column

Noh Jesuメルマガ

【20160531】尊厳を立たせることができる日本の可能性

おはようございます。人文ベンチャー企業家Noh Jesuです。

「観測する前は人間と人間の宇宙は存在しない」
すなわち「現実は錯覚であり、人間と人間の宇宙は実在しない」

このメールマガジンでは、この新常識を理解し、『心の時代』『無のパラダイム時代』をリードしていくための情報知識を毎日発信しています。

先日より、「人工知能を超えることができる人類の集団知性体を構築する教育」をテーマに配信しています。

世界を救うことができるのは、日本です。いずれ日本人というだけで特別視される時が来るでしょう。

過去には、フランス人権宣言によるフランス革命がありました。しかしフランス革命とは、王様の首を取るために市民が立ち上がった暴力革命だったのです。

日本による革命は、次元が違います。

人間の尊厳を立たせることができ、それを世界72億人にプレゼントするのです。それが日本の可能性です。



【20160530】人類が突破できなかった最後の障壁

おはようございます。人文ベンチャー企業家Noh Jesuです。

「観測する前は人間と人間の宇宙は存在しない」
すなわち「現実は錯覚であり、人間と人間の宇宙は実在しない」

このメールマガジンでは、この新常識を理解し、『心の時代』『無のパラダイム時代』をリードしていくための情報知識を毎日発信しています。

先日より、「人工知能を超えることができる人類の集団知性体を構築する教育」をテーマに配信しています。

今の時代、何が本当の問題なのかがわかっていません。

問題を発見することは重要です。例えば、電話で話すときに、以前は電話線があるのが当たり前でした。バスの中で移動中に電話することは不可能でした。ですから、電話線のいらない電話(携帯電話)は、当たり前を覆す素晴らしい発明でした。それは、電話線が「ある」のが問題だと考えたからこそ、電話線が「ない」(無線)電話が可能になったのです。

このように、いろいろな問題意識を持ち、それを解決した多様な道具、技術、商品がありました。しかし、「本当の問題は何なのか」を見なければいけません。

人類の本当の問題は、「観点」の問題です。それは今まで人類が限界突破できなかった最後の障壁です。

宗教の障壁、言語の障壁、習慣の障壁など、いろいろな障壁がありますが、一番早く突破しなければならない、しかし一番突破しにくい障壁が「観点の障壁」です。

正しい問題意識が入って、それを解決できる明確な技術、道具と出会ったとき、自殺すらも無くすことができます。自殺者ゼロになるだけではなく、生きることが楽しくてたまらなくなります。

そして、人間一人一人が持っている無限の可能性を爆発させる人たちがどんどん広がっていきます。私は、これが可能だと確信しています。



【20160529】本日開催!5/29(日)13時スタート「​平成の異端児・Noh Jesuが語る ~IT以降の新経済と新教育~」のお知らせ

おはようございます。人文ベンチャー企業家Noh Jesuです。

「観測する前は人間と人間の宇宙は存在しない」
すなわち「現実は錯覚であり、人間と人間の宇宙は実在しない」

このメールマガジンでは、この新常識を理解し、『心の時代』『無のパラダイム時代』をリードしていくための情報知識を毎日発信しています。

大阪にて、いよいよ本日開催となる「5/29(日) 平成の異端児・Noh Jesuが語る ~IT以降の新経済と新教育~」のご案内をさせていただきます。

グーグルCEOラリー・ペイジ氏は「20年後、あなたが望もうが、望むまいが現在の仕事のほとんどが機械によって代行される」と提唱し、近い将来、10人中9人は今とは違う仕事をしているだろうと述べています。

人間自らが生み出した人工知能が人間を超越する“シンギュラリティ”が叫ばれる中、人間の仕事場が機械に代行され、現実世界と仮想現実の区別が曖昧になり、人間は何なのか、現実とは何なのかが問われている時代。

このような来るべき未来に対して、20年前から予測し、今までにない革新的な代案を研究・開発してきたのがJAPAN MISSION PROJECTです。

今回、大阪で開催する5月29日のイベントを皮切りに、“人工知能を超える”日本発の教育革命を世界へ広げていくJAPAN MISSION・JAPAN DREAMのムーブメントを、一人でも多くの方と共に起こしていきたいと願っています。

「JAPAN MISSION PROJECT」ホームページ

http://project.japanmission.jp/

多くのみなさまのご参加を心よりお待ちしております。

以下、案内文です。

∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞

◆「5/29(日)「平成の異端児・Noh Jesuが語る ~IT以降の新経済と新教育~」のお知らせ◆

とうとうこんな時代になってしまいました。このままではダメだとみんな気付いています。一体私たちに何ができるのでしょうか?

・AIによって急速になくなる雇用
・増える若者の自殺
・少子高齢化
・北朝鮮による核実験やミサイルの恐怖

といった様々な問題が山積みです。

西洋的な思考方式から誕生した科学技術や資本主義経済の発展は、私たちの生活に物理的な豊かさや利便性を提供してきましたが、本質的な幸福や成功を与えられずに、日本の良き精神や関係性は失われ、人が疎外され続けているのが現状です。

この混迷を極め、突破口の見えない現代社会に、明確な風穴をあけるには、今まで誰も思いつかなかった教育と経済の代案が必要です。

今回の講演会では、明確な『新しい教育』『新しい経済モデル』の代案を参加した皆様と共有して、共に未来に希望が溢れ、ワクワク感がとまらない社会を作っていきたいと思っています。今までの解決策では満足できなかった方、ぜひご参加ください!

具体的な話の内容は…
・脳の認識の限界を補う「認識技術」とは何か。
・ポストIT時代の「デジタルマインド」を開発する技術の完成とは。
・ポスト半導体時代の「新素材」の発見とは。
・西洋物理学の最終理論と東洋の悟りの世界を融合させる「基軸教育」とは。
・持続可能な消費型経済を可能にする「新しいビジネスモデル」とは。

上記の内容のすべては、20年前、日本で『人間に秘められた無限の可能性』と
『日本に秘められた大きな使命』
に気付いたひとりの人間から始まりました。

その人の名は…

『 Noh Jesu 』

彼が語る、世界初の奇想天外なロードマップをどうぞご期待ください。今までの高度経済成長を越える、世界に例のない経済大陸を共につくっていきましょう!

【日時】
2016年5月29日(日)13:00~16:00(開場12:15)

【会場】
グランキューブ大阪(大阪府立国際会議場:http://www.gco.co.jp)
大阪市北区中之島5丁目3-51 3F イベントホールE

【料金】
3000円(学生:2000円)

【お申込先】

http://peatix.com/event/156928/view

peatixページから、お申込・ご購入ください。

【定員】
600名

【アクセス】
・京阪電車中之島線「中之島(大阪国際会議場)駅」(2番出口)すぐ
・JR大阪環状線「福島駅」から徒歩約15分
・JR東西線「新福島駅」(3番出口)から徒歩約10分
・阪神本線「福島駅」(3番出口)から徒歩約10分
・大阪市営地下鉄「阿波座駅」(中央線1号出口・千日前線9号出口)から徒歩約15分



【20160528】第118回HITOTSU学公開講座の開催​報告

おはようございます。人文ベンチャー企業家Noh Jesuです。

「観測する前は人間と人間の宇宙は存在しない」
すなわち「現実は錯覚であり、人間と人間の宇宙は実在しない」

このメールマガジンでは、この新常識を理解し、『心の時代』『無のパラダイム時代』をリードしていくための情報知識を毎日発信しています。

本日は、5月14日東京で開催した第118回HITOTSU学公開講座「~太平洋の両雄~日米160年史の未来」3回シリーズの第1回目の報告をさせていただきます。

今回は、約140名の方にご来場いただきました。誠にありがとうございました。

今回のシリーズを担当する内海昭徳講師からは、今までの枠組みで考えられる親米や反米ではない、本当の日米関係のあるべき方向性を提示していきたいという話がありました。

アメリカの自由に対するプライドの背景には、イギリスの植民地という旧秩序から脱出したいという強烈なエネルギーがあります。アメリカは、自由と平等を強く求め、強国イギリスと独立をかけた戦争を行いました。独立のために命を投げうち、命がけで勝ち取った独立、自由、平等、その精神がアメリカにはある、との話がありました。

また、日本人は感覚的につかみにくいのですが、アメリカの根底には聖書の思想があり、宗教色の非常に濃いアメリカに対しては、聖書を知らないと本当の意味で向き合う事はできないということ。

そして、観術を通して、これまで不可能だった方法により、日本がアメリカを抱きしめ、限界を超えた日米関係を作っていくための教育の挑戦が始まっていく、という内容を内海講師からお伝えしました。

下記は参加者の感想です。※抜粋
・かつて(戦争に)負けた悔しさゆえにアメリカを敵とみなしがちな心に気づきました。観点の問題を超えて、共に尊厳溢れる世界を築く仲間として関係を作っていきたい。

・(前回シリーズにて)韓国を知らなかったのと同様に、アメリカのことを知らない。観術の整理でアメリカを知ることができる、面白さ、楽しさを味わいました。

シリーズ第2回目となる次回は6月5日(日)の開催です。次回のご参加をお待ちしております。

開催の詳細は、HITOTSU学公開講座のホームページにて近日中に掲載されます。

http://tokyo.hitotsu.info/info/

また、HITOTSU学公開講座はKanjutsuTVにおいても配信しています。
後日、会員様向けに配信予定ですので、参加できなかった方やもう一度お聞きになりたい方はこちらもご覧ください。

https://www.kanjutsu.tv/top/index



【20160527】新しい教育経済システムの構築

おはようございます。人文ベンチャー企業家Noh Jesuです。

「観測する前は人間と人間の宇宙は存在しない」
すなわち「現実は錯覚であり、人間と人間の宇宙は実在しない」

このメールマガジンでは、この新常識を理解し、『心の時代』『無のパラダイム時代』をリードしていくための情報知識を毎日発信しています。

先日より、「人工知能を超えることができる人類の集団知性体を構築する教育」をテーマに配信しています。

今まで人類が構築してきた農業社会、産業社会においては、王様という支配権力の下に多くの奴隷がいました。奴隷から解放されれば人間は自由になれると思っていましたが、現代人は果たして本当に自由になったと言えるのでしょうか。

自由でないとすれば、何に支配されているのでしょうか。

それは、お金です。現代は生きるためにお金が必要という世の中です。お金を得るために自分の時間を使います。お金の有無、増減、損得、貸借などを考えて自分の行動を選択します。つまり、お金によって生き方が支配されています。

人類が本当の尊厳、本当の自由、本当の愛で生きられるためには、新しい秩序が必要です。そのための新しい教育経済システムを私たちは構築できます。

自分の目先の事にしか関心がないと、生き方をコントロールされてしまいます。「急がば回れ」という言葉があるように、一旦、立ち止まって、自分はどこから来たのか、どこに行くべきか、人間とは何なのか、生きるとは何なのかを考える必要があります。それらの問いには答えが無いと諦めてはいけません。

答えは明確に分かります。その答えが分かった多くの人たちが連帯することで、古いシステムを代替できる新しいシステムが構築できます。




ページトップ

メールマガジン登録