column

Noh Jesuメルマガ

【20180330】企業が狙っている人材と学校が輩出する人材の格差とは?

おはようございます。ノ・ジェスです。

本日も、心が痛まない社会を創る
リーダーを応援するメッセージを発信しています。

■認識技術とは?

科学技術の
宇宙自然の理解方式・認識方式が、
部分の変化を正確にDefineし、
それらを統合して全体を理解しようとする
還元論的理解方式・認識方式であるならば、

認識技術の
宇宙自然の理解方式・認識方式は、
世界の根源、宇宙の根源である
1パターンの動きを正確にDefineし、
それと部分の変化をつなげて
全体を一発で理解・説明できる
全体論的理解方式・認識方式です。

■■コラム 企業が狙っている人材と学校が輩出する人材の格差とは?

「企業が狙っている人材」と
「学校が輩出する人材」には格差があります。

まず企業が狙っている人材とは?

全体の脈絡を把握して
問題を発見する能力を持っている人です。
さらにチームプレーで問題を解決する能力、
意思決定能力や周囲をモチベートする能力を
兼ね備えている人を求めています。

このような人材は、学校を卒業して
すぐに現場に投入されたとしても戦力になります。

一方、学校が輩出している人材とは?

問題発見能力よりも問題解決能力、
つまり正解を発見する能力を優先して教育します。
暗記させて、それが出来たら○(マル)
出来なかったら×(バツ)というように判断します。

しかし、そうすると、
自分の給料にしか関心がない人材(Labor)や
指示だけに関心がある人材(Task)、
自分で役割を決めつけて、
その範囲内の仕事しかしない人材(Job)が輩出されやすくなります。

企業が求めている人材とは明らかに格差があります。

では、
なぜ学校が輩出する人材と
企業が狙う人材は異なってしまうのでしょうか?

それは、
進化発達するイノベーションのスピードが
企業と学校では全く違うことが原因です。

企業の経営者は
競争に負けてしまったら終わりですが、
学校のトップは
安定的に給料がもらえてしまうので、
この環境格差による影響が一番大きいです。

ブログにも記事を書いていますが、
この中の「働き方革命 11段階」にある
(1)Labor、(2)Task、(3)Job が学校が輩出しやすい人材です。

http://blog.noh-jesu.com/entry/2017/04/08/

企業側からしたら、少なくとも
問題発見ができる(4)Work であることは
必要ですし、解決策を持って働く
(5)Professional 以上の人材を狙っています。

グローバル競争が本格化していく中、
企業は早いスピードで競争力を
アップグレードさせないと生き残れない時代です。

企業と学校の
人材輩出の格差が埋まらないままでは問題です。

本来なら企業と学校が共通の土台を持って
チームプレーでこの問題を解決させる
必要があるのですが、その為には、
お互いの観点の限界を超え、
観点の外に出た状態からのイメージ共有や
主義主張の伝達がとても大切になります。

しかし現状はそれが難しいのです。

なぜなら、人間は5感覚脳を通した
主観的な独断からくる「経験認識」を
用いており、問題の根本原因はここにあります。

「経験」は過去に縛られているものです。

そして、過去と繋げて認識するのが脳です。

つまり「経験認識」は
過去に縛られた認識なので、
お互いの観点の限界を超えられず
本当の意味でのイメージ伝達や共有はできないのです。

認識技術では、
観点の限界を超えるゼロ感覚を通した
「先験認識(概念認識)」という
新しい認識を用いたチームプレーを解決策としています。

先験ですから
経験する前の基準点を先に持つことであり、
人間5感覚脳を基準点とした
主観的な思い込みや独断ではなく、
客観的に理解させるための
基準点をベースとした認識です。

先験認識を用いた
チームプレーが可能になれば、
企業と学校の格差をなくすことができ、
新たなイノベーションを起こすことができます。

本日も読んでくださり
ありがとうございました。



【20180328】コミュニケーション能力をアップするためには?

おはようございます。ノ・ジェスです。

本日も、心が痛まない社会を創る
リーダーを応援するメッセージを発信しています。

■認識技術とは?

科学技術の
宇宙自然の理解方式・認識方式が、
部分の変化を正確にDefineし、
それらを統合して全体を理解しようとする
還元論的理解方式・認識方式であるならば、

認識技術の
宇宙自然の理解方式・認識方式は、
世界の根源、宇宙の根源である
1パターンの動きを正確にDefineし、
それと部分の変化をつなげて
全体を一発で理解・説明できる
全体論的理解方式・認識方式です。

■■コラム コミュニケーション能力をアップするためには?

先日、部下の指導に手を焼いている
という方から相談を受けました。

こちらから指示をすると
「分かりました」と返事はくるけど何もやろうとしない。

分からないことを聞いてくる訳でもなく、
そのことを指摘すると返ってくる言葉は「すみません」。

けれども何も改善はせず、
それでも辛抱強く伝えていると
いきなりキレ出すこともあったりして、
どうしたらよいか分からないそうです。

こちらの真意が相手に伝わらないので、
自分の会話力や
コミュニケーション能力の低さが
原因かもしれないと落ち込むこともあり
悩んでいるそうです。

部下にも要因はあるかもしれませんが、
基本的には、部下だけの問題ではなく
両者のコミュニケーションの問題です。

では、
このような問題を解消すべく
コミュニケーション能力をアップするには
どうすればよいのでしょうか?

コミュニケーション能力と聞いて
まず頭に思い浮かぶのは、
表情、言葉、姿勢などだと思いますが、
このような目に見える部分だけを
変化させても本当の意味での能力アップは難しいです。

コミュニケーション能力をアップしたい
のであれば、コミュニケーションという
単語から一旦離れることをお勧めします。

それは、話し方や表情や姿勢だけの
問題ではないということであり、その奥には
どんな感情を持っているのか?
どんなイメージを持っているのか?
どんなエネルギーで
どんな自分になって生きたいという
アイデンティティを持っているのか?

目には見えない一番深い
根っこ(アイデンティティ)を変化させる必要があります。

根っこが変われば、茎や葉も変わります。

なぜその言葉なのか?
なぜその表現なのか?
なぜその姿勢を選択してしまうのか?

その原因にアプローチしていくことで
コミュニケーション能力は飛躍的にアップしていくのです。

全ては、自分自身のあり方であり、
認識のバージョンアップから始まります。

そして、そこから
コミュニケーションのバージョンアップが
起きるので、結果的に会話力や
コミュニケーション能力もアップし、
部下に対しても自分の真意を伝えられ、
良好な関係を築けるようにもなります。

本日も読んでくださり
ありがとうございました。



【20180326】受け身な部下をやる気にさせるには?

おはようございます。ノ・ジェスです。

本日も、心が痛まない社会を創る
リーダーを応援するメッセージを発信しています。

■認識技術とは?

科学技術の
宇宙自然の理解方式・認識方式が、
部分の変化を正確にDefineし、
それらを統合して全体を理解しようとする
還元論的理解方式・認識方式であるならば、

認識技術の
宇宙自然の理解方式・認識方式は、
世界の根源、宇宙の根源である
1パターンの動きを正確にDefineし、
それと部分の変化をつなげて
全体を一発で理解・説明できる
全体論的理解方式・認識方式です。

■■コラム 受け身な部下をやる気にさせるには?

指示待ちで受け身な部下を何とかしたい。

もっと積極的に仕事をしてほしい。

部下をもつリーダーの悩みとして
同じようなことを思われている方は多いです。

受け身なので自発的に動こうとはせず
指示されたことしかやらない。

また、指示されればやるけど、
なるべく手を抜いて
短時間で済まそうとしたり、
仕事の成果を上げるための
工夫や努力が全く見られないなど、
ただ給料をもらうためだけに
会社に身を置いているのではないかと
疑いたくなるような人もいます。

もっと積極的な姿勢に変わってほしいけど、
そう簡単に変わってくれるものでもありません。

では、
このような受け身な部下を
やる気にさせるにはどうすればよいのでしょうか?

部下をやる気にさせるにはDream(夢)が必要になります。

そして、その為には新しい変化が重要になります。

どんな変化を必要とするのか?
どこからどこに変わればよいのか?

現在地と理想地のDefine(規定)が必要になります。

そして更には、まず
「現在地」がDefineできなければならず、
「現在地」は言い換えれば「地獄」です。

今の職場の現在地(地獄)を
明確にDefineできれば、理想地(天国)も同時に決まります。

つまり、
現在地をどうDefineするかで
理想地も変わってくるということです。

現在地のDefineが的外れなら
理想地も的外れになります。

現在地のDefineが部分的なものであれば、
理想地も部分的なものとなるので、いつか限界は訪れます。

どれだけ全体を認識できるのか?

それにより結果も変わります。

すなわち、
今の職場の現在地(地獄)とは、実は、
今の人類の現在地(地獄)でもあるということ。

人類が500万年間、突破できなかった
観点の問題があらゆる問題の根本原因であり
観点の中に留まることが、
いかに悲惨で残酷なのかという
本当の問題に立ち戻ることが必要です。

誰もが簡単に納得できてしまう変化は、
Dream(夢)とは言えません。

考えの基準点が変わらなければ
現実を変革するビジョンは生まれませんし、
「やる気」も生まれないということです。

認識技術は、
世界の根源、宇宙の根源である
1パターンの動きを正確にDefineし、
それと部分の変化をつなげて
全体を一発で理解することができる技術です。

本日も読んでくださり
ありがとうございました。



【20180323】基軸教育を確立させる2つの条件

おはようございます。ノ・ジェスです。

本日も、心が痛まない社会を創る
リーダーを応援するメッセージを発信しています。

■認識技術とは?

科学技術の
宇宙自然の理解方式・認識方式が、
部分の変化を正確にDefineし、
それらを統合して全体を理解しようとする
還元論的理解方式・認識方式であるならば、

認識技術の
宇宙自然の理解方式・認識方式は、
世界の根源、宇宙の根源である
1パターンの動きを正確にDefineし、
それと部分の変化をつなげて
全体を一発で理解・説明できる
全体論的理解方式・認識方式です。

■■コラム 基軸教育を確立させる2つの条件

経済の分野には、アメリカドルという
「基軸通貨」がありますが、
教育の分野には、
「基軸教育」というものはありません。

国家という境界線を越えて
世界全体の循環と調和を
つくっていくためには、
その中心軸が必要になりますが、
教育の分野において
その中心軸となる基軸教育を
確立させることは非常に難しいことです。

世界には多様な言語があり、
国ごとに国家主導の教育もあります。

また、多様な思想、哲学、
イデオロギー、宗教もありますし、
思想信条の自由もあります。

中心軸を確立させるどころか
それぞれの立場や観点の衝突によって
終わりなき摩擦、紛争、戦争を繰り返し、
いまだに世界の調和をつくれていないのが実状です。

では、
それぞれの観点の問題を超えて、
お互いの尊厳性を尊重し、活かし合える
共存共栄の社会は創れるのでしょうか?

国家、民族、宗教に関係なく、
誰もが受け入れられる基軸教育は
本当にできるのでしょうか?

まず、基軸教育ができるには
大きく2つの条件があります。

1つ目は、
今まで人類500万年の歴史の
「知っている世界」を
オールゼロ化できること、すなわち
観点の問題をオールゼロ化することです。

人間は何か特定の「知っている世界」が
あれば、必ず脳の観点が働いて、
肯定、否定など、終わりなく議論が続きます。

その状態では基軸教育はできません。

「知っている世界」から完全に自由になる
「無知の完全性」の境地が大前提として必要になります。

2つ目は、
絶対世界と相対世界の関係性を明らかにさせることです。

今まで人類は、絶対世界でもある
宇宙自然の根源に対して
明確な規定ができないまま
それぞれ異なる観点から観察や観測
思考、論理を展開してきました。

つまり、絶対世界がよく分からないまま
相対世界の中だけで「知っている世界」を
蓄積し続けて、それを土台に
色々な教育体系を作りあげてきたということです。

宇宙自然の根源、すなわち
5次元HITOTSUの動きを道具にして、
宇宙森羅万象の変化、運動、移動を記述でき
現象や物事を観察、観測、
統制可能になることが基軸教育の本質的な条件になります。

5次元HITOTSUの動きだけがある。

真実の世界は、哲学的真理、科学的真理を
完全に融合できる認識体系として、
知の大統合の条件を充分に満たせるものです。

基軸通貨のアメリカドルが
世界経済の発展のための
道具の一つであるように、
宇宙自然の根源、すなわち、
5次元HITOTSUの動きを道具とすることで、
基軸教育の確立につながる議論が
世界全体に拡がると思っています。

私たちは、基軸教育を確立することの
重要性を世界に提案したいです。

ブログにも記事を書いていますので
ぜひご覧ください。

http://blog.noh-jesu.com/entry/2017/09/24

本日も読んでくださり
ありがとうございました。



【20180321】アルファ碁ゼロの登場から考える人間とAIの共存

おはようございます。ノ・ジェスです。

本日も、心が痛まない社会を創る
リーダーを応援するメッセージを発信しています。

■認識技術とは?

科学技術の
宇宙自然の理解方式・認識方式が、
部分の変化を正確にDefineし、
それらを統合して全体を理解しようとする
還元論的理解方式・認識方式であるならば、

認識技術の
宇宙自然の理解方式・認識方式は、
世界の根源、宇宙の根源である
1パターンの動きを正確にDefineし、
それと部分の変化をつなげて
全体を一発で理解・説明できる
全体論的理解方式・認識方式です。

■■コラム アルファ碁ゼロの登場から考える人間とAIの共存

数年前に囲碁AIプログラムの
AlphaGo(アルファ碁)が
世界的な話題になりましたが、
最近はその進化版である
AlphaGo Zero(アルファ碁ゼロ)が登場し、
さらに話題を集めています。

アルファ碁は、
人間(プロ棋士)の経験や知識、定石など、
過去の全てのデータを入力して、
そのビッグデータをもとに
ディープラーニング(学習)させたもので
囲碁の世界チャンピオンよりも強く
話題になりましたが、
最近はそのアルファ碁の能力を遥かに超える
アルファ碁ゼロが登場しました。

アルファ碁ゼロは、
過去のデータは一切ゼロ、
人間の経験や知識、定石も一切教えず、
ルールだけを純粋に教えた状態でそこから
自主学習により勝手に進化するもので、
アルファ碁に対して
100戦100勝してしまうほどの強さです。

学習システムの進化により、
過去のデータが無くても
自分で勝手に定石をあみだすようになってしまった。

データはむしろ邪魔になり、
純粋なルールから
全てのシミュレーションをした方が
遥かに効率性が高いという意味でもあります。

アルファ碁ゼロは、人間のイメージの外、
人間には予測不可能な手を繰り出すまでに進化しました。

これから先、
AIはさまざまな分野に応用されていきますが
人間からしたら理解不能な存在です。

それは人間が
AIを統制できないという意味でもあり、
そのAIと人間がどう共存していかなければならないのか?

この問題は必ず出てきます。

では、
人間がAIを統制し、AIと共存するためには、
どうすればよいのでしょうか?

AIを統制できないということは、
AIが出来ることと、出来ないことの
違いがはっきり分からないということです。

AIがどこまで出来て、どこからが出来ないのか?

その境界線が分からない。予測不可能。

つまり、そのような
今の人間の理解方式の限界、
観点の根本的な限界をまず知ることが大事なのです。

観点の限界がはっきり分かれば境界線も分かります。

AIには絶対に到達できない領域、
AIのイメージの外を認識できるので、
その領域を人間が開発することも可能です。

認識技術により、世界の根源、
宇宙の根源であるパターン(ルール)を
人間がまず認識することです。

この先、AIがいくら進化しても
それを応用活用し、同時に
人間にしか開発できない領域も開発しながら
新しい教育と新しい経済と
それらを融合した新しいビジョン、
新しい社会を創っていくこと。

0=∞=1の世界を共有しながら
21世紀の人間社会のあり方を皆さんと共に
考えていきたいと思っています。

本日も読んでくださり
ありがとうございました。




ページトップ

メールマガジン登録