column

Noh Jesuメルマガ

【20171117】自分の考えがわからないときには?

おはようございます。ノ・ジェスです。

本日も、心が痛まない社会を創る
リーダーを応援するメッセージを発信しています。

■認識技術とは?

科学技術が
物質を変化、移動させ
世の中を便利にし
人間の体に満足と快適さを与える技術であるならば

認識技術は
観点を変化、移動、上昇させ
人間の心を最高にスッキリ、ワクワク
健康な状態に案内する技術です。

■■コラム 自分の考えがわからないときには?

就職活動中の大学生の女性から
「自分の考えがわからない」
という相談を受けたことがあります。

頭の中では
さまざまな考えで溢れているけど
これから自分がどうしたいのか
本当の考えが分からないそうです。

家では両親
大学では教師や友人など
周りの評価や指示に従ってばかりで
自らの考えで物事を
進めてきたという経験も少ないそうです。

これから大学を卒業し
社会に出ることを思うと
このままの自分で大丈夫なのかと
不安になる気持ちもわかります。

では、
このような悩みを解決するには
どうすればよいのでしょうか?

それは「考えの走る道」を理解することです。

何をどのように考えればよいのか?

人間には「正しく考える」ための道があり
そこを抑えておくことは重要です。

その為には
なぜ考えが生まれるのか?

その原因と仕組みも理解する必要があります。

これが分からなければ
自分の意思には関係なく
終わりなく考えが出てきてしまうので
目先の環境に条件反射しながら
その考えを処理することで
精一杯の毎日になってしまいます。

考えに支配され
考えの奴隷となり
自分ではとても統制できない状態です。

正しい考えとは
この現実が
統制不可能なゲームであることの
明確な理解から始まります。

この時代に存在する
多様な問題を一掃する
もっと大きな問題である
「観点の問題」を知ることです。

正しい考え方をすれば
必ず考えからは卒業できます。

目先の問題に悩むことはなく
考えたい時にだけ考えて
あとは、いかにチームプレーで実践するのか?

そこに向かいます。

これから自分がどうしたいのか?

その答えを分かっている人たちは
美学実践の時代を創っていく人たちなのです。

本日も読んでくださり
ありがとうございました。



【20171115】魅力ある人間になるには?

おはようございます。ノ・ジェスです。

本日も、心が痛まない社会を創る
リーダーを応援するメッセージを発信しています。

■認識技術とは?

科学技術が
物質を変化、移動させ
世の中を便利にし
人間の体に満足と快適さを与える技術であるならば

認識技術は
観点を変化、移動、上昇させ
人間の心を最高にスッキリ、ワクワク
健康な状態に案内する技術です。

■■コラム 魅力ある人間になるには?

人と接することが苦手で友達もいない。

自分の外見や性格も気に入らず
結婚や恋愛も諦めている。

自分には人としての魅力がないと
思い込んでいる人がいます。

誰かと知り合ったり
何かのグループに入っても
すぐに関係を遠のけてしまい長続きしない。

本当はもっと深く
人と関わってみたいけど
傷つくのが怖くて
いつも一人を選択してしまう。

もっと魅力ある人間になりたいと
願っている人は意外に多いものです。

では、
宇宙全体の仕組みからみて
あなたという存在の価値は
どのように生まれたのでしょうか?

例えば、ボールペンは
ボールペンではない素材が集まって
形ができて、ボールペンという
用途、機能、価値が生まれます。

宇宙全体の仕組みからみれば
エネルギーが集まって光が生まれ
もっと集まって物質が生まれ
更にもっと集まって生命
更にもっと集まって精神が生まれます。

どれくらい人を惹きつけ
人がついてくるのか?

それが魅力だとしたら
他の人よりも深い魅力を持っていれば
より多くの人を惹きつけられます。

深い魅力とは?

今まで地球上に生まれた
どんな人間にも持っていない
希少性、差別性
簡単に真似できない
「何か」を持っていることです。

人間の普遍的な欲望を
満足させることができる
「何か」を持っていれば
多くの人を惹きつけられます。

その為には
世界の根源、宇宙の根源を
悟り知ることが、大事であり
それが必要な時代にもなっています。

すなわち
宇宙の成り立ち、仕組みを
明確にわかる必要があるということです。

本日も読んでくださり
ありがとうございました。



【20171113】過保護や過干渉から自立するためには?

おはようございます。ノ・ジェスです。

本日も、心が痛まない社会を創る
リーダーを応援するメッセージを発信しています。

■認識技術とは?

科学技術が
物質を変化、移動させ
世の中を便利にし
人間の体に満足と快適さを与える技術であるならば

認識技術は
観点を変化、移動、上昇させ
人間の心を最高にスッキリ、ワクワク
健康な状態に案内する技術です。

■■コラム 過保護や過干渉から自立するためには?

子どものことが心配で
過保護や過干渉になってしまう親がいます。

最近では
過保護をテーマにした
ドラマも放映されたくらい
この問題は、現代の日本を
象徴している現象のように思えます。

子どもを愛するあまりに
良かれと思ってやっていることが仇となり
自分の力で考えることや
選択できない子どもを増やしています。

自分に自信が持てなくて
意思を伝える力も育たないまま
大人になっていくことも多いです。

子どもは成長するにつれて
親から自立したいと思うものですが
その頃までに出来あがった
親子の関係性を変化させることは難しく
なかなか、その依存関係から
抜け出すことができなかったりします。

もちろん、そこには
現代の競争社会や
エゴ満足を優先する不信社会などが
大きく関わっているので
親だけが問題なのではありません。

では、
このようなエゴ満足の依存関係から卒業し
自立した親、自立した子どもが育つ
社会を創るためには
何が必要なのでしょうか?

そのためには、まず
「自分自身をどう思うのか」という
アイデンティティが重要になります。

「この体の範囲だけが自分」

という境界線を引いた
有限のアイデンティティではなく
境界線のない可能性そのものの
無限のアイデンティティである
本当の自分に出会うことが必要です。

今まで人類は
体の範囲だけが自分だと思い込んでいました。

しかし、量子力学が
当たり前になっている現代では
体から心への
シフトチェンジの必要性を
主義主張する人はどんどん増えています。

認識技術では
この現実は感覚の結果物だと規定しており
体の感覚に依存して
自己アイデンティティを決めるのではなく
オールゼロ感覚を心得した
人間に対する再規定の必要性を強調しています。

そうすることで
アイデンティティ、エネルギー
イメージ、感情、思考、表現
イメージ体系などの
すべてを自分で統制可能になります。

すなわち
本当の意味での自立が可能になります。

オールゼロ化した
無限のアイデンティティと出会うことで
自立した親、自立した子どもによる
新しい家族や人間関係を創ることができます。

本日も読んでくださり
ありがとうございました。



【20171110】理想的な会社が見つからないときは!?

おはようございます。ノ・ジェスです。

本日も、心が痛まない社会を創る
リーダーを応援するメッセージを発信しています。

■認識技術とは?

科学技術が
物質を変化、移動させ
世の中を便利にし
人間の体に満足と快適さを与える技術であるならば

認識技術は
観点を変化、移動、上昇させ
人間の心を最高にスッキリ、ワクワク
健康な状態に案内する技術です。

■■コラム 理想的な会社が見つからないときは!?

新人や若手社員の方から
理想的な会社が見つからない
という話をよく聞きます。

入社時に期待していた
会社へのイメージとの違いから
挫折してしまう人も多いようです。

もともと
社会に貢献したくて会社に入っても
その会社の商品や技術などの価値が
この時代、この社会に
どれだけ貢献できているのかが分からない。

また、その価値を
情熱と確信をもって
ワクワクしながら
語っている先輩や上司もいない。

そんな会社の雰囲気に
絶望してしまうのだと思います。

希望を抱いて入社した会社が
どこに向かっているのか分からず
自分でも何をどうしたらよいのか
さっぱり分からない。

これでは
挫折してしまうのも無理はありません。

では、
このような若者は
どうしたら希望をもてるようになるのでしょうか?

それは
普遍的な病気モデルの診断と
普遍的な健康モデルの処方をすることです。

「普遍的」というからには
全てに適応できなければなりません。

人・組織・商品・ビジネスモデルなど
全てに共通する
病気モデルと健康モデルを明確にして
病気状態から健康状態にさせることです。

会社に理想を求め、期待するのではなく

「今の会社は病んでいるんだ。
この病気を自分がドクターになって治すんだ」

という気概をもって
認識技術をマスターし
会社や社会に貢献する姿勢が大事です。

ブログにも記事を書いていますので
ぜひご覧ください。

http://blog.noh-jesu.com/entry/2017/08/06

本日も読んでくださり
ありがとうございました。



【20171108】学校がつまらない理由

おはようございます。ノ・ジェスです。

本日も、心が痛まない社会を創る
リーダーを応援するメッセージを発信しています。

■認識技術とは?

科学技術が
物質を変化、移動させ
世の中を便利にし
人間の体に満足と快適さを与える技術であるならば

認識技術は
観点を変化、移動、上昇させ
人間の心を最高にスッキリ、ワクワク
健康な状態に案内する技術です。

■■コラム 学校がつまらない理由

小学生の子どもを持つお母さんから
「子どもが学校に行きたがらない」
という相談を受けたことがあります。

家でゲームばかりして
勉強もしない
学校に行ってもつまらないそうです。

たしかに
今の映像世代の子ども達にとって
ゲームはとても面白いものです。

もの凄い緊張感を誘導し
ゲームの中の世界で没入勝負ができる。

そんなゲームに慣れている子ども達は
学校の先生が教える
暗記中心の教育は
つまらなく感じてしまうものです。

今ここ、自分と繋がって
ワクワクさせ
知的好奇心を誘発させながら
教えられる水準の高い先生は
残念ながら殆どいません。

だから
先生のことも尊敬しないし
学校もつまらない。

よっぽど
ゲームをしていた方が楽しいので
学校に行く必要性を感じられないのです。

では、
時代が求めている教育とは何でしょうか?

まず本来であれば
人間が一番はじめに教わらなければ
ならないことを教えるべきです。

現実とは何か?
生きるとは何か?
人間とは何か?

これからの時代に求められる教育者は
人間の無限の可能性に出会うことが必要不可欠です。

しかも
それを抽象的ではなく
明確に理解する必要があります。

宇宙自然という
壮大なストーリーの出発点

宇宙の初期設定に隠された
根源的な仕組みを知り
現実というVRゲームの外に出て
自らが主人公になり
現実を再創造、再設計し
主体性、自発性、創意性、尊厳性をもった
人生に案内することが大事です。

今ここ
自分の未来と繋がる教育が必要であり
ゲーム以上に緊張して、没入して
知的好奇心を無限大誘発する
そんな教育が必要なのです。

本日も読んでくださり
ありがとうございました。




ページトップ

メールマガジン登録