こせる、人間のライフスタイルにバージョンアップすることが必要なのです。

私は、この世界中に、あまたある国家の中で、粘り強く集中し続ける底力を持つ日本こそ、そのライフスタイルを構築できる条件を持ち合わせていると確信しています。

これが、私の母国である韓国ではなく、日本で16年間観術を伝えている所以なのです。

今日も読んでいただきありがとうございました。

 

 



【20110529】まったく新しいライフスタイル

 

おはようございます。
Noh Jesuです。

このメールマガジンでは、「和の産業」「悟りの産業」を実現するためのキーワードを、毎日発信しています。

ライフスタイルの変化とは、言葉を変えれば幸せ、成功の追求パターンの変化を意味します。

今までのように、物を変化させる技術によって獲得できる、物商品を中心とした五感覚への刺激を必要とする、「幸せの高さの追求パターン」。

これとは反対の追求パターンがあります。

それは、人類誰もがいつも持っていること、やっていることに対して、神聖さや神秘を感じ感動、感謝しながら人生を楽しむことができる生き方をさします。

これは、五感覚の刺激を道具にするのではなく、観点が変化することによる刺激を通して、人間に対するイメージが大きく変わる世界であり、「観術」が必要な世界です。

この技術によって、「自分だけ」という個人のレベルではなく、すべての人間にあてはまる人間共通のイメージを通して、人間に対するイメージが、偉大さ、荘厳さ、尊厳性へと次元が変化していく「幸せの深さの追求パターン」を実現するライフスタイルが可能になるのです。

それが、自分の幸せだけを追求する個人主義の限界を超えて、疎通交流を大事にするこれからの新しいライフスタイルです。

 

 



【20110528】疎通と交流が困難な時代

 

おはようございます。
Noh Jesuです。

このメールマガジンでは、「和の産業」「悟りの産業」を実現するためのキーワードを、毎日発信しています。

「まずあなたがお金持ちにならないと」

このキャッチフレーズで、自分が所有していないものを得ることや、隣と比較して、自分の得たものがより優れていることで、幸せを感じるライフスタイルを扇動してきた現代の資本主義社会。

「この商品を買えば幸せになれます」

「私のサービスを受ければ成功人生を送れます」

など、様々な企業、お店、個人が、それぞれのプラン、ビジョン、ドリームを宣伝し合い、『ビジョン戦争』といえるほど多様な広告と宣伝、情報と知識に満ち溢れています。

その結果、個人化が究極まで進み、周囲とつながれずに疎通も交流も困難になってしまっているのが現代です。

 

 



【20110527】生き方の三つの再構築

 

おはようございます。
Noh Jesuです。

このメールマガジンでは、「和の産業」「悟りの産業」を実現するためのキーワードを、毎日発信しています。

今、私たちは、ライフスタイルをどのように再構築することが必要なのでしょうか。

三つに分けて整理したいと思います。

まず、一つ目は「認識の再構築」です。

ここで言っているのは、意識レベルの一部分ではなく、宇宙誕生から137億年すべてを認識でき、今この認識画面がどのように成り立っているのかまでも認識できることです。

二つ目は「個人のアイデンティティの再構築」です。

今まで私たち人類が、「自分」だと思ってきた体の範囲を超え、その体が認識する宇宙とその宇宙さえも境界線が無く、つながった無限の存在が、個人の実体である、という人間に対するイメージの変化が大切です。

三つ目は、「夢・理想・現実に対する再構築」です。

人間が、他の生命と違うのは夢や理想を持つことができることです。

そして、現実はその理想に向かうにあたっての一過程としてあるものです。

しかし、現代社会をみると、夢や理想を持つことができず、あきらめや挫折感ばかり募らせている人が増加する傾向にあります。

だからこそ、誰もが未来、無限の可能性を引き出すことのできる夢や理想を再構築することが不可欠なのです。

しかし、今の時代はそのようなビジョンが描きにくい時代と言えるのではないでしょうか。

明日は、このことを、もう少し掘り下げてみたいと思います。

 

 




ページトップ

メールマガジン登録