column

Noh Jesuメルマガ

【20100831】「判断基準」を持っていること

おはようございます。
Noh Jesuです。

このメールマガジンでは、「和の産業」「悟りの産業」を実現するためのキーワードとなる「判断基準」について、毎日繰り返し発信しています。

私たち人間は、

[1]皆、判断基準を持っている
(だから、エゴ(我)の執着を突破できない)

[2]その判断基準が皆違う
(だから、人間関係の摩擦が終わらない。しかし判断基準をひとつにしてしまうと、さらに大きな問題が起きてしまう)

[3]その判断基準が不完全である
(だから、無知の恐怖を解決できない)

[4]その判断基準によって、観点が固定される
(だから、アイデア、イメージ、やる気の限界を突破できない)

というのが事実です。

今日は[1]の、
「皆、判断基準を持っている」
と言う事について考えてみましょう。

私たちは、それぞれ異なった家庭環境、生活環境、そしてその時代の社会環境、文化環境のもとで生きてきました。異なる家族、友人、恋人、学校、会社、地域、マスコミ、国家等の影響を受けて、「あなた独自の判断基準」が作られたのです。

このように、生まれてから知らず知らずのうちに独自の判断基準を形成し、それを道具に考えたり、感じたり、話したり、行動しているのが人間です。

この「判断基準」を正確に理解し、その問題を解決していくことが、「和の産業」「悟りの産業」の創出につながるのです。

次回からはより深く判断基準について考えていきます。

明日のメールマガジンもお楽しみに!



【20100830】「判断基準」の問題によって起きる現象

おはようございます。
Noh Jesuです。

このメールマガジンでは、「和の産業」「悟りの産業」を実現するためのキーワードとなる「判断基準」について、毎日繰り返し発信しています。

私たち人間は、

[1]皆、判断基準を持っている
(だから、エゴ(我)の執着を突破できない)

[2]その判断基準が皆違う
(だから、人間関係の摩擦が終わらない。しかし判断基準をひとつにしてしまうと、さらに大きな問題が起きてしまう)

[3]その判断基準が不完全である
(だから、無知の恐怖を解決できない)

[4]その判断基準によって、観点が固定される
(だから、アイデア、イメージ、やる気の限界を突破できない)

というのが事実です。

ではもう少し具体的に見ていきましょう。

「判断基準」が原因となって起きる現象は、例えば次のようなものが挙げられます。

「自分の期待通りにならない相手に不満を持つ」「相手(または自分)ばかりを責める、否定する」「自己中心的になる」「エゴ意識が強くなる」「人と人がわかり合えない。協力し合えない」「信頼関係を築けない」「ケンカ」「離婚」「離別」「人間不信」「あきらめ」「孤独」「鬱」「精神疾患」「通り魔事件」「自殺」…。

このような現象の原因である「判断基準」の問題を解決していくことが、「和の産業」「悟りの産業」の創出につながるのです。

それでは明日のメールマガジンもお楽しみに!



【20100829】「判断基準」が作り出す問題

おはようございます。
Noh Jesuです。

このメールマガジンでは、「和の産業」「悟りの産業」を実現するためのキーワードとなる「判断基準」について、毎日繰り返し発信しています。

私たち人間は、

[1]皆、判断基準を持っている
(だから、エゴ(我)の執着を突破できない)

[2]その判断基準が皆違う
(だから、人間関係の摩擦が終わらない。しかし判断基準をひとつにしてしまうと、さらに大きな問題が起きてしまう)

[3]その判断基準が不完全である
(だから、無知の恐怖を解決できない)

[4]その判断基準によって、観点が固定される
(だから、アイデア、イメージ、やる気の限界を突破できない)

というのが事実です。

人間一人ひとりが持っている「判断基準」は全部違いますが、だからと言ってもしそれらを一つに画一化してしまったら、人間が機械のようになってしまうのでもっと問題です。

しかし、判断基準の違いを放置したままだと、人間関係の摩擦や衝突が永遠に終わりません。

これは個人だけではなく、「組織と組織」「宗教と宗教」「民族と民族」「国家と国家」の判断基準の違いによる摩擦や衝突も同様です。

また、人間の判断基準は誰もが不完全ですから、「人間(自分)は何者なのか?」「人間はどこから来て、どこへ行くのか?」等の問題に対する「無知」からくる不安や恐怖を、明確に解決する事ができずにいます。

さらに、判断基準による観点固定は、アイディア・イメージ・やる気の限界をつくります。

このような判断基準の4つの特徴と問題を明確に解決できる技術が、5次元認識テクノロジーです。

次の3つのセミナーで、5次元認識テクノロジーの必要性と価値をより理解できるようになりますので、ぜひご活用ください。

【気軽に学べる講座】
1.あなたの人生は”認識”で変わる!コミュニケーション講座

2.失敗の力セミナー~失敗は成功のもと、失敗の法則~

3.マインドームセミナー
(セミナー詳細、開催日程などは下記のURLからご確認下さい。)
http://www.nr-japan.co.jp/services/event.html

それでは明日のメールマガジンもお楽しみに!



【20100828】誰もが持っている「判断基準」

おはようございます。
Noh Jesuです。

このメールマガジンでは、「和の産業」「悟りの産業」を実現するためのキーワードとなる「判断基準」について、毎日繰り返し発信しています。

私たち人間は、

[1]皆、判断基準を持っている
(だから、エゴ(我)の執着を突破できない)

[2]その判断基準が皆違う
(だから、人間関係の摩擦が終わらない。しかし判断基準をひとつにしてしまうと、さらに大きな問題が起きてしまう)

[3]その判断基準が不完全である
(だから、無知の恐怖を解決できない)

[4]その判断基準によって、観点が固定される
(だから、アイデア、イメージ、やる気の限界を突破できない)

というのが事実です。いかがでしょうか?

「判断基準」という言葉に、ピンと来ない方もいらっしゃるかもしれません。

しかし、無意識に作用している判断基準は、あなたの思考や感情はもちろん、日々の生活や仕事、コミュニケーション、パートナーシップ、人間関係、生き方、夢など、あなたの人生すべてに大きく深く関係しているのです。

この「判断基準」の特徴と問題を理解し、解決していくことが、「和の産業」「悟りの産業」の創出につながるのです。

明日のメールマガジンもお楽しみに!



【20100827】「和の産業」のキーワードは、判断基準

おはようございます。
Noh Jesuです。

このメールマガジンでは、「和の産業」「悟りの産業」を実現するためのキーワードとなる「判断基準」について、毎日繰り返し発信しています。

ではさっそく、判断基準の4つの特徴と問題からみていきましょう。

【判断基準の4つの特徴と問題】

私たち人間は、

[1]皆、判断基準を持っている
(だから、エゴ(我)の執着を突破できない)

[2]その判断基準が皆違う
(だから、人間関係の摩擦が終わらない。しかし判断基準をひとつにしてしまうと、さらに大きな問題が起きてしまう)

[3]その判断基準が不完全である
(だから、無知の恐怖を解決できない)

[4]その判断基準によって、観点が固定される
(だから、アイデア、イメージ、やる気の限界を突破できない)

この4つを明確に理解し、相手に正確に伝達できるようになった時、人間関係やパートナーシップなどあらゆる場面で新鮮な変化が起きはじめます。

また、多様な問題の根本原因を明確に理解するだけで、自分の心の平和や人間関係がどんどんうまくいくようになります。これらを繰り返して問題意識をしっかり持ちましょう!

それだけではなく、「和の精神の産業化」「悟りの産業化」に関心がある方には、ぜひ5次元認識テクノロジーの世界に出会ってほしいのです。

判断基準の4つの特徴と問題を明確に解決できる技術が5次元認識テクノロジーです。

次の3つのセミナーで、5次元認識テクノロジーの必要性と価値をより理解できるようになりますので、ぜひご活用ください。

【気軽に学べる講座】
1.あなたの人生は”認識”で変わる!コミュニケーション講座

2.失敗の力セミナー~失敗は成功のもと、失敗の法則~

3.マインドームセミナー
(セミナー詳細、開催日程などは下記のURLからご確認下さい。)
http://www.nr-japan.co.jp/services/event.html

それでは明日のメールマガジンもお楽しみに!




ページトップ

メールマガジン登録