column

Noh Jesuメルマガ

【20181114】孤独から自由になるには?

おはようございます。ノ・ジェスです。

本日も、心が痛まない社会を創る
リーダーを応援するメッセージを発信しています。

■認識技術(nTech)とは?

科学技術が、
脳の観点を基準点にした
ものの見方(観点の天動説)により、
個々の部分を観察する事物認識で
PC(Personal Computer)時代や
AI(人工知能)時代を築きあげた技術であるならば、

認識技術(nTech)は、
観点を移動、上昇させた
心の新素材を基準点とした
ものの見方(観点の地動説)と認識OSにより、
クローズ界の全体を統察する事件認識で
PU(Personal Universe)時代と
GI(集団知性体)時代を創建する技術です。

■■コラム 孤独から自由になるには?

休日になると孤独を感じ、落ち込んでしまう
という20代の男性にお会いしました。

平日は人と接するサービスの仕事をしており、
職場の人間関係は悪くないそうですが、
休日になると独りで行動することが殆どだそうです。

就職したての頃はそれでもよかったのですが
最近はだんだんと独りで行動することが
虚しくなり、不安に襲われることもあるそうです。

そんな孤独から抜け出そうと、
積極的に職場の仲間を飲みに誘ったり、
休日には興味のあるイベントや交流会に
足を運んでみることもあるそうですが、
そのときは盛り上がるのに
継続的に付き合う友人はできず、
結局、いつも表面的な交流で終わり、
心の底から楽しめていない自分に気づいたそうです。

独りが嫌なはずなのに
いつも独りでいることを選択してしまう。

そのような習慣をなかなか
直すことができずに悩んでいるそうです。

では、
このような孤独から自由になるためには、
どうすればよいのでしょうか?

その為にはまず、
今ここの出会いの価値に気づくことが大切です。

人間はこの世に生まれてからずっと、
自分が何を探しているのかわからないまま、
何かを探し続けています。

人間、誰もが心の一番奥深くで
懇切に探しているもの、それは
今ここ、目の前のどんな人も
どんな場面も、どんな出来事も
すべての出会いを美しい出会いに
昇華させることができる道具です。

孤独や不安など、雑念がある状態で、
肉眼の目を使って目の前の現実と出会っても
美しい出会いは起きず、
新鮮さをまったく感じられない
マンネリな出会いになってしまいます。

これからの時代は、今ここの
多様な出会いを美しく認識できる
道具・技術を持っているかどうかが、
幸せや成功を決定する最も重要な要素になります。

自分と自分の宇宙を完璧にオールゼロ化した
客観的絶対世界・オリジナルマインドから、
常に、今ここ、すべての現実・現象を
美しく認識し、成功のライフスタイルへ
転換できる新しい道具が、nTech(認識技術)なのです。

本日も読んでくださり
ありがとうございました。



【20181112】我慢するだけの恋愛関係を終わらせたい

おはようございます。ノ・ジェスです。

本日も、心が痛まない社会を創る
リーダーを応援するメッセージを発信しています。

■認識技術(nTech)とは?

科学技術が、
脳の観点を基準点にした
ものの見方(観点の天動説)により、
個々の部分を観察する事物認識で
PC(Personal Computer)時代や
AI(人工知能)時代を築きあげた技術であるならば、

認識技術(nTech)は、
観点を移動、上昇させた
心の新素材を基準点とした
ものの見方(観点の地動説)と認識OSにより、
クローズ界の全体を統察する事件認識で
PU(Personal Universe)時代と
GI(集団知性体)時代を創建する技術です。

■■コラム 我慢するだけの恋愛関係を終わらせたい

先日、20代の女性からこんな相談を受けました。

「本当は仲良くしたいのに
いつも彼氏とケンカになってしまいます」

言いたいことを伝えただけなのに、
相手には違う解釈として伝わって
いつもケンカになってしまうそうです。

自分の言い方が悪かったのかなと反省し、
口調を優しくしてみたり、
彼を褒めたりしても、結局、気づけば
ケンカになって、最後は自分が
我慢して折れるしかない状況になるそうです。

大好きな人だから、
もっと良好な関係を築いていきたい。

我慢する関係ではなく、
納得したコミュニケーションをしたい。

でも、どうしたらよいのかわからなくて
途方に暮れているそうです。

では、
このような我慢するだけの関係を終わらせて
心スッキリの関係を築くためには、どうすればよいでしょうか?

人間の顔が一人ひとりみんな違うように
私たちはそれぞれみんな異なる宇宙をもっています。

私たちの目の前にひろがる現実世界は、
実は映画のスクリーンのようなものであり、
本当はみんなそれぞれ異なる映画を観ています。

でもそれを知らずに、
相手も同じ宇宙をもっていて、
同じ映画を観ているはずだと期待したら、
その期待が外れたときに
コミュニケーションがズレて、
結果的にケンカになってしまいます。

自分と相手のそれぞれの宇宙が
どこからどのように生まれるのか、
その仕組みを理解しておくことはとても重要です。

nTech(認識技術)は、
自分の宇宙と相手の宇宙を融合できる技術です。

あなたの観る映画、あなたの観る宇宙、
私が観る映画、私が観る宇宙を融合させて、
その出会いを楽しみ
関係性を進化させていくことができます。

これからは一人が一つの宇宙をもつ
Personal Universe(PU)の時代です。

他の誰にも影響されない、
自らの創造性、自らの尊厳性で、
自分の人生や関係性を創造し続けることができます。

本日も読んでくださり
ありがとうございました。



【20181109】夫の心情を理解するためには?

おはようございます。ノ・ジェスです。

本日も、心が痛まない社会を創る
リーダーを応援するメッセージを発信しています。

■認識技術(nTech)とは?

科学技術が、
脳の観点を基準点にした
ものの見方(観点の天動説)により、
個々の部分を観察する事物認識で
PC(Personal Computer)時代や
AI(人工知能)時代を築きあげた技術であるならば、

認識技術(nTech)は、
観点を移動、上昇させた
心の新素材を基準点とした
ものの見方(観点の地動説)と認識OSにより、
クローズ界の全体を統察する事件認識で
PU(Personal Universe)時代と
GI(集団知性体)時代を創建する技術です。

■■コラム 夫の心情を理解するためには?

先日、30代主婦の方から
夫婦間のコミュニケーションについての
お悩みをお聞きしました。

彼女いわく、夫との交流に
いつも物足りなさを感じているそうで、
例えば、夫婦喧嘩をしたときなど、
もっと意見や感情の交流をしたいと
思っていても、いつも夫が一方的に
話し合いを降り、終わらせてしまうそうです。

彼女にとって夫婦喧嘩は、
お互いの仲を深めるためのものであり、
もっと交流をしたいと思いつつ、
夫のそのような行動が理解できないとのことです。

最近では、夫婦であることの意味や
自分が存在する意味すらわからなくなり、
孤独も感じ、どうすればよいか
わからなくなっているそうです。

では、
このようなケースにおいて、夫の心情を
理解するためにはどうしたらよいのでしょうか?

そのためには、自分や夫に対するイメージを
一旦リセットする必要があります。

人間は古い固定観念やイメージを
入れかえることがなかなかできません。

彼女が抱える問題の原因は、
一度入ったイメージを消すことができず、
執着してしまうという
人間共通の苦しみの原因にも繋がります。

特に「この体が自分」という存在イメージで
人間を認識してしまうことにより、
とても強い執着をもってしまう。

存在イメージで認識してしまうエゴ意識は、
全ての不幸の根本原因でもあるのです。

エゴ意識の観点に固定されている状態で
いくら夫の心情を理解しようとしても
理解できるはずはありません。

nTech(認識技術)を使い、
まずは5感覚脳の観点をほどいて、
人間と人間の宇宙は実在しないことを理解し
全てのイメージをゼロ化する
新しい感覚を身につける必要があります。

本日も読んでくださり
ありがとうございました。



【20181107】理想の大人になるためには?

おはようございます。ノ・ジェスです。

本日も、心が痛まない社会を創る
リーダーを応援するメッセージを発信しています。

■認識技術(nTech)とは?

科学技術が、
脳の観点を基準点にした
ものの見方(観点の天動説)により、
個々の部分を観察する事物認識で
PC(Personal Computer)時代や
AI(人工知能)時代を築きあげた技術であるならば、

認識技術(nTech)は、
観点を移動、上昇させた
心の新素材を基準点とした
ものの見方(観点の地動説)と認識OSにより、
クローズ界の全体を統察する事件認識で
PU(Personal Universe)時代と
GI(集団知性体)時代を創建する技術です。

■■コラム 理想の大人になるためには?

誰からも尊敬され、愛される
理想の大人になりたいという
20代の女性会社員にお会いしました。

彼女は小学生の頃、担任の先生から
全校生徒の前でなじられて、
自分だけ悪者にされたという
ショックな経験があるそうです。

子供に対してこんなことを言うのか?
こんな大人には絶対になりたくないと思ったそうです。

この経験から彼女は理想の大人像を求めて、
毎日の仕事以外に
社会貢献事業について学んだり、
平和映画祭のボランティアをやったり、
日本のお寺や宗教色の強い
海外に行っては学んだりしています。

でも例えば、今の会社の上司は、
自分のことしか考えられない人だし、
お寺で伝えていることは素晴らしいけれど、
実態とはかけ離れているように感じるそうです。

自分が安心して、信頼して、尊敬できる、
そんな人と一緒に何かをやりたいし、
そんな大人になりたい。

でも周りにはそんな大人は誰もいないそうです。

では、
理想の大人になるためには、どうすればよいのでしょうか?

ひとつ言えることは、理想の大人像を
追い求めている今の状態では、
永遠に理想の大人にはなれないということです。

なぜなら、その状態は、
「理想の大人ではない自分」を
同時に存在させてしまっているからです。

言い換えれば、理想ではない
「不完全な自分」という
アイデンティティが基準点となり、
その通りの現実を存在させています。

現実は自分自身をどう思うのかという
アイデンティティによって創られるので
それが不完全なら現実も不完全になります。

ですが、今までの人間は5感覚と脳を使って
「この体が自分」という有限固定の
アイデンティティを強固に信じ込んできました。

この体の範囲内に閉ざされた不完全な
アイデンティティが基準点である限り、
条件状況によって「理想」はコロコロと
変わるので本当の理想が何なのかもわからなくなります。

この現実は5感覚脳が映し出した
認識の結果体であり、
そこに含まれる不完全な自分は、
真実の自分ではありません。

nTech(認識技術)を使い、
5感覚脳の観点を超えた真実の自分に
出会えたときに、体に閉ざされた
有限固定のアイデンティティから
全てとひとつに繋がった
無限のアイデンティティへと変化できます。

それはあなたにとっての
本当の理想像が見つかるということであり、
そこに向かう無限の能力が開発され、
真の自信感、真に個性の花を開かせる
新しい生き方が始まるということなのです。

本日も読んでくださり
ありがとうございました。



【20181102】憧れのあの人のようになりたい~魅力ある人間になるには?

おはようございます。ノ・ジェスです。

本日も、心が痛まない社会を創る
リーダーを応援するメッセージを発信しています。

■認識技術(nTech)とは?

科学技術が、
脳の観点を基準点にした
ものの見方(観点の天動説)により、
個々の部分を観察する事物認識で
PC(Personal Computer)時代や
AI(人工知能)時代を築きあげた技術であるならば、

認識技術(nTech)は、
観点を移動、上昇させた
心の新素材を基準点とした
ものの見方(観点の地動説)と認識OSにより、
クローズ界の全体を統察する事件認識で
PU(Personal Universe)時代と
GI(集団知性体)時代を創建する技術です。

■■コラム 憧れのあの人のようになりたい~魅力ある人間になるには?

ある人に憧れているという
30代の女性にお会いしました。

その方は「食」をテーマとした
ネットワークビジネスのグループ長と出会い
その人に憧れるようになったそうです。

グループ長は、やりたいことを全力で
応援して向き合ってくれるなど、
たくさんの人たちに慕われるような
とても魅力のある人です。

その人と同じ土俵に立ちたいと思い、
自分と比べて何が違うのか
考えることもありますが、比べれば
比べるほど劣等感を覚え、
自分に自信がなくなってしまう。

昔からいつも憧れの存在を身近につくり、
その度に自信をなくすという
同じパターンを繰り返しているそうです。

では、
どうすればこのような憧れの人のように
魅力ある人間になれるのでしょうか?

そのためには、まず、
魅力とは何かを考える必要があります。

どれくらい人を惹きつけ、人がついてくるのか?

それが魅力だとしたら、
他の人よりも深い魅力を持っていれば
より多くの人を惹きつけられます。

グループ長はあなたよりも深い魅力を
持っているのかもしれませんが、
そこを比べて落ち込む必要はありません。

それよりも大事なのは、
今までの人間にはなくて、
これからの人間が持つべき、
より深い魅力をさがすことなのです。

より深い魅力とは、今まで地球上に生まれた
どんな人間にも持っていない
希少性、差別性、簡単に真似できない
“何か”を持っているということです。

人間の普遍的なニーズを
満足させることができる”何か”を
持っていれば、より多くの人を惹きつけられます。

つまり、人類は今何を待ち望んでいるのか?

そのニーズをはっきりと認識することです。

nTech(認識技術)を使い、
宇宙の成り立ちや仕組みを明確に知り、
宇宙の根源となる
源泉的な動きを基準点にすることで
人類史上、最大のニーズを認識することができます。

それはすなわち、
観点の天動説から、観点の地動説へ
時代が変革していくということでもあり、
自分が憧れの人のようになるだけではなく、
自分やその人を含めた、人類全体の
魅力を底上げするということでもあるのです。

本日も読んでくださり
ありがとうございました。




ページトップ

メールマガジン登録