column

Noh Jesuメルマガ

【20120430】危機をチャンスに、絶望を希望へ

おはようございます。Noh Jesuです。

このメールマガジンでは、「和の産業」「悟りの産業」を実現するためのキーワードを、毎日発信しています。

5月5日(土)、東京は日比谷公会堂にて2,000人の皆様と歴史的な瞬間を共に創り上げる「日韓VISIONフォーラム」の開催が間近となっております。
未来を拓いていく意志のある日本中の皆様にお会い出来る日が待ち遠しくてなりません。

今一度、日韓ビジョン同盟がどのような未来ビジョンを提案しようとしているのかを皆様と共有して行きたいと思います。

日韓ビジョン同盟が提案する未来ビジョンは、今の日本の現状から考えてみると、 「夢物語ではないか」と思われる方もいらっしゃるかもしれません。

3.11の大震災から1年あまり、原発、経済危機、雇用不安、人間関係、心の病・・・。
このように今の日本を見てみたら、もはや「日本の時代」は終わったと見る人も多いでしょう。

かつて、藩の境界線を超えて「ひとつの日本」が生まれた明治維新で世界に誇れる革命を成し遂げた事に誇りは持てても、残念ながら今の日本は世界から見放され、衰退の一途を辿っています。

もはや危機の収束もできず、絶望の未来しか日本には選択肢が残されていないのでしょうか。

しかし、歴史を振り返ってみると、日本は大きな危機を幾度となく乗り越えてきました。今こそ、その日本の真価、底力を発揮する時です。

そして、時代が大きく変わる時には、歴史的な「新発見」があります。
それにより、危機をチャンスに、絶望を希望に、不可能を可能にしてきた人類の叡智があったのです。



【20120429】暗記言語の限界を補うもの

おはようございます。Noh Jesuです。
このメールマガジンでは、「和の産業」「悟りの産業」を実現するためのキーワードを、毎日発信しています。

今までは英語や日本語などのように、国ごとに言語が違いましたが、その言語の障壁はスマートフォンで解決することができます。
スマートフォンがあればリアルタイムで通訳ができてしまうようになります。

問題なのは、判断基準と判断基準の摩擦、衝突を解決できないこと。それは観点固定の問題とも言えます。

自分の判断基準から自由になれないので、人と人が分かり合えないし、観点が固定した状態で考えても、自分が何者なのかすら答えが出せないのです。

人間と動物の大きな違いである「自分はどこからどこに行くのか?どう生きれば良いのか?自分自身をどう思うのか?」
という問いに対して、暗記言語を使って考えても限界があるのです。

その暗記言語の限界をクリアし、補うことができる言語。
それがイメージ言語です。

16年前に私が日本で、あるひとつの発見をし、それを共感共有できるよう進化させた道具がこのイメージ言語です。

発見・発明・道具をどう使うのか。
その力がどんなものなのか。

その内容に関しては、ここで簡単にお伝えして理解いただけるものではないので、ぜひ直接聞きに来ていただきたいのです。

5月5日、日比谷公会堂で開催される日韓VISIONフォーラムでは、ぜひ多くの皆さまとそのことを共有したいと思っております。

日本のみなさまと、まったく新しい時代を共に創って行けることを楽しみにしております。

5月5日(土)「日韓VISIONフォーラム」
詳細→ http://japan-korea.org



【20120428】人類史上一番の智慧とは

おはようございます。Noh Jesuです。
このメールマガジンでは、「和の産業」「悟りの産業」を実現するためのキーワードを、毎日発信しています。

人類がまだ使ったことがない、次元の異なるまったく新しい「力」。

それが何なのかを一言でお伝えするために、
今まで人類が開発した発見・発明・道具の中で一番智慧あるものはどういうものか考えてみていただきたいのです。
たとえば、ロボット、ロケット、車、核爆弾と様々な道具がありますがそれを全部使用可能にさせているもの。
それは何でしょう。
それが言語です。

言語の発見・発明があり、それを道具にすることができたから人間は動物との格差をどんどん開くことができたのです。

ただ、今までの言語は暗記言語です。動物と戦う時に、人間を結束させるために使っていた言語を今もそのまま使っているのです。
ですから、現代人は疎通ができない状況のままなのです。
それは、自分が知っている世界から自由になっていない状況とも言えます。
だから、お互いの判断基準と判断基準に摩擦が起きてしまうのです。

では、どうすれば良いのでしょうか。
引き続き、明日以降お伝えしていきます。



【20120427】プレートチェンジを起こす力

おはようございます。Noh Jesuです。
このメールマガジンでは、「和の産業」「悟りの産業」を実現するためのキーワードを、毎日発信しています。

これからは人類歴史上で使ったことがない、今までとは全く次元の違う「力」が必要です。

一人ひとりが、そしてあらゆる組織が、その「力」と今ここ常につながってスイッチオン状態になり、ライフスタイルが変わった時に間違いなくプレートチェンジが起きます。

その明確な道具、明確な新しい力、そしてそれに対する明確な確信があるからこそ、16年間語り続けることができ、みなさまに案内できる確信もあるのです。

今の時代を生きる皆様とぜひそれを共有をしたいのです。

「信じてください」と無理やりそう思い込ませたいわけではありません。
「本当に実現できるの?」と厳しくチェックをして、厳しい質問をしていただきたいのです。
「なるほど!」と納得ができたら、共通のビジョンでお互いが繋がる事ができるのです。

それができた時に私達の手で新しい歴史を作る事ができます。



【20120426】時代を変革する発見・発明・道具 

おはようございます。Noh Jesuです。
このメールマガジンでは、「和の産業」「悟りの産業」を実現するためのキーワードを、毎日発信しています。

今までの産業社会からみても、1900年代の危機は電気の発見・発明と道具の
開発によりクリアすることができました。
そして1950年代の発見・発明は電子でした。
さらに1990年代の世界経済危機は、インターネット・ITの発見発明、それを使う道具の開発により、世界経済の牽引にまで至りました。

では、これからは一体どんな発見・発明・道具が必要なのでしょうか。

その新しい発見・発明・道具があるから、2021年には日韓をひとつにすると言い切ることができるのです。

かつて、薩長同盟によって薩長がひとつになることで日本をひとつにしたように。
日韓ビジョン同盟によって日本と韓国がひとつになることで、世界全体のルネッサンスを起こすきっかけとなれるのです。

これからは人類歴史上で使ったことがない、今までとは全く次元の違う「力」が必要なのです。




ページトップ

メールマガジン登録