column

Noh Jesuメルマガ

【20180131】幸せになる5つの条件

おはようございます。ノ・ジェスです。

本日も、心が痛まない社会を創る
リーダーを応援するメッセージを発信しています。

■認識技術とは?

科学技術の
宇宙自然の理解方式・認識方式が、
部分の変化を正確にDefineし、
それらを統合して全体を理解しようとする
還元論的理解方式・認識方式であるならば、

認識技術の
宇宙自然の理解方式・認識方式は、
世界の根源、宇宙の根源である
1パターンの動きを正確にDefineし、
それと部分の変化をつなげて
全体を一発で理解・説明できる
全体論的理解方式・認識方式です。

■■コラム 幸せになる5つの条件

前回のコラム
「幸せな結婚を実現するには?」

その続きとして、
今日は幸せになれる条件について
お話ししたいと思います。

どのような時でも必ず、
現象(結果)が起こる背景には
条件(原因)が存在します。

「幸せ」という
現象(結果)が起こる背景にも
条件(原因)は存在するわけで、
その条件を抑えておくことは重要です。

では、
幸せになる条件とは何でしょうか?

認識技術では、
その条件を5段階で整理しています。

1つ目、
魂の孤独を経験し、
観点の問題、すなわち138億年間、
観点の外に出ることが出来なかった
魂の輪廻転生の苦しみを
感じることができ、かつ
出会い不可能、絶対孤独である
魂の故郷から、
コミュニケーションする相手がほしいと
深く感じることができること。

そして、その結果として
目の前の出会いや
コミュニケーションする相手が
成り立っているという仕組みを理解できること。

2つ目、
相手と出会うために
行動力を持ち、人と交流する
コミュニケーション力量の
次元上昇を通して、
「自分が何者なのか」
「生きる目的は何なのか」に対して、
明確な答えを得る「認識の勝利」ができること。

3つ目、
交流するだけでなく、
一緒に泣いたり笑ったりして
共感することができる
信頼人脈を拡張することができること。

4つ目、
共感から共通のビジョンや目的、
プロジェクトが生まれ一緒にそこへ向かう
夢と希望が溢れる未来を所有することができること。

5つ目、
多様な危機や限界と出会う。
そこで挫折して別れるのではなく、
雨降って地固まるというように
一緒に限界突破できる
感動のストーリーを共有することができること。

この1から5までのプロセスが幸せを得るための道です。

また、無条件で相手を愛する決断も必要です。

人間が理解できて、
時代のビジョン、
時代のミッションと出会えばその決断ができます。

コミュニケーション能力の質と量を充足し、
幸せな人生との出会いのきっかけを
認識技術を通して得ることが可能になります。

本日も読んでくださり
ありがとうございました。



【20180129】幸せな結婚を実現するには?

おはようございます。ノ・ジェスです。

本日も、心が痛まない社会を創る
リーダーを応援するメッセージを発信しています。

■認識技術とは?

科学技術の
宇宙自然の理解方式・認識方式が、
部分の変化を正確にDefineし、
それらを統合して全体を理解しようとする
還元論的理解方式・認識方式であるならば、

認識技術の
宇宙自然の理解方式・認識方式は、
世界の根源、宇宙の根源である
1パターンの動きを正確にDefineし、
それと部分の変化をつなげて
全体を一発で理解・説明できる
全体論的理解方式・認識方式です。

■■コラム 幸せな結婚を実現するには?

幸せなパートナーシップや
結婚を願っている人は多いです。

結婚したい理由は
さまざまあると思いますし、
男女によっても多少の違いはあるでしょう。

例えば、一生ひとりは寂しい。
早く子どもがほしい。
親や周りの雑音から早く逃れたい。
人生のステータスとして。
経済的な不安やキャリアアップを考えて。など

おおむね、このような理由が多い気がします。

しかし、幸せな結婚を願っていても
なかなかそれを実現できないという話もよく聞きます。

では、
幸せなパートナーシップや
結婚を実現するにはどうすればよいのでしょうか?

それはまず、人間のアイデンティティに
固定された生き方がいかに苦しいことなのか。

そこに気づくことが大切です。

結婚とは、魂と魂の結びです。

魂の故郷に戻ることができて、
魂の自由解放を獲得できなければ、
本当の幸せ、感動を得るのは難しいです。

魂が解放されていない状態、
魂が自分の故郷に戻れない状態では、
魂と魂の結びである結婚はできません。

その状態で結婚をしても
それは本当の結婚とは言えないのです。

魂とは何なのか?
魂と魂の結びである結婚とは何なのか?
それがなぜ必要なのか?

このようなことを知らなければ
幸せなパートナーシップや
結婚はとても難しくなるでしょう。

自分が何者なのか?

それを知らずに
どうやって他人を愛することができるでしょう?

認識技術は、
幸せなパートナーシップや
結婚の実現に貢献することができます。

本日も読んでくださり
ありがとうございました。



【20180126】マイナス感情の爆発をどのように整理すればよいのか?

おはようございます。ノ・ジェスです。

本日も、心が痛まない社会を創る
リーダーを応援するメッセージを発信しています。

■認識技術とは?

科学技術の
宇宙自然の理解方式・認識方式が、
部分の変化を正確にDefineし、
それらを統合して全体を理解しようとする
還元論的理解方式・認識方式であるならば、

認識技術の
宇宙自然の理解方式・認識方式は、
世界の根源、宇宙の根源である
1パターンの動きを正確にDefineし、
それと部分の変化をつなげて
全体を一発で理解・説明できる
全体論的理解方式・認識方式です。

■■コラム マイナス感情の爆発をどのように整理すればよいのか?

怒り、妬み、憎しみ などの
マイナス感情とどう付き合えばよいのか?

そのような悩みをもっている人は多いと思います。

例えば、相手の言動や行動が気になったり、
また自分に対して苛立ちを覚えたり、
いつもイライラしてスッキリできずに
人や物に当たってしまうなど、
瞬間的な感情の爆発は抑えたくても
なかなか抑えられるものではありません。

できればマイナス感情は持ちたくないし、
持ってはいけないものである、
などと思えば思うほど
逆にどんどんマイナス感情は
頭のなかを支配していくものです。

では、
マイナス感情から自由になって、
スッキリとした心でライフスタイルを
楽しめるようになるにはどうすればよいでしょうか?

それはまず、
感情が生まれる仕組みを理解することです。

そして、感情が生まれる仕組みは
宇宙が生まれる仕組みと同じであること。

さらに感情の爆発(ビッグバン)は愛であること。

それを知ることです。

感情の爆発とは、矛盾を発見した瞬間に
その矛盾を一気に戻したくなる
エネルギーの爆発の現れなのです。

例えば、あなたの目の前にいる人が
間違ってシャツを裏返しに着ていたら
戻したくなりますよね?

早く間違っていることを
その人に伝えたくなると思います。

シャツの裏と表が
ひっくり返されている矛盾をみた瞬間に
それをもとに戻したい!という
感情が衝動的に動くのと同じです。

認識技術では、
矛盾をつくり、それをもとに戻す
連続二段階の中外ひっくり返る
大反転のイメージを使って、
錯覚の宇宙が生まれる仕組みを
論理とイメージでお伝えしています。

本日も読んでくださり
ありがとうございました。



【20180124】教育と経済の融合~Edunomicsが開く未来ビジョン

おはようございます。ノ・ジェスです。

本日も、心が痛まない社会を創る
リーダーを応援するメッセージを発信しています。

■認識技術とは?

科学技術の
宇宙自然の理解方式・認識方式が、
部分の変化を正確にDefineし、
それらを統合して全体を理解しようとする
還元論的理解方式・認識方式であるならば、

認識技術の
宇宙自然の理解方式・認識方式は、
世界の根源、宇宙の根源である
1パターンの動きを正確にDefineし、
それと部分の変化をつなげて
全体を一発で理解・説明できる
全体論的理解方式・認識方式です。

■■コラム 教育と経済の融合~Edunomicsが開く未来ビジョン

前回のコラムでは
「持続可能な循環型の社会」
について書きました。

経済やビジネスにおいて
このような社会を創ることは
とても重要であり、
今の時代に求められている
キーワードでもあります。

前回は、
「存在(エネルギー)」に対して
「認識(心)」というペアを付けること。

すなわち、
人間の認識を変化させなければ
持続可能な成長と
循環型の社会は創れない
というお話をしました。

今日はそれに繋がる内容として
もう一つの大きなキーワードをお話しします。

経済とビジネスにおいて
今の時代に本質的に求められている
大きなキーワードとは?

教育と経済の融合です。

これからは、
「経済」に対して
「教育」というペアが必要です。

今までの経済は
「ハードウェアの発達」
「ソフトウェアの発達」
「インフラの発達」により
大きく発展してきましたが、

今からの時代は
間違いなく「情報コンテンツ」です。

しかも
今までのような
過去の経験や記憶など、
知っている世界から
創出された意味価値ではなく、

知っている世界からも自由になる
無知の完全性の境地から創出された
全く新しい意味価値となる
新しいパラダイムの情報コンテンツです。

今からの時代に求められる
全く新しい経済要素となる
情報コンテンツは、
本物の教育によってしか生み出せません。

今までが
生命知能の情報コンテンツなら、
今からは
本物の教育によって
人間の認識が変化することで
精神知能、尊厳知能の
情報コンテンツとして生み出されていきます。

教育と経済はペアであり、
どちらが欠けても
お互いの機能が
不全になってしまうほど、
それらは矛盾なく
融合していく必要があります。

私たちは
Education(教育)と
Economy(経済)を融合させた
Edunomics(エデュノミクス)
という造語を使った新しい概念を
社会変革のキーコンセプトとしています。

人間の5感覚脳の認識次元を高める
認識技術による教育。

そして
認識技術を応用した人々の
創意性によって生み出される
多様な新産業、新経済領域。

人間の尊厳性と可能性を中心において
人づくりの活性化から
経済循環の活性化を起こして行きたい。

認識経済のコンセプトでもあり、
Edunomicsが開く未来ビジョンです。

本日も読んでくださり
ありがとうございました。



【20180122】持続可能な循環型の社会を創るためには?

おはようございます。ノ・ジェスです。

本日も、心が痛まない社会を創る
リーダーを応援するメッセージを発信しています。

■認識技術とは?

科学技術の
宇宙自然の理解方式・認識方式が、
部分の変化を正確にDefineし、
それらを統合して全体を理解しようとする
還元論的理解方式・認識方式であるならば、

認識技術の
宇宙自然の理解方式・認識方式は、
世界の根源、宇宙の根源である
1パターンの動きを正確にDefineし、
それと部分の変化をつなげて
全体を一発で理解・説明できる
全体論的理解方式・認識方式です。

■■コラム 持続可能な循環型の社会を創るためには?

世の中は、持続不可能な
経済成長の仕組みで成り立っています。

経済やビジネスの世界では
必ず生産者と消費者が存在しますが、
生産者が何を生産するにせよ、
その元になる材料はエネルギーです。

例えば、
家を作るにせよ、車を作るにせよ、
材料は地球上の天然資源であり、
更にそれらを加工する際には
石油や石炭などの化学エネルギー
もしくは
電気、熱、光 などに転換された
エネルギーがなければ
生産することはできません。

このエネルギー資源を材料にして
生産したものが、消費者に渡って
ただ消費されていくのです。

このような仕組みは
エネルギー体系を
リセットしてしまうので
環境破壊という結果が生まれ
持続不可能な社会となります。

エネルギーのリセットという
一方通行の生態系の中で
成り立っているのが、
今の経済であり、ビジネスです。

持続可能な成長と循環型の社会づくりは
今の時代に求められている
重要なキーワードの一つです。

では、
そのような社会をつくるためには
何が必要なのでしょうか?

一方通行ではなく本当の意味での
循環型の社会をつくるには、
まず「ペア」が必要になります。

自分以外のペアがいるからこそ
会話という相互交流(循環)が
成り立つのと同じで、
ペアがなければ循環は起きません。

つまり、
今が循環型の社会になっていない
ということは「何か」に対しての
ペア付けが出来ていないということになります。

それは何か?

エネルギーの外を取り入れること。

すなわち
「存在」に対してのペア付けです。

5感覚と脳を基準にした
存在に対する人間の認識方式は

部分だけをとって、
違いだけをとって、
過去とつなげて、
境界線をつけ有限化させて、

その存在を認識します。

存在という
有限なエネルギー資源を使っていては、
生産と消費の関係は
必ずアンバランスになり、
エネルギーはリセットされ、
一方通行となり
環境破壊という結果を招きます。

「存在(エネルギー)」に対して、
「認識(心)」というペアを付けること。

つまり、
人間の認識を変化させなければ、
持続可能な成長と本当の意味での
循環型の社会は創れないということなのです。

目に見えるものだけが資源ではありません。

これからは
宇宙すべての存在を存在させる
究極の実在となる無限の可能性そのもの、
すなわち
エネルギーの外にある
新素材を取り込むことで、
無限にエネルギーを生産、
そして消費できる
永遠に持続可能な
循環型の社会を創れるようになります。

本日も読んでくださり
ありがとうございました。




ページトップ

メールマガジン登録