column

Noh Jesuメルマガ

【20110131】愚かな行為とは?

 

おはようございます。
Noh Jesuです。

このメールマガジンでは、「和の産業」「悟りの産業」を実現するためのキーワードを、毎日発信しています。

プレートは既に変わりました。

今までは、「体の範囲が自分」と思って生きる生き方が当たり前でした。

でも今、もう既に、「心が自分」と思って生きる生き方に、私たちが生きるプレートが変化しているのです。

ですから、自分のこと、自分の会社や組織だけのことを考える生き方では、自動的に潰れてしまう時代になってしまったのです。

無我の組織、無我の個人にならないと、その組織も個人も、潰れていく時代に突入しました。

「体の範囲が自分だ」と思って、その自分で幸せになろうとすることは、コンクリートブロックを一生懸命研いで、鏡にしようとしているのと同じくらい愚かな行為なのです。

それでは明日のメールマガジンもお楽しみに!



【20110130】内部構造改革とは?

おはようございます。
Noh Jesuです。

このメールマガジンでは、「和の産業」「悟りの産業」を実現するためのキーワードを、毎日発信しています。

「内部構造改革」とは、どんな意味を持つのでしょう?

それは、自らの内側にエンジンをもつことでもあります。

人間に例えれば、外からの刺激によって、モチベーションを上げるのではなく、自分の内側にあるエンジンを、自ら稼働させることができること。

それが、あたらしいモチベーションであり、内部構造改革でもあるのです。

いつでも、どこにいても、今ここ、稼働させることができるエンジン。

そんな、内部構造改革を果たした個人は、自分や自分の周りだけを幸せにしようとする「我」のビジョンではなく、68億人全員が納得するビジョン、つまり「グランドビジョン」を持つことができるのです。

それでは明日のメールマガジンもお楽しみに!

 

 



【20110129】圧力の本質とは?

 

おはようございます。
Noh Jesuです。

このメールマガジンでは、「和の産業」「悟りの産業」を実現するためのキーワードを、毎日発信しています。

今、あなたの人生に、どういう圧力がかかっているのでしょうか?

圧力の本質とは何なのでしょう。

すべての個人や企業、そして日本にもプレッシャーがかかっています。

どんな圧力がかかっているのか、それを明確に知ることが重要です。

今までの国家、企業組織、個人は、基本的に、自分の組織を守りながら、より繁栄してきました。

それよりももっと、繁栄するために、今、強烈な圧力をかけることによって導こうとしているもの。

それは「内部構造改革」です。

それでは明日のメールマガジンもお楽しみに!

 



【20110128】プレートの変化

 

おはようございます。
Noh Jesuです。

このメールマガジンでは、「和の産業」「悟りの産業」を実現するためのキーワードを、毎日発信しています。

今、人類が生きるプレートに大きな変化が起こっています。

それは、どんな変化でしょうか?

20世紀は「需要過剰」の時代でした。

世界は需要に溢れ、一人ひとりが「我」を満足させるために消費に走ることで、経済は循環しました。

でも、21世紀は、さまざまなモノが溢れる、「供給過剰」な時代です。

溢れる商品の中から、本当に必要な商品を選ぶ、「本物の選択」が問われている時代なのです。

それでは明日のメールマガジンもお楽しみに!

 

 



【20110127】技術から人へ

 

おはようございます。
Noh Jesuです。

このメールマガジンでは、「和の産業」「悟りの産業」を実現するためのキーワードを、毎日発信しています。

「技術」が経営を引っ張ってきた時代がありました。

でも今、経営は、「技術」が引っ張っていく経営から、「人」が引っ張っていく経営に移動しています。

つまり、「技術」から「人」に、経営の中心軸が移動しているのです。

多くの企業が、今、「人」の育成に頭を悩ませています。

今までの教育のままでは、人間の判断基準のつくる問題によって、無限にやる気が溢れる人材、アイディアに溢れる人材、人と疎通できる人材は生まれません。

人材の問題は、人間そのものの問題と直結しています。

人間そのものの変化が起こったとき、これからの企業を経営できる「人材」が誕生するのです。

それでは明日のメールマガジンもお楽しみに!

 




ページトップ

メールマガジン登録