column

Noh Jesuメルマガ

【20181130】職場に矛盾を感じたらチャンス

おはようございます。ノ・ジェスです。

本日も、心が痛まない社会を創る
リーダーを応援するメッセージを発信しています。

■認識技術(nTech)とは?

科学技術が、
脳の観点を基準点にした
ものの見方(観点の天動説)により、
個々の部分を観察する事物認識で
PC(Personal Computer)時代や
AI(人工知能)時代を築きあげた技術であるならば、

認識技術(nTech)は、
観点を移動、上昇させた
心の新素材を基準点とした
ものの見方(観点の地動説)と認識OSにより、
クローズ界の全体を統察する事件認識で
PU(Personal Universe)時代と
GI(集団知性体)時代を創建する技術です。

■■コラム 職場に矛盾を感じたらチャンス

病院で働く看護師の女性から相談を受けました。

彼女は、医療現場でのたくさんの矛盾をみて
職場変革をしたいと思っているそうです。

病気の治療よりも病院の経営が優先されたり、
医師の態度が、患者に接する時と
業者に接する時とで違うことなど、
これでいいのかとさまざまな問題意識があります。

それを看護師の仲間に話しても
「長いものには巻かれろ」と言われて
理解してもらえないし、職場の人に
新たな制度を提案しても採用されないし、発言権もない。

今では、職場変革など、
無理なのではないかとすっかり弱気になっているそうです。

医療現場では、患者を中心にした
チームプレーが必須になるはずですが、
実際には、医師の判断が絶対的なものに
なってしまったり、強く発言した者の意見が
反映される事がほとんどとのことでした。

では、
この問題を解決するにはどうすればよいでしょうか?

そのためにはまず、
この現実を動かす原動力が何なのかを知ることです。

原動力は、裏のエネルギーであり、
その裏のエネルギーの本質を知ることが大切です。

そもそもエネルギーとは、
1の中に2と5が入っていることを言います。

陰陽五行の陰陽の2と、五行の5、
木火土金水(もっかどごんすい)も2と5にわけることができます。

1の中に2が同時にある状態を
重畳(ちょうじょう)と表現しますが、分かりやすい例がコインです。

1枚のコインには必ず表と裏(2)があり、
1の中に2がある矛盾エネルギーが
この現実を成り立たせている
原動力であることを理解する必要があります。

矛盾の蓄積はタイミングがきたら爆発します。

つまり、病院なのに
病気の治療より、経営を優先している矛盾、
医師なのに、患者と業者への
対応や態度が違うといった矛盾を
認識しているということは、必ずその矛盾を
爆発させる主体になれる可能性があるということなのです。

つまり、矛盾は、不健康な集団を
健康な集団にするためのチャンスとも言えます。

nTech(認識技術)により、
宇宙の初期セッティングと
この現実を成り立たせている仕組みを
理解すれば、医療現場での矛盾を
必ず解決できる確信が持てるようになります。

本日も読んでくださり
ありがとうございました。



【20181128】仕事と育児を両立させるには?

おはようございます。ノ・ジェスです。

本日も、心が痛まない社会を創る
リーダーを応援するメッセージを発信しています。

■認識技術(nTech)とは?

科学技術が、
脳の観点を基準点にした
ものの見方(観点の天動説)により、
個々の部分を観察する事物認識で
PC(Personal Computer)時代や
AI(人工知能)時代を築きあげた技術であるならば、

認識技術(nTech)は、
観点を移動、上昇させた
心の新素材を基準点とした
ものの見方(観点の地動説)と認識OSにより、
クローズ界の全体を統察する事件認識で
PU(Personal Universe)時代と
GI(集団知性体)時代を創建する技術です。

■■コラム 仕事と育児を両立させるには?

4歳の子どもを育てている
という30代の女性から相談を受けました。

彼女は子育てをしながら
自宅で仕事もしており、
その両立が難しいというのです。

子どもとは、しっかりと向き合って
子育てをしたいという想いがあり、
極力は近くにいるようにしているそうですが
一日の時間は限られているので、
家事や育児だけに没頭することはできず、
仕事をする時間をなんとか捻出しなければなりません。

睡眠時間を削ったり、家事を簡略化したり、
夫に協力をあおいだりはするけど、
いい加減な食事では、
子どもの発育に影響するだろうし、
夫にもやりたいことがあるから頼みづらい。

かといって仕事に対しても手を抜かずにやっていきたい。

家事や育児をとるか、仕事をとるか、
どちらも今がとても大事だと思うがゆえに
その両立と、精神的なバランスを
保つことがとても難しいとのことでした。

では、
これらをうまく両立させるにはどうしたらよいのでしょうか?

それには、アイデンティティの
メリハリをつけることが大事です。

お母さんのアイデンティティを立てたら
その時間は、他のことはきっぱりと捨てて、
お母さん業だけに専念する。

仕事する時間も同様に
仕事のアイデンティティだけを立てる。

自分は今どういう人間なのか?

アイデンティティを曖昧にしないことです。

ただ、そのためには、
お母さんや仕事のアイデンティティを
創り出している本来のアイデンティティを
しっかりと認識しておかなければなりません。

つまり、時間・空間・存在・エネルギーを
オールゼロ化して、時間も空間も存在も
エネルギーもない宇宙の根源となる
無限のアイデンティティへと
自分のあり方を変化させる必要があるということです。

曖昧なアイデンティティのままでは、
そこから生み出される結果も曖昧になります。

何にでもなれる無限のアイデンティティから
今ここ、自分は何のために存在するのか?

その答えがわかったときに、はじめて
お母さんや仕事など、自由自在に
思い通りのアイデンティティを選択できるようになるのです。

本日も読んでくださり
ありがとうございました。



【20181123】人への恐怖心を克服するには?

おはようございます。ノ・ジェスです。

本日も、心が痛まない社会を創る
リーダーを応援するメッセージを発信しています。

■認識技術(nTech)とは?

科学技術が、
脳の観点を基準点にした
ものの見方(観点の天動説)により、
個々の部分を観察する事物認識で
PC(Personal Computer)時代や
AI(人工知能)時代を築きあげた技術であるならば、

認識技術(nTech)は、
観点を移動、上昇させた
心の新素材を基準点とした
ものの見方(観点の地動説)と認識OSにより、
クローズ界の全体を統察する事件認識で
PU(Personal Universe)時代と
GI(集団知性体)時代を創建する技術です。

■■コラム 人への恐怖心を克服するには?

「人との関係性づくりが苦手で
色々な場所で緊張してしまうんです」

そうおっしゃる40代の男性にお会いしました。

彼は映像をつくるクリエイターですが、
フリーランスなので、営業もしなければなりません。

ただ、昔から、人と交流することに
苦手意識があり、できることなら
やりたくはないと思っているそうです。

特に、映像の技術的なことであればまだしも
単なる雑談とか、交流の類が苦手で、
何を話せばよいのか、
わからなくなってしまうし、
はじめて会う人であれば、
なおさら恐怖のようなものを感じ、
緊張もしてしまうそうです。

今思えば、彼はフリーランスになる前の
会社員時代からも、
このことについては思い悩み、
それがきっかけでフリーになったとも言っていました。

なるべく人と接することがないように
生きていきたいけど、
現実はそんなわけにはいきません。

人と接しなくてもよい
逃げ場があるのならそこに行きたい。

現代社会において、
そのように思っている人は多いように思えます。

では、
このような問題を解決するには、どうすればよいでしょうか?

それにはまず、
自分の中と向き合う勇気が必要です。

彼においては、人に対しての
恐怖の感情と向き合う必要がありますし、
それなくしては、この問題は解決できません。

自分の感情と向き合うためには、
自分の「判断基準」をまず意識化することが大事です。

その人がもつ価値観や世界観を司る
判断基準とは、幼少期の経験によって
培われた「自分は何者だ」という
アイデンティティによって創られます。

そのアイデンティティと、そこから生まれた
判断基準を明確に意識化するためには、
無意識エンジン発見セッションをおすすめしています。

恐怖の感情にアクセスする勇気を持ってください。

道具は用意できています。

ひとりでも多くの方が、
人との関係性の問題を克服し、
新しい人生をスタートできることを願っています。

本日も読んでくださり
ありがとうございました。



【20181116】会話が成立しない人に見る日本の涙

おはようございます。ノ・ジェスです。

本日も、心が痛まない社会を創る
リーダーを応援するメッセージを発信しています。

■認識技術(nTech)とは?

科学技術が、
脳の観点を基準点にした
ものの見方(観点の天動説)により、
個々の部分を観察する事物認識で
PC(Personal Computer)時代や
AI(人工知能)時代を築きあげた技術であるならば、

認識技術(nTech)は、
観点を移動、上昇させた
心の新素材を基準点とした
ものの見方(観点の地動説)と認識OSにより、
クローズ界の全体を統察する事件認識で
PU(Personal Universe)時代と
GI(集団知性体)時代を創建する技術です。

■■コラム 会話が成立しない人に見る日本の涙

先日ある30代の女性から相談を受けました。

彼女いわく、会社の同年代の女性で
会話が成立しない人がいるというのです。

思考が複雑なのか、こちらからの
質問に対して違った答えが返ってくる。

彼女自身の独特な物事の捉え方が強く、
循環が起きないそうです。

それだけではなく、話が枝葉にばかりいき、
本筋の話ができなかったり、
会話の流れを途中で切ってしまったり、
なんとなく会話から逃げているというか、
本心を話そうとしていないようにも感じるそうです。

一概には言えませんが、
これらの特徴を持つ人たちの傾向として、
「人は信じられない」「人は敵」など、
幼少期の体験のなかで、人に対する
自分なりの規定をしているケースは多いです。

いわゆるトラウマです。

相手が目の前にいても繋がれない。

意識的ではないにせよ、
人との交流を拒否しているような状態です。

人間はソーシャルな生き物であるはずなのに
人と交流ができずに、繋がれず、会話も成り立たない。

実はこれは、多くの現代人がやっていることなのです。

古来日本人は、横の繋がりを重んじてきました。

しかし、近代西洋の個人主義が
入ってくることで、それらの繋がりは絶たれ
もともとコミュニケーションが密にあった
日本の絆まで破壊されているのが今なのです。

個人が抱えている問題は、
ひいては日本全体の問題でもあります。

切っても切れない大和(だいわ)の心、
繋がりが根付いている
本来の日本人の心が、苦しいと叫んでいるのです。

nTech(認識技術)は、
個人の思い込みの外に出て、
人と人との意思疎通を可能にする技術です。

思い込みの中に留まっていることは、
結果的に周りの人を傷つけることにもなります。

自分はどんな人間関係を構築したいのか?

自分の外、思い込みの外、観点の外に
出ることで、自分の思い通りの関係性を
築けたらいいと思いませんか?

愛で循環する関係性、
ゲーム感覚、お祭り感覚の関係性、
今まで全く想像したこともない
共同体を築いていくことが可能なのです。

本日も読んでくださり
ありがとうございました。



【20181114】孤独から自由になるには?

おはようございます。ノ・ジェスです。

本日も、心が痛まない社会を創る
リーダーを応援するメッセージを発信しています。

■認識技術(nTech)とは?

科学技術が、
脳の観点を基準点にした
ものの見方(観点の天動説)により、
個々の部分を観察する事物認識で
PC(Personal Computer)時代や
AI(人工知能)時代を築きあげた技術であるならば、

認識技術(nTech)は、
観点を移動、上昇させた
心の新素材を基準点とした
ものの見方(観点の地動説)と認識OSにより、
クローズ界の全体を統察する事件認識で
PU(Personal Universe)時代と
GI(集団知性体)時代を創建する技術です。

■■コラム 孤独から自由になるには?

休日になると孤独を感じ、落ち込んでしまう
という20代の男性にお会いしました。

平日は人と接するサービスの仕事をしており、
職場の人間関係は悪くないそうですが、
休日になると独りで行動することが殆どだそうです。

就職したての頃はそれでもよかったのですが
最近はだんだんと独りで行動することが
虚しくなり、不安に襲われることもあるそうです。

そんな孤独から抜け出そうと、
積極的に職場の仲間を飲みに誘ったり、
休日には興味のあるイベントや交流会に
足を運んでみることもあるそうですが、
そのときは盛り上がるのに
継続的に付き合う友人はできず、
結局、いつも表面的な交流で終わり、
心の底から楽しめていない自分に気づいたそうです。

独りが嫌なはずなのに
いつも独りでいることを選択してしまう。

そのような習慣をなかなか
直すことができずに悩んでいるそうです。

では、
このような孤独から自由になるためには、
どうすればよいのでしょうか?

その為にはまず、
今ここの出会いの価値に気づくことが大切です。

人間はこの世に生まれてからずっと、
自分が何を探しているのかわからないまま、
何かを探し続けています。

人間、誰もが心の一番奥深くで
懇切に探しているもの、それは
今ここ、目の前のどんな人も
どんな場面も、どんな出来事も
すべての出会いを美しい出会いに
昇華させることができる道具です。

孤独や不安など、雑念がある状態で、
肉眼の目を使って目の前の現実と出会っても
美しい出会いは起きず、
新鮮さをまったく感じられない
マンネリな出会いになってしまいます。

これからの時代は、今ここの
多様な出会いを美しく認識できる
道具・技術を持っているかどうかが、
幸せや成功を決定する最も重要な要素になります。

自分と自分の宇宙を完璧にオールゼロ化した
客観的絶対世界・オリジナルマインドから、
常に、今ここ、すべての現実・現象を
美しく認識し、成功のライフスタイルへ
転換できる新しい道具が、nTech(認識技術)なのです。

本日も読んでくださり
ありがとうございました。




ページトップ

メールマガジン登録