column

Noh Jesuメルマガ

【20200131】5G時代の情報通信革命がもたらす変化とは?

おはようございます。ノ・ジェスです。

本日も、心が痛まない社会を創る
リーダーを応援するメッセージを発信しています。

■■コラム 5G時代の情報通信革命がもたらす変化とは?

2020年は5G元年とも呼ばれ、日本でも
5G(第5世代移動通信システム)のサービス開始が予定されています。

来るべき5GやIoTの時代に向けて、
私たちは今、何を考えるべきなのか、
その中心概念とは何でしょうか?

宇宙自然と人類文明の歴史を貫く
中心概念は「結集」と「生産」の問題であると言えます。

いかに結集と生産の仕組みを進化発展させ、
構築するのかが、未来を予測したり、
決定する一番の中心要素になるからです。

今までは、その結集と生産力を高めるために
「土地、労働、資本」といった3つの生産要素が必要でした。

しかし、この3つの伝統的な要素から
これからは情報(データ)が
全ての鍵をにぎる5Gの時代に移行していきます。

様々なモノがネットワークにつながる
IoT時代の基盤となるのが5Gであり、
今までとは比べられないほどの情報量を
一気に伝送させることができるため、
人間が発信する情報も自然に
濃度の濃い情報にならなければならない時代になっていきます。

今までが「体の人間」のことを指して
「人間」と言っていた時代であったならば、
これからの5G時代は、宇宙そのものが
「人間」になる時代です。

つまり、人間ひとり一人の意識の宇宙が、
物質の宇宙を超えてメジャーになる時代。

生命知能が中心の時代から、精神知能が中心の時代へ。

ひとり一人の精神が覚醒することで、
モノを共有していた時代から
個人で所有するようになった
マイカーやマイコンピューターのように、
物質的な宇宙一つを共有していた時代から
ひとり一人が宇宙を所有する
マイユニバースの時代に変わるのです。

本日も読んでくださり
ありがとうございました。



【20200129】日本をよくするということは?

おはようございます。ノ・ジェスです。

本日も、心が痛まない社会を創る
リーダーを応援するメッセージを発信しています。

■■コラム 日本をよくするということは?

「国のために仕事をしたい」
そう話す男性にお会いしました。

彼は幼い頃から
戦争を経験した祖父の影響を受けて
国を意識するようになり、
大学卒業後は国家公務員として働くようになったそうです

ところが実際に働いてみると
国のために仕事をするということが
どういうことなのか
わからなくなってきてもいるそうです。

自分に任されているのは部分的な仕事だし、
それが本当に国をよくすることに
繋がっているのかピンとこないそうです。

そもそも国をよくするとは
どういうことなのか、
何を基準に国のために仕事をすればよいのか
うまく整理ができず、
祖父のことを思い出しては、
パッとしない時間を過ごしているとのことでした。

では、
日本のためになる理想的な仕事とは、
どのようなものなのでしょうか?

まず理想を思い描くときには、
必ずその対になる現在地を明確にする必要があります。

nTech(認識技術)からみた日本の現在地は、
戦後のGHQ政策により、
誇り高い侍の精神が破壊され、
骨抜きにされている日本の現状があります。

そしてそれらは社会全体に蔓延する
個々人の自己否定、自信のなさ、
生きるモチベーションの喪失など、
一人ひとりの日常に計り知れない影響を与えています。

だからまずはその現状を打破して、
自己絶対肯定と溢れる自信感、
生きるモチベーションを取り戻すこと、
これが日本のためにやるべき
理想的な仕事なのではないかと思います。

私は日本人一人ひとりが
新しいアイデンティティを構築することで
一人残らず団結し、
熱く燃えあがる日本を理想として
日本の可能性を24年間発信し続けています。

一人でも多くの方と
この日本の現在地と理想地を共有できたら幸いです。

本日も読んでくださり
ありがとうございました。



【20200127】独りよがりな夢にならないためには?

おはようございます。ノ・ジェスです。

本日も、心が痛まない社会を創る
リーダーを応援するメッセージを発信しています。

■■コラム 独りよがりな夢にならないためには?

何かしら自分の夢を見つけ頑張ってはいても
その夢が独りよがりなものなのか、
そうでないのかでは、その夢の質が大きく異なります。

大きな夢になればなるほど、
その夢を実現する過程において、例えば、
家族や周りの賛同を得られずに
もどかしい思いをすることがあったり、
さまざまな苦労があるかもしれませんが、
最終的にどんな自分になって、
何を伝えたいのか、
しっかりとした軸をもって
どこに向かおうとしている夢なのかを
ハッキリさせておくことはとても大事です。

では、
独りよがりな夢にならないためには何が必要なのでしょうか?

そのためには自分だけではなく、
より多くの人が共感できる夢を持つことが
大事になりますが、
それはどれだけの人が共感し得る
共通の問題を解決できるのかといった話にも繋がります。

全ての人間に共通する
正しい問題意識をもって、
時代のミッション、
人間のミッションと直結する
でっかい夢を持つことが
今を生きる人たちには必要です。

夢はアイデンティティとも繋がります。

なぜその夢を実現したいのか、
その裏にはどんな自分(意志)がいるのか。

つまりは、人間とは何なのか、
生きるとは何なのかといったことに対する
答えがない状態では、夢を持つこと自体が
難しくなりますし、持てたとしても
そのアイデンティティによっては、
独りよがりな夢になってしまうものです。

nTech(認識技術)は、
一番大きなアイデンティティを設定し、
一番大きな生き方を案内できる技術です。

本日も読んでくださり
ありがとうございました。



【20200124】反日・嫌韓感情の衝突を解決するための糸口とは?

おはようございます。ノ・ジェスです。

本日も、心が痛まない社会を創る
リーダーを応援するメッセージを発信しています。

■■コラム 反日・嫌韓感情の衝突を解決するための糸口とは?

今の日韓関係は「外交断絶」という
言葉が出るほどの最悪な状態になっています。

共産主義勢力とアメリカによる
日韓分離政策の結果として、
日韓両国の反日・嫌韓の感情は、
極限に達する勢いで燃えさかり、
お互いに諦めモードの雰囲気さえ社会には蔓延しています。

このような時代背景の中で、
元ソウル大学教授の
李栄薫(イ・ヨンフン)氏は、
著書「反日種族主義」を出版し、
日韓両国で異例のベストセラーになっています。

私は、この本が世に現れたことが、
日韓関係の衝突の問題を含め、
日韓分離政策の実態を多くの人が認識する
重要なきっかけとなるギフトだと思っています。

とりわけ共産主義勢力は、
日本と韓国の可能性を潰しながら
日韓両国を共産化させる戦略を緻密に一歩ずつ進めてきました。

今日の嫌韓論と反日感情の噴出は、
こういった戦略の結果であると私はみています。

自由主義勢力は、私利私欲の奔走に忙しく、
共産主義勢力の膨張や世界化の戦略には目をつむってきました。

結果として、民族主義路線を道具にした
韓国の共産化は8割方、成功をおさめ、
また日本社会での嫌韓論も8割に達しているようにも思えます。

では、
このような反日と嫌韓の感情の衝突を
解決するための糸口はどこにあるのでしょうか?

「もし1時間後に地球が滅亡するとしたら、
あなたはどうしますか?」

その昔、アルベルト・アインシュタインは
こんな質問をされ、こう答えたそうです。

”私は地球を救うために、55分は
その問題を明確にすることについて
考えるでしょう。そして、残りの5分で
それを解決しようと試みるでしょう。”

つまり、1時間しか残っていない時間の内、
実に55分間を「問題発見」に使うと言ったのです。

すべての課題を解決するためには、
その課題を生み出した根本問題が何なのかを
認識することが一番重要であり、また一番難しいことです。

同様に反日と嫌韓の感情の衝突についても
それを解決するためには、
その根本原因の明確化が何よりも重要であり先決です。

原因は、日本や韓国、また自由主義や
共産主義の中だけにあるのではなく、
それらを含む、人類共通の限界とも言える
「共通土台の不在」つまり、
今までの人類が「観点の問題」を
認識できなかったことにあるのです。

この危機をチャンスに大反転させるために
nTech(認識技術)が貢献できれば幸いです。

本日も読んでくださり
ありがとうございました。



【20200122】持続的に感動を提供できるようになるには?

おはようございます。ノ・ジェスです。

本日も、心が痛まない社会を創る
リーダーを応援するメッセージを発信しています。

■■コラム 持続的に感動を提供できるようになるには?

最近はYouTuberを
職業にする人も増えてきています。

子どもがなりたい職業ランキングにも
ランクインされるほど注目もされています。

それは一人ひとりが個性を発揮して、
好きなことを企画創造し、
発信していくことに多くの人が
価値を感じているということだと思います。

今はスマホが当たり前になり、
SNSなどのインフラも整っているので、
誰もが簡単に情報発信者になれる時代です。

しかし、あらゆる情報が相互交流する中で
人々に持続的な感動を提供することは簡単ではありません。

では、
多くの人々に持続的に感動を
提供できるようになるためには何が必要なのでしょうか?

感動はいつも新しい出会いによって生まれます。

その新しい出会いが、
今までに全くしたことのない
イメージであればあるほど、
感動のパワーは大きくなりますが、
持続的にその感動を提供することはとても難しいことです。

人間は脳機能の特徴から
常に過去に支配されてしまうため、
たとえ新しい世界に出会ったとしても
すぐに過去の知っている世界で上書きをしてしまいます。

常に今ここ、
新しい出会いを提供し続けるためには、
まず自らが全てを新しく
受け取れる自分になっているかどうかが重要です。

人類共通の「観点固定」の限界を超えた
全く新しい世界と出会うことで、
過去から自由になることができます。

nTech(認識技術)は、
今までの人類が経験したことのない
もっとも大きな出会いの価値を
伝達できる技術であり、過去にとらわれない
持続可能な感動を提供できる技術です。

どんな自分になって、誰に対して、何を伝えたいのか。

多くの人にまだ見ぬ出会いを
させてあげることができる能力、
その感動力があなたの価値になっていきます。

本日も読んでくださり
ありがとうございました。




ページトップ

メールマガジン登録