【20240419】なぜグローリアは迫害を必要とするのか 令和哲学カフェNo.909

おはようございます、ノ・ジェスです。

令和哲学カフェ8期では
人間尊厳危機、AI時代、基準点0時代
新しい基準点を必要とする時代
自分の考えで考えたい
核個人時代を生きる心人間がつくりだす
「組織化、勢力化とは」を深めてきました。
その続きとして「文化・文明とは」
どのような特徴・パターンを
持つようになるのかをテーマとして、
5人のSAMURAIと共に考えていきます。

今週はまとめ回で
金曜日侍の長岡美妃さんから、
目で見る文化から心で観る文化へと
チェンジさせていく日本文明の使命を
本居宣長、松尾芭蕉、東條英機を引用して
プレゼンテーションがありました。

東條英機は辞世の句で
「今、アメリカは仏法がないと思うが、
これが因縁となって、この人の国にも
仏法が伝わってゆくかと思うと、
これもまた有り難いと思うようになった」と、
1945年8月15日が因縁となって
真理(仏法)がアメリカにも伝わるのなら、
と運命を愛する
アモールファティの内容をよみました。

ディスカッションテーマは「なぜグローリアは
迫害を必要とするのか」でした。
真理が迫害を受けるゲームを
なぜつくったのかというと、
「無限大可能性(真理)」
という一個に固定されてしまったら
不可能性になります。
一個に固定されないために、
無限大可能性をすべて手放して
不可能性そのものの自分を生み出しました。

ですから、自分というのは存在・選択不可能な
スクリーンの中の自分なので残酷です。
自分の考え・感情が理解できない、
説明できない、統制できない、苦しい、
そんな体人間が幸せになったら
真理は困ります。

自分は不可能性そのものだとわかって、
悟って、自分に戻った時に、
ワンサイクルがわかります。
そしてみんなもわかるようにさせようと
伝えようとするのですが、
一般常識、日常感覚と全然違う
感覚や言葉ばかり言うので
迫害されて殺されてしまいます。
殺されたジーザスのように、
パイオニアたちはとにかく否定されるのです。

ですから愛の爆弾で1日で
真理をわかるようにさせる必要があります。
迫害を恐れたらいけません。日本も
地震、津波、火山、台風を恨まず、
残った人たちが団結して
超えていく訓練をとことんしています。
武士道のように
肉を切らせて骨を断つ訓練をしているので
負けた人の痛みがわかっています。
アメリカは飛行機でガムをかみながら
ゲームのように原子爆弾を落としました。
そんな西洋からの迫害も
受け入れているのが1945年8月15日です。

グローリアは真理へ
前進させることができたからこそ来るので、
迫害を受けるのが
当たり前と思わないといけません。
諦めずやり続けること、それが待つ美学です。
無視されても軽蔑されても
歓喜の笑顔をし続けることです。
人類全体を希望に変えていくためには
1945年8月15日のリテラシーが変わり、
昭和天皇の決断と覚悟と涙を
みんなで共有・共感しないといけないのです。

迫害を恐れず私たちが発信していかないと
広がっていきません。
グローリアジャパン!で行きましょう。

現在、令和哲学カフェは
令和哲学チャンネルにて
アーカイブが視聴可能になります。
ぜひお友達にもご紹介ください。

カテゴリー: 未分類 | 【20240419】なぜグローリアは迫害を必要とするのか 令和哲学カフェNo.909 はコメントを受け付けていません

【20240417】日本文明の終戦宣言の限界とは 令和哲学カフェNo.908

おはようございます、ノ・ジェスです。

令和哲学カフェ8期では
人間尊厳危機、AI時代、基準点0時代
新しい基準点を必要とする時代
自分の考えで考えたい
核個人時代を生きる心人間がつくりだす
「組織化、勢力化とは」を深めてきました。
その続きとして「文化・文明とは」
どのような特徴・パターンを
持つようになるのかをテーマとして、
5人のSAMURAIと共に考えていきます。

今週はまとめの週です。
木曜日侍のsherryさんから
総まとめのプレゼンテーションがありました。
sherryさんは、
日本文明をテーマに取り上げてきました。
そのうえで今回は、
1945年8月15日から
我々が何を学ぶことができるのか、
「日本文明の終戦宣言の限界とは」を
ディスカッションしました。

あの時に何が足りなかったかというと、
日本国民に
核爆弾は戦争犯罪行為であることの
認識がないことです。世界からみたら
アメリカを戦争犯罪国家にせず
恨まないことが、とんでもなく凄い境地です。
終戦宣言が
太平洋戦争を止めるだけではなく、
永遠の終戦宣言のようにみえてきます。

これをただの終戦宣言にしてしまったら
世の国々が戦争の準備をする中で、
日本は無防備過ぎます。
終戦宣言の裏に
日本は負けることのできない構造を持ち
とんでもない知恵・戦略を持っています。
ただそれが共有されていませんでした。
そのために
どんな戦略で、いつ、
どのくらい耐え忍べばいいのか分からずに
夢を持つことができない、
未来確信ができない、
勝利の確信ができない状態が起きています。

終戦宣言の弱点を補うためには
悪いことをして敗戦宣言をしたという
イメージをひっくり返さなくてはいけません。
敗戦宣言はアメリカの
戦争犯罪国家を正当化するため、という
アメリカの立場をわかることも大切です。

そして戦略を共有することが必要です。
コロナパンデミックのような
歓喜のパンデミックを
ピースリーダシップで攻めることが必要です。
そのことを我々は愛の爆弾と呼んでいます。
全世界に日本のイメージが
十分に伝達できる時が今、来たのです。

完全学問で全世界を悟らせていく
戦略がEXPOです。
点の外、脳の外、スクリーンの外、
当たり前の外、今までの学問・教育の外。
その状態へ1日で悟らせて、
一人一人が生産手段を持ち
個性が完成し、夢を持つことができます。
悟った状態で
価値プラットフォーム・宙船をつくるので、
すべての予測が可能になり
未来確信ができます。

そのようにすれば、
終戦宣言の弱点を補うことのできる
日本の世界戦略になり
終戦宣言がいかに賢い戦略なのか、
純度100%日本の時代が来た、
と反転させられます。

現在、令和哲学カフェは
令和哲学チャンネルにて
アーカイブが1週間視聴可能になります。
ぜひお友達にもご紹介ください。

カテゴリー: 未分類 | 【20240417】日本文明の終戦宣言の限界とは 令和哲学カフェNo.908 はコメントを受け付けていません

【20240416】AI時代に流行る祭文化とは 令和哲学カフェNo.907

おはようございます、ノ・ジェスです。

令和哲学カフェ8期では
人間尊厳危機、AI時代、基準点0時代
新しい基準点を必要とする時代
自分の考えで考えたい
核個人時代を生きる心人間がつくりだす
「組織化、勢力化とは」を深めてきました。
その続きとして「文化・文明とは」
どのような特徴・パターンを
持つようになるのかをテーマとして、
5人のSAMURAIと共に考えていきます。

今週はまとめの週です。
水曜日の侍は、安田真理さんです。
日本にとっての祭とは何か、に始まり
文化・文明とは何かという
これまでの振り返りの
プレゼンテーションがありました。そして
「AI時代に流行る祭文化とは」について
ディスカッションしました。

AI時代は
価値プラットフォームも完成し、
AIも、予測できるマスメディアもあるので
未来が予測できます。
解決される未来がみえるので、
創造を信じる能力である
未来確信能力が進化し、
問題発見したらそれが祭になります。
体を使って行動することで
理解する時代となり、
体を使うことでストーリーが生まれます。

問題発見したら対称性原理を使って
解決していく道がみえるので
想像を信じる能力、未来確信能力が
とても大事な時代になります。
問題によってどのくらいの
価値プラットフォームの大きさ(人数)を
投入すれば解決できるのかを
AIが計算するようになり
宙船とAIが一緒に活動するようになります。

AIの、
因果の中からの問題発見能力は限界です。
人間が1-5-1を使って脈絡でみて
足りないところを問題発見していきます。

祭は最高のエネルギーです。
名古屋の尊厳パレードでは
日本の天下統一を予祝します。
現在上映中の
『オッペンハイマー』の映画に対して
日本も日本文明の映画で
アピールするべきです。

昭和天皇の決断・覚悟で
日本文明を犠牲にしながらでも
人類を救済する道を歩んだということ、
天皇の終戦宣言に従ったけれど
日本国民の負けていない心も
しっかりアピールすることです。
日本はリーダーとフォローのチームプレーが
とんでもない共同体なのです。

映画一つで
日本の深さを示せる時代になっています。
今は核爆弾が戦争犯罪であると
全世界がわかるようになっています。
映画一本で世界がひっくり返ります。
純度100%の心で日本がメッセージして
ピースリーダーシップをとるのです。

現在、令和哲学カフェは
令和哲学チャンネルにて
アーカイブが1週間視聴可能になります。
ぜひお友達にもご紹介ください。

カテゴリー: 未分類 | 【20240416】AI時代に流行る祭文化とは 令和哲学カフェNo.907 はコメントを受け付けていません

【20240414】AI時代のマスメディアのあり方はどうあるべきか 令和哲学カフェNo.906

おはようございます、ノ・ジェスです。

令和哲学カフェ8期では
人間尊厳危機、AI時代、基準点0時代
新しい基準点を必要とする時代
自分の考えで考えたい
核個人時代を生きる心人間がつくりだす
「組織化、勢力化とは」を深めてきました。
その続きとして「文化・文明とは」
どのような特徴・パターンを
持つようになるのかをテーマとして、
5人のSAMURAIと共に考えていきます。

今週はまとめの週です。
火曜日の侍の森貴司さんは
インターネット、文明と数学、音楽と宗教、
メディアの文化・文明の整理をしてきました。
その中で特に現代に影響力の強い
数学とメディアの軸で年表形式にした
総まとめのプレゼンテーションがあり
最後に、文化化・文明化にいつも起きる
勢力争いは、現実・情報と
どう向きあうのかということが
重要だという問題提起がされました。

マスメディア権力は今まで
人間の文化・文明をアレンジして
秩序を維持できるようにしてきました。
しかし情報知識の大爆発により
力を発揮できないでいます。
AI時代のマスメディアのあり方は
どうあるべきなのでしょうか。

AI自身もハルシネーションを起こす中で
AIのミステイクを統制できる
コミュニティを持たないと
マスメディアの運営ができなくなってきます。
人間最高の尊厳機能を
発揮できるように誘導するのが
AI時代のマスメディアの
用途・機能・目的になるべきですが
AI時代のマスメディア運営をするには、
何が絶対条件になるのでしょうか。

AI時代のマスメディアの条件は
人間しかできない、
人間の尊厳機能、最高機能を
無限大発信し続けることができる、
文化自体を土台として
情報知識を発信できることです。
情報知識が多すぎると、人間の記憶が消え
感情が消え、涙が消える問題が起こります。
情報が多すぎて
理解ができなくなった状態から、
行動しながら体得させていくのです。
それをさせるのが、感情を伴う反復行動です。
何を反復して習慣化するのかが重要です。

体系的秩序の最小単位を活用する
「1-5-1言語(完全言語・デジタル言語)」
を反復して使うことで、
すべての情報を溶かして分解し、
整理できるようになります。
知っている世界、因果論理から
自由になり、心の器が大きい人たちが、
1-5-1を使ってすべての情報知識の
整理整頓ができるので
洗練的蓄積が起こります。

炭とダイヤモンドは同じ炭素ですが
きれいな反復行動を繰り返し
蓄積することでダイヤになり、
それができなければ炭になります。
人間も同じで、
洗練された反復行動の蓄積により
尊厳機能を発揮できるのです。
情報知識の大爆発が起こっても負けずに
神や仏も道具にし、最先端の情報も
脈絡からの整理整頓ができるので、
方向性も知らせることができます。

1-5-1言語を反復する人たちが
量産されていけば、信頼関係の構築された
未来確信をもつ勢力となっていきます。
ベストビーイングマスメディアを共に
つくっていきましょう。

現在、令和哲学カフェは
令和哲学チャンネルにて
アーカイブが1週間視聴可能になります。
ぜひお友達にもご紹介ください。

カテゴリー: 未分類 | 【20240414】AI時代のマスメディアのあり方はどうあるべきか 令和哲学カフェNo.906 はコメントを受け付けていません

【20240412】資本主義・科学技術が超えられない宗教を超える日本文明 令和哲学カフェNo.905

おはようございます、ノ・ジェスです。

令和哲学カフェ8期では
人間尊厳危機、AI時代、基準点0時代
新しい基準点を必要とする時代
自分の考えで考えたい
核個人時代を生きる心人間がつくりだす
「組織化、勢力化とは」を深めてきました。
その続きとして「文化・文明とは」
どのような特徴・パターンを
持つようになるのかをテーマとして、
5人のSAMURAIと共に考えていきます。

今週はまとめの週です。
まずは、月曜日の侍の川名哲人さんから
総まとめのプレゼンテーションがありました。
川名さんは、
キリスト教をテーマに取り上げてきました。
そのうえで今回は、
どうして資本主義・科学技術は
今までの宗教を完璧に超えられなかったのか
宗教を超える文化・文明は
どのように可能なのかを
ディスカッションしました。

資本主義・科学技術が
宗教を超えられない理由は演繹だからです。
宗教は演繹なのに対して
資本主義・科学技術は帰納ですが
帰納が演繹を超えることはできないのです。

では、宗教の演繹と
nTechの演繹の違いは何でしょう。
それは、第一原因と今ここ目の前の現実を
完璧にひとつに結びつけました。
スピードを完璧に悟り知っているnTechは
目の前の現実が何も変わっていないのに
すべてが変わっていることが認識できます。
疑っても疑っても疑っても
疑えないのがnTechです。

そして、何よりも宗教を超えていくためには
迫害を受けることが必要ですが
日本は誰よりも迫害を受け
ニーチェの言う
「砂漠のラクダ」を通過してきました。

明治維新を起こした日本に
核爆弾が落とされたのをみて
天皇が苦渋の決断と覚悟をして
運命愛を受け入れる
アモール・ファティの道を選びました。
アメリカを恨まず受け入れたことで
核爆弾の連鎖を止めた
歴史的な実績があるのです。

今のアメリカやヨーロッパは
もう潰れていると言えるほどの状態です。
ポケットに手が入るだけでも、
びびってしまうような社会なのです。
オッペンハイマーの映画も
追い風となっています。
本当に日本から
愛の爆弾をつくっていく
最高のタイミングです。

日本の宙船
人類救済プロジェクトは
必ず勝利するでしょう。

現在、令和哲学カフェは
令和哲学チャンネルにて
アーカイブが1週間視聴可能になります。
ぜひお友達にもご紹介ください。

カテゴリー: 未分類 | 【20240412】資本主義・科学技術が超えられない宗教を超える日本文明 令和哲学カフェNo.905 はコメントを受け付けていません

【20240411】令和哲学カフェ特別企画 第43回ブックダービー「知のB1」特別企画 開催報告

おはようございます、ノ・ジェスです。

先日は、令和哲学カフェ
特別企画として好評の
ブックダービー「知のB1」第43回を
開催しました。

情報・技術・知識・姿勢態度を
「馬」としたときに、
どんな馬に乗るのかによって
人生は大きく変わります。
本当に必要で価値ある情報とは何なのか。
「この時代の人たちに一番読んでほしい本」
ナンバーワン決定戦として
リテラシー力を競う、全く新しい
知的エンターテインメントゲームです。

「Beyond Crisis」シリーズがスタートし
1、気候変動をはじめとする環境破壊の危機
2、SDGsを掲げるも進展がみえない
持続不可能な危機
3、AI活用による尊厳破壊の危機
4、貧富格差による共同体破壊の危機
5、人間関係が築けないことによる
少子高齢化の危機
という5大危機に関連する本を取り上げ
深めていきます。

今回も甲乙つけがたい
素晴らしい本ばかりでしたが、ゲーム感覚で
以下の順位をつけさせていただきました。

第1位 中小原 久美 騎手 
『今日、誰のために生きる?
—-アフリカの小さな村が教えてくれた
幸せがずっと続く30の物語』
ひすいこたろう、SHOGEN 著
アフリカのブンジュ村を訪れた著者が、
誰もが今ここ自分らしく
歓喜あふれる人になってほしいと願う
村長さんから日本に託された
メッセージの数々を紹介しています。
私もJAPAN MISSIONを
何よりも大切にしているので、
今回はこの本を1位とさせていただきました。

第2位 瀬戸 春子 騎手 
『ロバート・オッペンハイマー
――愚者としての科学者』藤永 茂 著
人間の生活を豊かにした
科学技術の果てに生まれた原爆について、
今一度理解することの必要性を感じます。

第3位本橋 てるみ 騎手 
『老いる勇気 これからの人生をどう生きるか』
岸見 一郎 著
人間の平均寿命が延びていく現代、
シニア世代ではストレスや
孤独を抱えている人が多くなっています。
そんな現状に対して、
人生の本質や真理を理解して考えることの
大事さを伝えている本です。

第4位 住吉 朋子 騎手
『ハチはなぜ大量死したのか』
ローワン・ジェイコブセン、中里 京子 著
地球温暖化、気候変動については
取り上げられることはあっても、
蜂の大量死について報道されることは
少ないと思います。
この本はささいなことが積み重なることで
大きな事件に繋がる危険があるということを
考えさせてくれる1冊です。

第5位 西山 美峰 騎手
『2030年ジャック・アタリの未来予測
―不確実な世の中をサバイブせよ!』
ジャック・アタリ 著、林 昌宏 翻訳
世界的危機的状況、環境問題への
技術的イノベーションを
様々な角度から書いています。
世界が滅亡に向かっている中で
あきらめるのではなく、一人一人が
どうやって生きていくのがいいかを
伝えてくれる内容になっています。

今の時代は気候変動、地球温暖化の問題で、
2年以内に人間の生き方を
転換させないといけないと言われています。
そして、環境問題だけではなくAIも登場し、
尊厳の危機が深刻化しているのが
今の時代です。
この時代の危機を唯一無二解決できるのが
日本文明なのです。
人間一人一人が真理そのものになれる、
認識技術を通して
未来技術として提案しています。
共に人間の尊厳時代を大反転させて
歴史の主人公になりましょう。

今回の第43回のアーカイブ視聴は
こちらからご覧ください。
https://www.youtube.com/watch?v=JKMMm4UD8zk

カテゴリー: 未分類 | 【20240411】令和哲学カフェ特別企画 第43回ブックダービー「知のB1」特別企画 開催報告 はコメントを受け付けていません

【20240409】日本文化の神髄を世界に知らせるには 令和哲学カフェNo.904

おはようございます、ノ・ジェスです。

令和哲学カフェ8期では
人間尊厳危機、AI時代、基準点0時代
新しい基準点を必要とする時代
自分の考えで考えたい
核個人時代を生きる心人間がつくりだす
「組織化、勢力化とは」を深めてきました。
その続きとして「文化・文明とは」
どのような特徴・パターンを
持つようになるのかをテーマとして、
5人のSAMURAIと共に考えていきます。

金曜日の侍は長岡美妃さんです。
今回は「日本文化と自然愛」をテーマに、
虫の音やカエルの鳴き声を楽しむ日本人と
それを雑音としか感じない西洋人との
脳の使い方の違いや、
言語や絵画の表現方法の違いなどについて
プレゼンテーションがありました。
そして、「日本文化の神髄を
世界に知らせるためには何が必要か?」
についてディスカッションしました。

日本の美学は、永遠から
刹那をつかみ取る究極のシンプルです。
わびさび、もののあはれと表現されます。
この日本の美学をみる目を持つには、
ロゴスのレベルで1-5-1によってみることです。
純度100%の心で、
時間•空間•ポジションがないところから
今ここをみます。

「存在が認識するのではなく、
認識が存在させる」
そこからみて、どこまで認識できるか?
どの音まで聞こえるか?が大切です。
人類の歴史・文明の流れの中で、
この人間の苦しく悲しく辛い世界を
どうすればいいのでしょうか。
今ここみる行為の中で、どうすれば
真理そのものの自分になれるのでしょうか。

それは、永遠から刹那をつかみ取ること・
今ここ間をみることです。
認識できる範囲が自分になっていくからです。
源泉動きまで認識できた時に、
自分が真理そのものになって
解放されていきます。
今ここみる文化で、
自分をどう思うかによって
愛の深さ・広さが決定されます。
「今ここみる」のが生命エンジンであれば、
「自分をどう思うか」は精神エンジンなのです。

心時代はもう来ています。
咲く桜、日本の時代が始まります。

現在、令和哲学カフェは
令和哲学チャンネルにて
アーカイブが1週間視聴可能になります。
ぜひお友達にもご紹介ください。

カテゴリー: 未分類 | 【20240409】日本文化の神髄を世界に知らせるには 令和哲学カフェNo.904 はコメントを受け付けていません