column

Noh Jesuメルマガ

【20110526】なぜライフスタイル再構築が必要か

 

おはようございます。
Noh Jesuです。

このメールマガジンでは、「和の産業」「悟りの産業」を実現するためのキーワードを、毎日発信しています。

なぜ、今ライフスタイルの再構築が必要なのでしょうか。

人類の歴史においても、もういよいよ、本質的な質問に対して、徹底的に追求し、正確な答えを獲得しなければ生き残ることが難しい時代に、私たちは突入しています。

インターネットが全世界の情報網となっていることからも分かるように、これから知識基盤社会が本格的に始まろうとしています。

ですから今までのように、本格的な質問に対する明確な答えがないまま、今までの習慣で生きる、条件反射的に生きる、あるいは他人がしていることを適当にマネしながら生きていては、幸せや成功を得ることが絶対に不可能な時代へと突入しているのです。

 

 



【20110525】荘厳な中心とは

 

おはようございます。
Noh Jesuです。

このメールマガジンでは、「和の産業」「悟りの産業」を実現するためのキーワードを、毎日発信しています。

人間の荘厳さは、人間のイメージを体の範囲だけに限定、固定していては生まれません。

「全宇宙の存在のイメージを全部ひとつに溶かし、その溶けたひとつからすべての存在が存在し、変化・運動・移動する正確で精密な力動のイメージ」が明確にできたときに生まれるものです。

さらにその荘厳さは、個人の自尊心を支える柱になります。

ですが、残念ながら現代はそれらが重要視されていません。

荘厳な雰囲気、荘厳なイメージ、さらに荘厳な言葉、愛、勝負。

何よりも荘厳な中心が必要です。

その荘厳な中心とは、何でしょうか。

回転するコマの中心軸をイメージし、神秘を感じてみてください。

コマの中心軸は、前と後ろ、右と左、動と静、始まりと終わりなどのアンバランスによるすべての不信、不安、恐怖を中心に溶かして爆発、膨張させ、バランスを維持しながら回転するという強烈なリーダーシップを発揮しています。

私たちは、この神秘で荘厳な中心をどのように誕生させ、また、人間一人ひとりが荘厳さそのものになれるのでしょうか。

その為には、今まで続けてきたライフスタイルの再構築が必要です。

 

 



【20110524】この時代、最優先すべきこと

 

おはようございます。
Noh Jesuです。

このメールマガジンでは、「和の産業」「悟りの産業」を実現するためのキーワードを、毎日発信しています。

いま、私たちが最も優先して取り組むべきこととはなんでしょうか。

それは、人間の偉大さを宇宙の外まで大きく広く持つことではないでしょうか。

人間の偉大さなくしては、個人一人ひとりの人格、品格、自尊心を完成させることはおろか、一人ひとりの考えも、自信に満ちた行動すらも完成させることはできません。

そのことを置き去りにしたまま、個人個人のライフスタイルが構築され、その個人が構築しているのが現代社会です。

また、その偉大さのベースを成すのが人間の荘厳さです。

明日は、人間の荘厳さについて深めていきます。

 

 



【20110523】日本から始まる大転換

 

おはようございます。
Noh Jesuです。

このメールマガジンでは、「和の産業」「悟りの産業」を実現するためのキーワードを、毎日発信しています。

3.11が起きた今、どんな日本を創りたいのか。

地震が起きる前に戻っても意味がないのであれば、次に日本が行くべきは、農業社会、産業社会を超える、本当に人間の可能性を活かすことのできる感動社会です。

感動エンジンがみなさん一人一人の中に装着されることが、プレートを次元上昇できる未来産業の創造に直結しているのです。

日本がすべてを懸けて勝負することができるか否かが、危機をチャンスに大転換させる一番の焦点とも言えます。

その為の、人を悟らせることのできる認識技術「観術」は既に体系化され、教育プログラムとして誰もが自由に手にできるようになっています。

天動説、地動説から人動説へとパラダイム転換し、人間の尊厳性に溢れる未来社会を共に創っていき、日本の一番の素晴らしさを活かした和の産業化を通じて、世界を再建する日本を実現してくださればと、切に願います。

随時、様々なイベントやセミナー、お茶会などが企画されていますので、是非会場でお会いできれば幸いです。

 

 



【20110522】日本が創る方向性

 

おはようございます。
Noh Jesuです。

このメールマガジンでは、「和の産業」「悟りの産業」を実現するためのキーワードを、毎日発信しています。

心の差を取る「さとり」がなければ、判断基準がみんな異なる社会で、本物の和を創ることは叶いません。

だから70億みんな違う判断基準によって摩擦衝突が起きるし、紛争・戦争も終わりません。

しかし、その判断基準を一つにしてしまっても、ファシズムになったり、宗教やロボットのような社会になってしまい、もっと問題です。

では、どうすればよいのでしょうか?

その無秩序から秩序を創る為に、人類はこの500万年間、暴力・権力・財力など力による支配を続けて来ました。

しかし支配される側は、常に我慢して合わせているので、ストレス・プレッシャーがいっぱいです。

資本主義社会(外側)と判断基準(内側)の問題に挟まれたダブルバインド状態の現代人は、外と中の支配権力に抗えず、生きる意味・価値をなかなか得ることができません。

その問題を抱えたまま今までの延長線上を行くのか、危機をチャンスに大転換を起こすのか。

3.11が起きた今、どんな方向に向かう日本が、知恵ある日本と言えるのでしょうか。

 

 




ページトップ

メールマガジン登録