column

Noh Jesuメルマガ

【20150228】 ネクストルネッサンス

おはようございます。Noh Jesuです。
このメールマガジンでは、「和の産業化」「悟りの産業化」を実現するためのキーワードを毎日発信しています。

先日から「アジアのルネッサンスはどのように興るのか」をテーマに配信しています。

問題溢れる今の世の中を見て、「もはや問題解決は無理なのでは」と諦めてはいけません。本当に「人間に生まれてよかった!この時代に生まれてよかった!」と心の底から思う事ができる時代なのです。

そして、隣の人と比較して格差を生み出して、相手を下に見て「自分の方が上だ」という相対比較をするのではなく、win-win All-winの協力関係を築くことができるのです。つまり、地球上に生きる人間みんなが勝利することができる道があるのです。

日本からその道を生み出そう!という思いでやっているのが日韓VISION同盟であり、NRグループの勝負なのです。

アジアのルネッサンスは、西洋のルネッサンスを超えるNext Renaissance(ネクストルネッサンス)なのです。ルネッサンスをキッカケに新しい時代を拓いた西洋だけが凄いというのではなく、東洋も恩返ししたいのです。東洋独自の良さも、本当にしっかり伝達したいのです。今、その道具が完成しているので、みなさんと早く共有共感したい思いでいっぱいなのです。



【20150227】 美しい人類歴史をつくれる道具

おはようございます。Noh Jesuです。
このメールマガジンでは、「和の産業化」「悟りの産業化」を実現するためのキーワードを毎日発信しています。

先日から「アジアのルネッサンスはどのように興るのか」をテーマに配信しています。

観点があることを自覚し、観点が本当に問題だと解かっていただけたら、是非、4日間のワクワク観術セミナーを受講されてみてください。観点の問題を突破する明確な道具を得ることが出来ます。そして、ご自身のライフスタイルでその道具を活用していただけたら嬉しく思います。

また、その道具は日韓が最高の誇りを持つことができるものであり、美しい人類歴史を創っていく道具でもあるのです。



【20150226】 イメージ言語の誕生背景

おはようございます。Noh Jesuです。
このメールマガジンでは、「和の産業化」「悟りの産業化」を実現するためのキーワードを毎日発信しています。

先日から「アジアのルネッサンスはどのように興るのか」をテーマに配信しています。

今まで人類が開発した言語、その限界を超えて補うメタ言語「イメージ言語」が完成しています。そのイメージ言語をみなさんと共有したいのです。

イメージ言語は、日韓がひとつになって創ったものです。今までにない、まったく新しい言語ですので、日韓の大人たちが怪しいと思うのではないか、やめた方が良いのではないかと思うこともありました。ですが、それを超えて日韓の若者達が私を育ててくれたおかげで出来たものなのです。

フランスやイギリスは、自分たちが創った文明に深い自負心を持っています。日韓もそのようになれるのです。



【20150225】 日本の素晴らしさ 

おはようございます。Noh Jesuです。
このメールマガジンでは、「和の産業化」「悟りの産業化」を実現するためのキーワードを毎日発信しています。

先日から「アジアのルネッサンスはどのように興るのか」をテーマに配信しています。

イメージ言語を72億人と共有したいのです。ですから、イメージ言語を習得できるワクワク観術セミナーの4日間の内容を自宅のパソコンやスマートフォンなどの端末でも勉強できるように「Kanjutsu TV」の仕組みを作りました。

そして、全世界の駅前に、観術のフランチャイズが並びどこでも観術を学べる世界を創りたいのです。19年間、観術は日本語で日本人にしか語っていませんでした。今、ハングルで韓国人に教えようとしてチャンジしていますが、簡単なことではありません。

例えば、「裏付け」、「裏切り」など、単語ひとつさえもハングルに訳してみれば、イメージが違うのです。実は、そのような問題があるのです。だからこそ、観術は、日本の本当の素晴らしさを明確に認識させるものなのです。



【20150224】 日韓の信頼の結果 

おはようございます。Noh Jesuです。
このメールマガジンでは、「和の産業化」「悟りの産業化」を実現するためのキーワードを毎日発信しています。

先日から「アジアのルネッサンスはどのように興るのか」をテーマに配信しています。

数学(数学言語)は、一般の人には理解するのが難しいものですが、宇宙自然の真理を探求してきた先人たちは、数学(数学言語)を使って、宇宙自然の仕組み、人間とは何なのか、生きるとは何なのか、を探求してきました。そのためには、宇宙自然そのものを知らないと答えが来ないのです。

西洋は、宇宙自然そのものを知るための客観的認識を得たいがために、数学(数学言語)をどんどん使い、整理が起きているのです。今は、ひも理論・M理論まで整理できたのですが、一般の人達に伝えることが難しいのです。

その数学の言語ではなく、イメージ言語は微分積分をはじめ数学言語が解かり易く理解できる世界なのです。そのイメージ言語を私が発明したと思われる方がいらっしゃるかもしれませんが、共に開発してきた日本の若者がいなかったら不可能でした。これは、日本と韓国が本当に国家民族を超えて信頼で結ばれた結果なのです。




ページトップ

メールマガジン登録