column

Noh Jesuメルマガ

【20130131】 平和と尊厳をつくるイメージ革命

おはようございます。Noh Jesuです。
このメールマガジンでは、「和の産業」「悟りの産業」を実現するためのキーワードを毎日発信しています。

「変化のキーワード-今の日本に必要な『外』からの力」をテーマに配信しています。

本来、自分と自分の宇宙のすべてをつくり出しているのはシンプルなHITOTSUであり、境界線のない無限の可能性そのものという素晴らしい素材であり、それが真実の自分自身です。

お釈迦様はこの真実の自分自身を、「生まれたこともないから死ぬこともない。しゃべっているけどしゃべっていない。」、つまり「不生不滅」「諸法無我」であると表現しました。

一方で物理学者は「人間には体が生まれた誕生日があり、全ての存在には生と死がある」という立場を取っています。
お釈迦様は嘘をついて人をだましている詐欺師でしょうか?

人間の認識セッティングが5感覚脳の癖に固定されたままでは、イメージできない世界です。

生まれた瞬間から5感覚脳で認識する「自分と自分の宇宙」だけが無意識的に絶対だと確信している限界を超えて、5感覚脳の「外」からの働きをインプットできるシステム感覚(裏感覚)を取り入れることでイメージ革命が起き、本当の平和と尊厳性が具現化されていきます。



【20130130】「外」を取り入れるイメージ革命

おはようございます。Noh Jesuです。
このメールマガジンでは、「和の産業」「悟りの産業」を実現するためのキーワードを毎日発信しています。

「変化のキーワード-今の日本に必要な『外』からの力」をテーマに配信しています。

真実の世界は、どこまでも境界線を引くことの出来ない無限の可能性そのものです。ですから名前をつけることはできませんし、「◯◯だ」と規定することもできません。その世界を知ることが自分の知っている世界から自由であることであり、「ゼロ感覚」を持った状態です。

人間5感覚脳で認識する「自分と自分の宇宙」という「中」すべてが、「情報の基本単位」という「外」から成り立っている仕組みや素材のイメージができるかどうか。それがイメージ革命です。

それは、西洋の数学と物理学に代表される最先端科学の世界と、東洋の仏教の悟り、老子の無為自然や釈迦の諸法無我の世界観とも矛盾なく一致する、知識の大統合が可能な世界です。



【20130129】 争いの原因をゼロ化するゼロ感覚

おはようございます。Noh Jesuです。
このメールマガジンでは、「和の産業」「悟りの産業」を実現するためのキーワードを毎日発信しています。

「変化のキーワード-今の日本に必要な『外』からの力」をテーマに配信しています。

竹島が自国の領土なのかどうか、日本と韓国で境界線の引き方の食い違いが起きています。なので、お互いがお互いに「自分の国の領土だ」と言って譲ることができず摩擦が起きています。

もし、誰かが竹島を爆発させてその存在を消してしまったとします。そうすると、「竹島は日本だ」「竹島は韓国だ」という境界線を引くことができなくなります。「ここまでが日本」「ここまでが韓国」という境界線がなくなり、争う理由がなくなってしまいます。争いの原因がゼロ化されるのです。

人間は「自分が知っている世界」が絶対正しいと無意識的に確信し、自分の知っている世界の「外」に出ることができずに争いを起こしてしまいます。

「自分が知っている世界」を言い換えれば、人間5感覚脳で認識する「自分と自分の宇宙」です。これが人間の争いの火種になっています。
これをゼロ化できるのがゼロ感覚です。



【20130128】争いの火種

おはようございます。Noh Jesuです。
このメールマガジンでは、「和の産業」「悟りの産業」を実現するためのキーワードを毎日発信しています。

「変化のキーワード-今の日本に必要な『外』からの力」をテーマに配信しています。

無意識的に絶対だと信じ込んでいる「自分が知っている世界」の「外」に出ることができれば、無駄な争いや摩擦がなくなります。

日韓の争いの火種になっている竹島問題があります。

日本には日本側の主義主張があって竹島は日本の領土だと規定し、韓国には韓国側の主義主張があって竹島は韓国の領土だと規定しています。お互いに譲ることができずに摩擦が生まれています。
竹島は人が住まないような島です。その島が原因で日韓関係が悪化し、戦争が勃発する可能性もあります。このまま摩擦が収まらずに戦争にまで発展してしまったら、人が住んでいる日本列島と朝鮮半島が攻撃の対象になってしまうでしょう。

人が住めない島のために、お互いに人が住む地域を攻撃し合い人と人が殺し合うようなことは、なんとも愚かなことではないでしょうか。



【20130127】知っている世界から自由に

おはようございます。Noh Jesuです。
このメールマガジンでは、「和の産業」「悟りの産業」を実現するためのキーワードを毎日発信しています。

「変化のキーワード-今の日本に必要な『外』からの力」をテーマに配信しています。

人間は機能的に限界のある5感覚脳の認識を土台に、さらに個人独自の観点に固定されます。

AさんにはAさんの認識する宇宙があり、BさんにはBさんの認識する宇宙があります。本人にとっては、どんなに正しく当たり前に思っていることでも、絶対ではなく相対的なものです。しかし、自分独自の観点・判断基準に固定されてしまうため、自分の知っている世界が絶対に正しいと無意識的に思い込んでしまいます。

「私は女だ」「私は男だ」「私は生きている」と当たり前のように思っている世界、知っている世界は本当に真実の世界なのでしょうか?

知っている世界から自由になることができない状態で、さらに「○○だ」と知る事には、一体どんな意味価値があるのでしょうか。

知っている世界から自由になれないので、摩擦や衝突、戦争が終わりなく起こってしまうのです。




ページトップ

メールマガジン登録