【20130829】ヘンリー・フォードのエピソード

おはようございます。Noh Jesuです。
このメールマガジンでは、「和の産業化」「悟りの産業化」を実現するためのキーワードを毎日発信しています。

先日から「進化していく平和-通渉(つうしょう)の世界」をテーマに配信しています。

牛や馬を主な道具として活用する農業社会から産業社会に時代のプレートが移動するときは、機械の力を活用する飛行機や車が開発されました。

車は、排泄物を出さない牛や馬と捉えることができます。フォード・モーターの創始者であるヘンリー・フォードは、どうしたら排泄物を出す牛や馬に代わる道具を作ることができるのかにチャレンジしました。牛や馬が当たり前の時代ですから、普通の人間が考えたら不可能な発想です。

しかし彼は、牛や馬の排泄物の匂いが嫌だったようです。都市のどこに行っても排泄物の匂いで臭いので、「何とかしないとこのままではダメだ。どうすればいいのだろう?」と本気で考えてチャレンジしたのです。ですが周囲の人は彼のことを馬鹿にしていました。
しかし、自動車の育ての親と言われる彼によって、車の走る道が作られて、新しい車や道が造られたのです。

カテゴリー: 未分類   パーマリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>