column

Noh Jesuメルマガ

【20180723】これからのAI時代に必要なスキルとは?

おはようございます。ノ・ジェスです。

本日も、心が痛まない社会を創る
リーダーを応援するメッセージを発信しています。

■認識技術(nTech)とは?

科学技術が、
脳の観点を基準点にした
ものの見方(観点の天動説)により、
個々の部分を観察する事物認識で
PC(Personal Computer)時代や
AI(人工知能)時代を築きあげた技術であるならば、

認識技術(nTech)は、
観点を移動、上昇させた
心の新素材を基準点とした
ものの見方(観点の地動説)と認識OSにより、
クローズ界の全体を統察する事件認識で
PU(Personal Universe)時代と
GI(集団知性体)時代を創建する技術です。

■■コラム これからのAI時代に必要なスキルとは?

先日20代の若者から、これからの
AI時代に必要なスキルは何ですか?
と質問を受けました。

彼はインターネットで世界中の
色んな情報を得るのが好きで量子論や
シンギュラリティなども調べていく中、
自分の将来についても考えるようになったそうです。

AIが台頭して、既存の仕事の半数以上が
なくなっていくこの時代に、自分はこのまま
今と同じような学生生活を送っていていいのだろうか。

もっと将来を見据えた上で必要なスキルを
身につけるべきなのではないかと考えて、
ほかの大学の研究室にも席を置いたり、
会社のインターンもやりながら
方向性を模索しているのだそうです。

本当はもっと色んな人に相談したいけど、
学校の友達はこのような話には
あまり関心がなく両親も古風な考え方なので
彼の思っているような本音を話せたり、
相談できる人がいないそうです。

どうせ働くのなら
これからの時代に必要とされて、
世の中の役に立つことをしたいし、
枠にはめられたような仕事ではなく、
クリエイティブな仕事をしていきたい。

電車でよく見る疲れた覇気のない
大人たちのようには絶対になりたくないと
日々感じているそうです。

では、
これからのAI時代に必要なスキルとは何でしょうか?

今は人間代行者となる
AIが登場してくる時代ですので、
これまでの生き方モデルや
成功モデルでは通用しなくなります。

あなた自身が新しい生き方の
モデルになることが大切であり、
そのためにはまず、
人間とは何なのか?、生きるとは何なのか?
この答えを明確に得る必要があります。

これまでの人間は
5感覚脳を基準にした認識方式によって
自分や周りの環境が「ある」と思い込んで生きてきました。

しかし、それでは、
周りの環境からの影響をいつも受け続け、
機械的条件反射を
繰り返すような生き方になってしまいます。

機械的条件反射の中で生きていては、
本当の意味での主体性を持つことはできず、
AIに太刀打ちできません。

まずは、5感覚脳を基準にした
「ある」出発の認識方式から
「ない」出発の認識方式に変化すること。

すなわち、5感覚脳の
観点の外に出るということであり、
そのためのスキルがとても重要になってきます。

そして、自分がない、存在がない、
全ての存在をほどいたオールゼロ化感覚を得ること。

「ない」ところから「ある」に変化する
変化の仕組みを知り、
自らの自由選択意思によって、理想となる
新しい生き方のセッティングをすることが大事です。

それによって本当の意味での主体性を持った
生き方モデルを創造することができます。

一人ひとりの無限の可能性を花開かせる
クリエイティブあふれる生き方は、
これからの時代の新しい生き方モデルです。

本日も読んでくださり
ありがとうございました。



【20180720】結婚できない悩みを解決するには?

おはようございます。ノ・ジェスです。

本日も、心が痛まない社会を創る
リーダーを応援するメッセージを発信しています。

■認識技術(nTech)とは?

科学技術が、
脳の観点を基準点にした
ものの見方(観点の天動説)により、
個々の部分を観察する事物認識で
PC(Personal Computer)時代や
AI(人工知能)時代を築きあげた技術であるならば、

認識技術(nTech)は、
観点を移動、上昇させた
心の新素材を基準点とした
ものの見方(観点の地動説)と認識OSにより、
クローズ界の全体を統察する事件認識で
PU(Personal Universe)時代と
GI(集団知性体)時代を創建する技術です。

■■コラム 結婚できない悩みを解決するには?

ある年齢を過ぎても独身だと
結婚に対して焦りが出てくる人はいます。

例えば、友人や同僚の結婚式に
呼ばれる機会なども増えるでしょうし、
周りがどんどん結婚していく現実を見ると
自分だけ取り残されたように感じてしまう。

親からは結婚を急かされるので、
そんな親を早く安心させたいという
気持ちもあるし、子どもだって早くほしい。

このままずっと独り身でいるのは嫌なので、
人生を共にするパートナーを見つけて早く結婚したい。

そんな思いで頑張って婚活はしているけど
なかなか良い話にまでは発展しない。

このように幸せなパートナーシップや
結婚をしたいと思っていても
なかなかそれが実現できないという
悩みを持っている人は多いと思います。

では、
このような悩みを解決し、
幸せな結婚を実現するためにはどうすればよいのでしょうか?

それにはまず、結婚を望む前に
「自分は何者なのか」を知る必要があります。

自分を知らずに、どうやって
他人を愛することができるでしょう。

自分は何者なのか?
人間とは何なのか?

それを知らなければ、
人間はこう生きるべきだという
人間本来の生きる道や共通のビジョンもわかりません。

だから自分個人のビジョンや価値もわかるはずがない。

それだと、自分の生きる道に対して
自信を持つことはできず、
共通のビジョン、共通の目的、
共通の価値観を持った
パートナーを得ることは難しくなります。

自分がどんな生き方をしたいのか?
それがわからなければ、
そもそも結婚とは何なのか?
なぜ結婚するのか?
それもわからなくなるはずです。

このような状態で
パートナーと出会おうとすることは、
厳しい言い方をすれば孤独からの逃避になります。

わからなくて不安だし、孤独だから
なんとかしようとして
パートナーに逃げた結果の結婚となってしまうのです。

「みんなが結婚するから結婚する」
というのもおかしな話ですし、実際、
その状態で結婚しても難しいと思います。

人間の本質と価値が明確にわかったときに
「自分はどう生きるべきか」という
自分の道と相手の道も明確にわかり、
それらを融合させることができます。

共通の土台から出発する
お互いの夢を次元上昇させたその道を
ともに開発開拓しようと思ったときに
パートナーシップのスイッチが入るのです。

自分と自分の宇宙が消えて、
宇宙の外に出てみれば、
いかに自分が尊い人間なのかがわかります。

そうなれば相手の話を聴く
心のゆとりもできるし、相手を尊重し、
チームプレーやパートナーシップも進化します。

自分が追求するビジョンと
相手が追求するビジョンを融合した
社会的な安定、すなわち、
幸せな結婚を実現できるようになるのです。

本日も読んでくださり
ありがとうございました。



【20180718】集中力を保つことができないのはなぜか?

おはようございます。ノ・ジェスです。

本日も、心が痛まない社会を創る
リーダーを応援するメッセージを発信しています。

■認識技術(nTech)とは?

科学技術が、
脳の観点を基準点にした
ものの見方(観点の天動説)により、
個々の部分を観察する事物認識で
PC(Personal Computer)時代や
AI(人工知能)時代を築きあげた技術であるならば、

認識技術(nTech)は、
観点を移動、上昇させた
心の新素材を基準点とした
ものの見方(観点の地動説)と認識OSにより、
クローズ界の全体を統察する事件認識で
PU(Personal Universe)時代と
GI(集団知性体)時代を創建する技術です。

■■コラム 集中力を保つことができないのはなぜか?

集中力がなく気が散ってばかりだという
20代の男性から話を聞きました。

例えば、仕事中、メールやLINEが気になり
ついついスマホをいじってしまったり、
人から言われた嫌なことが頭から離れず、
その事ばかりを考えてしまって、
今やらなければならないタスクに
集中することができないなど。

やるべきことの優先順位はわかっていても
つい目先のことに飛びついてしまったり、
今考えなくてもよいことに
気を取られて余計な時間を使ってしまう。

気が散って集中できないため、
当然仕事のパフォーマンスも上がらない。

もっと充実した時間の使い方をしたいし
きちんとした成果もあげたい。

そう思ってはいても
なかなか集中力を保つことができない、
そんな自分を変えたいとの事でした。

では、
なぜ集中力を保つことができないのでしょうか?

集中力を保てないのは、
無駄な考えが脳内を占領しているからです。

人間の脳は、周りからの刺激や
人から言われた嫌な過去の記憶などに
機械的条件反射してしまう癖をもっています。

なので、周りの環境や状況によっては
機械的条件反射から生まれる
無駄な考えで頭がいっぱいになり、
気が散って集中力が失われます。

周りの環境や状況に捕らわれるのではなく
それを超越した心になることが大事です。

「無我夢中」という言葉があるように
我を忘れて何かに熱中し、他のことを
考えられないような没入集中状態を創るには
まずは無我状態、つまり自分を無くすことが必要です。

そして、その為には、
自分とは何かを明確に知る必要があります。

人間は生まれた瞬間から
脳の初期設定によって自分の観点に固定し、
自分と自分の宇宙に固定し、
周りの環境からの影響を受け続けて生きています。

自分の観点に固定されない、
自分と自分の宇宙に固定されない、
大自由の自分に出会う必要があります。

この体の自分とその自分の宇宙を無くし、
機械的条件反射の因果を超越した
心そのものの真実の自分、すなわち、
自分と自分の宇宙を生滅させる動きそのもの
無限の可能性そのものの真実の自分です。

nTech(認識技術)は、
いつでもどこでも自分の意志で
没入集中を創れる自分に出会える技術です。

本日も読んでくださり
ありがとうございました。



【20180716】自分の感情に振り回されないためには?

おはようございます。ノ・ジェスです。

本日も、心が痛まない社会を創る
リーダーを応援するメッセージを発信しています。

■認識技術(nTech)とは?

科学技術が、
脳の観点を基準点にした
ものの見方(観点の天動説)により、
個々の部分を観察する事物認識で
PC(Personal Computer)時代や
AI(人工知能)時代を築きあげた技術であるならば、

認識技術(nTech)は、
観点を移動、上昇させた
心の新素材を基準点とした
ものの見方(観点の地動説)と認識OSにより、
クローズ界の全体を統察する事件認識で
PU(Personal Universe)時代と
GI(集団知性体)時代を創建する技術です。

■■コラム 自分の感情に振り回されないためには?

先日、20代の女性から
自分の感情に振り回されてしまう
というお話しを聞きました。

感情の浮き沈みが激しくて
さっきまで笑っていたのに
急に怒りたくなったりイライラしたり、
泣きたくなったり、
まるで気分はジェットコースターのように
上がったり下がったり、
自分が自分についていけない感覚で疲れてしまう。

そんな生活をずっと繰り返しているので
自分でもどうしたらよいのかわからない。

どう感情をコントロールすればよいのか
まったくわからずに苦しいそうです。

さらには自分の中で
「感情に振り回される=駄目な人間」
といった思い込みもあり、つい自己否定にも
走ってしまいがちで、そうなると
なおのこと感情の波を抑えられなくなってしまいます。

自分の感情を抑えたくても抑えられない。

このような悩みを持っている方はいると思います。

では、
皆さんは「感情」はどこからくると思いますか?

感情とは、
自分の無意識の中にあるイメージが
外からの何らかの刺激に反応して、
その反応が表現として外に現れているものです。

普段私たちは出来事や対象(人など)が原因で
感情が出ると思っているかもしれませんが、
それは原因ではありません。

感情はあなたが無意識の中で持っている
過去につくられたイメージからくるのです。

つまり、どんなイメージを持っているかで
外からの刺激によって、
現れる感情も決まってくるということです。

そして更にそのイメージは、私たち
一人ひとりの過去の経験の蓄積からくる
アイデンティティ(自分のあり方)によって
つくられているので「自分をどう思うのか」
というあり方を変化させることがとても大事です。

しかし、実はこのアイデンティティには
人間共通の本質的な限界が隠れています。

「この体の範囲が自分」だという
固定したアイデンティティを初期設定しているところです。

目に見える体の範囲を人間だと
規定している人間観(イメージ)のままでは
必ず自分以外の誰かとの相対評価に縛られ、
自分のゲームを自分で評価できなくなり、
自分の感情をコントロールすることもできず
出来事や対象(人など)に振り回される人生になってしまいます。

人間5感覚脳の初期設定を知り、
「人間とは何か」を明確にすることで
真実の無限のアイデンティティである
本当の自分に出会うことができます。

nTech(認識技術)は、
5感覚脳の観点の外、ゲームの外に出て
観点が生まれる仕組みをわかり
自分のゲームを自分が設計できて、
自分が経験したい感情を自分が設計する、
感情の設計士になれる技術です。

そうなることで
感情に振り回される人生から
感情を自己表現の道具として
効果的に使いこなせるようになります。

本日も読んでくださり
ありがとうございました。



【20180713】世界を変えるのに必要なたったひとつのカギとは?

おはようございます。ノ・ジェスです。

本日も、心が痛まない社会を創る
リーダーを応援するメッセージを発信しています。

■認識技術(nTech)とは?

科学技術が、
脳の観点を基準点にした
ものの見方(観点の天動説)により、
個々の部分を観察する事物認識で
PC(Personal Computer)時代や
AI(人工知能)時代を築きあげた技術であるならば、

認識技術(nTech)は、
観点を移動、上昇させた
心の新素材を基準点とした
ものの見方(観点の地動説)と認識OSにより、
クローズ界の全体を統察する事件認識で
PU(Personal Universe)時代と
GI(集団知性体)時代を創建する技術です。

■■コラム 世界を変えるのに必要なたったひとつのカギとは?

ITビジネスを手掛け、人材育成にも
力を入れているという若手実業家の男性にお会いしました。

子どもの頃から世の中に対する問題意識があり
世界を変えたいという志をもっていた彼は
学生時代からさまざまな活動をしてきたそうです。

在学中から社会人と組んで
福祉事業を立ち上げたり、
言葉の壁を越えた音楽事業を通して
メッセージを伝えようとしたり、
広く世界の人とディスカッションをしたり、
著名人に会って意見を交わすこともあったそうです。

さまざまな活動を重ねるうちに
自分のことを信頼してもらい、
どんどん人もついてきてくれるようになった。

一見、順調そうに思えるそんな彼には悩みがありました。

それは、自分に世界を変えるなんて
無理なのではないか、というもの。

自分が起こせる変化なんて微々たるもので、
いくら声高に世の中を変えたいと
言ったところで自分が影響を及ぼせる範囲は
所詮、限られているのではないか。

実際、世界は数%の人に牛耳られているし、
一個人がちょっとやそっと動いたところで、
その影響範囲は世界を変えるほどにまでならないのではないか。

動けば動くほどそのジレンマに苦しくなるそうです。

では、
一個人が世界に与える影響は本当に微々たるものなのでしょうか?

一個人に世界を変えることは無理なのでしょうか?

未来学者アルビントフラーが
その著「富の未来」で人間に対する再定義を
述べたように、今時代は、人間に対する
捉え方を大幅に見直すべきときに来ています。

「この体の範囲を自分」と規定して
その自分から見たときには、
自分はちっぽけな存在だと思ってしまう。

それが今まででした。

しかし、これからは違います。

今私たちは、人間に対する
イメージの大転換が起きる時代にいます。

I am 変身学と呼称していますが、
nTech(認識技術)によって
自己イメージの大変革が起きることで、
体の人間は実在するものではなく、
宇宙をウルトラスピードで創造破壊する
大自由の「ひとつの動き」そのものが
自分であるという真実の自分に出会えるのです。

絶対尊厳「ひとつの動き」そのものが
本来の自分であるというアイデンティティの
革命によって、自己絶対肯定、
不動心を得ることができ、揺るがない
無限大の自信を伴った自分になれるのです。

世の中を見渡すと多様な変化がありますが、
その中でも本当に意味価値のある変化は
アイデンティティの変化だけです。

さらにそのアイデンティティの変化の中でも
一見、世界に与える影響が
ほんの僅かだと思えるような人の変化ほど、
社会全体の変革にとっては、
もの凄く重要な意味をもっています。

そのような人たちの変化によって
社会全体が底上げされていくからです。

アイデンティティの変化を起こした人たちが
結集することで世界を牽引していく、
そんな魅力溢れる日本になれます。

一人でも多くの日本の皆さまに
この大自由の本当の自分に出会ってほしいと切に願っています。

本日も読んでくださり
ありがとうございました。




ページトップ

メールマガジン登録