column

Noh Jesuメルマガ

【20130831】 若者が希望を感じられない社会

おはようございます。Noh Jesuです。
このメールマガジンでは、「和の産業化」「悟りの産業化」を実現するためのキーワードを毎日発信しています。
先日から「進化していく平和-通渉(つうしょう)の世界」をテーマに配信しています。

観術の内容にもし嘘や偽りがあったなら、私はいつでも命を投げ打つ覚悟があります。私の人生と命を担保にして、観術の内容を保証して歴史の前に立っている状態でメッセージさせていただいています。責任を取ります。

70億の人間全員が尊厳が溢れる素晴らしい存在なのに、うつ、自殺、殺人、戦争まで起こし、やる気も失ってしまっていては本当に悲しいことですし、もったいないことです。

「人間こんなものではない!これではだめだ! では、どうすればいいのか?」と言った時に、ただ世の中に合わせて生きる生き方では何の希望もありません。将来に希望が持てないから若者が結婚せず、少子高齢化が進んでいきます。これは文明が間違っていることの証です。
若者が未来に希望を感じられないことは大人の失敗です。



【20130830】 10秒間

おはようございます。Noh Jesuです。

このメールマガジンでは、「和の産業化」「悟りの産業化」を実現するためのキーワードを毎日発信しています。
先日から「進化していく平和-通渉(つうしょう)の世界」をテーマに配信しています。

鳥が空を飛んでいるのを人間が見て、「鳥が空を自由に飛ぶなら、私も飛びたい。」と人間が思ったところから、「どうすれば空を飛ぶ事が出来るのか?」と飛行機を開発しました。100年前の飛行機は10秒しか飛べませんでした。1秒,2秒,3秒、、、この10秒だけです。

この事実に対して、「すごい!10秒も飛べたんだ。歴史的な一歩だ!」と思った人と、「たいしたことない。たったの10秒でどうやって空を飛び続けるのか?」と思った人がいました。

私が語る観術の世界は、初めて聞く方たちにとって、頭で考える世界ではさっぱりわからないように聞こえるかもしれません。しかし、そこに100年前の飛行機が10秒間飛べたような歴史的な一歩を感じてほしいのです。



【20130829】ヘンリー・フォードのエピソード

おはようございます。Noh Jesuです。
このメールマガジンでは、「和の産業化」「悟りの産業化」を実現するためのキーワードを毎日発信しています。

先日から「進化していく平和-通渉(つうしょう)の世界」をテーマに配信しています。

牛や馬を主な道具として活用する農業社会から産業社会に時代のプレートが移動するときは、機械の力を活用する飛行機や車が開発されました。

車は、排泄物を出さない牛や馬と捉えることができます。フォード・モーターの創始者であるヘンリー・フォードは、どうしたら排泄物を出す牛や馬に代わる道具を作ることができるのかにチャレンジしました。牛や馬が当たり前の時代ですから、普通の人間が考えたら不可能な発想です。

しかし彼は、牛や馬の排泄物の匂いが嫌だったようです。都市のどこに行っても排泄物の匂いで臭いので、「何とかしないとこのままではダメだ。どうすればいいのだろう?」と本気で考えてチャレンジしたのです。ですが周囲の人は彼のことを馬鹿にしていました。
しかし、自動車の育ての親と言われる彼によって、車の走る道が作られて、新しい車や道が造られたのです。



【20130828】Noh Jesu特別観術セミナーのご案内

おはようございます。Noh Jesuです。
このメールマガジンでは、「和の産業化」「悟りの産業化」を実現するためのキーワードを毎日発信しています。

本日は、9/20(金)から23日(祝・月)の間で開催される、「Noh Jesu特別観術セミナー」のご案内をさせて頂きます。

この「Noh Jesu特別観術セミナー」では、私が4日間、「観術」のエッセンスである「イメージ言語」を通して、心と力と物質の関係、東洋の悟りと西洋の最終理論の明確な理解を案内致します。

4日間、日本の皆様に直接、最先端の観術のエッセンスをお伝え出来る事を心より楽しみにしています。

沢山のご参加をお待ちしております。



【20130827】ユビキタス時代をオープンさせる新素材 

おはようございます。Noh Jesuです。
このメールマガジンでは、「和の産業化」「悟りの産業化」を実現するためのキーワードを毎日発信しています。

先日から「進化していく平和-通渉(つうしょう)の世界」をテーマに配信しています。

人類文明の進化の裏には、「素材」の変遷が隠れています。石を素材として使う文明の黎明期があり、銅、鉄を使うようになりました。現代では半導体を扱うまでになり、爪の面積ほどの大きさの中に図書館1つ分の情報量を入れることができるようになりました。

さらに技術は進み、量子力学的な兼ね合わせを用いた量子コンピュータが登場しています。つまり、時間の最小単位であるプランク時間の振動でオンとオフを起こしてデジタル化することに成功しています。この素材を使えばユビキタス時代が幕を開けていきます。

そしてユビキタス時代を明確にオープンさせるのは、半導体の次の新素材です。




ページトップ

メールマガジン登録