column

Noh Jesuメルマガ

【20190823】学習に意欲的な子供を増やすためには?

おはようございます。ノ・ジェスです。

本日も、心が痛まない社会を創る
リーダーを応援するメッセージを発信しています。

■認識技術(nTech)とは?

科学技術(sTech)が、最先端の
AI(人工知能)のDeep Learningによって
目に見える模様・形の用途機能を
パターン認識し、自律的に学習する
知識生産方式を可能にした技術であるならば、

認識技術(nTech)は、最先端の
GI(集団知性体)のDeep Learningによって
目に見えない1パターンの心の動きから
生まれる5つの動きのパターンを認識し、
AllZero化感覚による自律的な学習と
知識の大統合を可能にする技術です。

■■コラム 学習に意欲的な子供を増やすためには?

先日、小学校の教員をしている
女性にお会いしました。

彼女は、子供たちが社会に出て
苦労しないようにさせてあげたい
という想いがあり、
一人ひとりの個性を尊重し、
自立した人間になってほしいと願っています。

そのためにも、まず第一に学習することや
勉強することが楽しくなってほしいと思い、
彼女なりに試行錯誤しながら日々取り組んでいるそうです。

しかし、なかなか思うようにはいかず、
どうしても画一的なやり方になってしまい、
学習に対して意欲的な子供は
ごく少数になってしまっている現状とのことです。

多くの子供は意欲的ではなく、
親や先生の指示通りに振る舞う子や
テストのためだけに
勉強しているような子供もいるそうです。

では、
このような現状に対して、
どのように対処していけばよいのでしょうか?

それはまず、人間は一人ひとり
全く違う観点(判断基準)を持っている
ということを深く理解する必要があります。

一人ひとりの観点が違うにも関わらず、
学習と言えば、当たり前のように
画一的なやり方で一方的に
教えてきたのが今までのやり方でした。

しかし、そのやり方では、
今の子供たちは未来に可能性がないことを
無意識に感じ取ってしまっているので
なかなか受け入れてはくれません。

なので、子供たちが、
未来に可能性を感じられるように
まずは先生や周りの大人たちが
観点の違いを明確に理解することが大事です。

人間は、生まれてから一度も
観点の外に出ることがないまま
人間関係を構築し、社会を形成してきました。

そして、観点と観点の摩擦衝突を繰り返し、
文化文明をつくってきたという歴史があります。

すなわち、5感覚脳の観点の障壁がある限り
人間は真の平和を構築することができない
ということを子供たちは無意識で
感じ取っているということなのです。

観点の問題を知り、観点の外に
出ることができる技術がnTech(認識技術)です。

先生や周りの大人たち自らの
認識の変化によって、
本当に伝えなければならないことは何か、
その意志と情熱が子供たちに伝われば、
子供たちは自ずと能動的に
喜んで学習をはじめることでしょう。

「好きこそ物の上手なれ」
という言葉がありますが、
積極的に楽しく学ぶことができたなら、
子供たちはどんどん吸収して、
ぐんぐん能力を伸ばしていきます。

結果的に社会に出たときには、
個性を思う存分、輝かせながら
活躍できるようになるでしょう。

本日も読んでくださり
ありがとうございました。



【20190821】人間の理想像とは?

おはようございます。ノ・ジェスです。

本日も、心が痛まない社会を創る
リーダーを応援するメッセージを発信しています。

■認識技術(nTech)とは?

科学技術(sTech)が、最先端の
AI(人工知能)のDeep Learningによって
目に見える模様・形の用途機能を
パターン認識し、自律的に学習する
知識生産方式を可能にした技術であるならば、

認識技術(nTech)は、最先端の
GI(集団知性体)のDeep Learningによって
目に見えない1パターンの心の動きから
生まれる5つの動きのパターンを認識し、
AllZero化感覚による自律的な学習と
知識の大統合を可能にする技術です。

■■コラム 人間の理想像とは?

人間はどうあるべきかを
真剣に考えていたという男性にお会いしました。

彼は小学生の頃から、なぜクラスの中には、
いじめっ子やいじめられっ子、また、
それを見て見ぬ振りをする人や
止めようとしてさらに摩擦を生む人など、
関係性のこじれが起こるのだろうと考えていたそうです。

人と人がもっと愛と信頼に満ちた
理想的な関係性をつくれたらいいのに
なぜそれができないのか、
どうしたら解決できるのかと思い、
先生や両親など、大人にその疑問を
ぶつけてみても返ってくるのは
曖昧な答えばかりで納得できるものではなかったそうです。

それどころか、大人同士でも
強者と弱者という関係性が存在するし、
これは、争いが無くならないという
人間の本質的な問題であり、もしかしたら
人類はいつか滅亡してしまうかもしれないと
子供ながらに思ったそうです。

そして、この問題を解決するためには
人間が人間で無くなるほどの
大きな進化を遂げなければ無理である。

でもそれはどんな変化なのか、
どうやってその変化を起こせるのかは
全くわからず、絶望に打ちひしがれていたとのことでした。

では、
どうしたらこのような人間の本質的限界を
突破することができるのでしょうか?

人間は「この体が自分だ」と目で見た瞬間に
摩擦衝突が絶えない世界を生きることになります。

なので、彼が子供のときに思った
「人間が人間で無くなるほどの変化」は
あながち間違ってはおらず、確かに必要なことなのです。

nTech(認識技術)では、その変化の
キーワードを「観点」と表現しますが、
観点の中に閉じ込められていれば、
それはVRゲームの中にいるようなもので
「この体が自分だ」という人間共通の
思い込みの外には出られず、
今の人間の次元を超えることはできません。

観点の外に出ることで、
本来の人間に立ち戻ることができ、
そうすることで、ようやく
人間の本質的な限界を突破したと言えるのです。

「人間が人間で無くなる」ということは、
人間が完成し、人間を卒業するということです。

そうなったときに、
尊厳・自由・愛・成就・幸福が具現化され、
次元上昇した人間として、
理想的な関係構築が出来るようになります。

それは、人類滅亡の危機をチャンスに
ひっくり返して、新しい人類文明を
創建できるということでもあるのです。

本日も読んでくださり
ありがとうございました。



【20190816】Noh Jesuブログ アメリカ訪問レポート

おはようございます。ノ・ジェスです。

■■コラム Noh Jesuブログ アメリカ訪問レポート

今回のNoh Jesuブログでは、
先月のアメリカ訪問について語っています。

ハーバード大学心理学教授ドナ・ヒックス氏
とのボストンでの対談や
サンフランシスコ ・シリコンバレーにて、
物理学者・数学者・未来学者と共に参加した
国際カンファレンスを通してみえた
世界の課題や行くべき方向性、
未来ビジョンなど、皆さんに共有したい
たくさんのミラクルが起こりました。

新元号“令和”になって初めての
終戦記念日8月15日を現代に生きる私たちは
どのように捉えたらよいのか。

今回のアメリカ訪問レポートを通して、
日本の皆さまとも活発に意見を交わしたいです。

この続きは、ぜひブログをご一読ください。

https://blog.noh-jesu.com/entry/2019/8/15

本日も読んでくださり
ありがとうございました。



【20190814】人間は生まれた瞬間から脳の観点のVRメガネをかけている

おはようございます。ノ・ジェスです。

本日も、心が痛まない社会を創る
リーダーを応援するメッセージを発信しています。

■認識技術(nTech)とは?

科学技術(sTech)が、最先端の
AI(人工知能)のDeep Learningによって
目に見える模様・形の用途機能を
パターン認識し、自律的に学習する
知識生産方式を可能にした技術であるならば、

認識技術(nTech)は、最先端の
GI(集団知性体)のDeep Learningによって
目に見えない1パターンの心の動きから
生まれる5つの動きのパターンを認識し、
AllZero化感覚による自律的な学習と
知識の大統合を可能にする技術です。

■■コラム 人間は生まれた瞬間から脳の観点のVRメガネをかけている

人間は生まれた瞬間から
自然現象・社会現象・心理現象を
すべての原因ととらえ、そこから常に
争いや好き嫌い、考えなどを出発させます。

しかし、これらの現象は原因ではなく、
あくまでも人間5感覚脳の認識の結果でしかありません。

認識の結果である
自然現象・社会現象・心理現象を
成り立たせるためには、
その結果を生み出すプロセスである
VRのメガネの用途・機能・仕組みを理解する必要があります。

そして、なぜVRのメガネによる
錯覚の原因が必要なのかが納得できる
世界の根源、宇宙の根源を補う必要があります。

人間は人間5感覚脳の観点である
VRのメガネをかけて、人間のゲームの中に入っています。

人間になって人間のゲームの中に入って、
人間のエネルギーでゲームをしている状態です。

VRのメガネが犬の脳の観点のメガネであれば
犬のゲームの中に、犬のエネルギーになって
犬の宇宙を見ながら犬のゲームをやります。

ヘビの脳の観点のVRのメガネをかければ
ヘビになって、ヘビのエネルギーで
ヘビの宇宙の中に生活するヘビのゲームをやるのです。

人間が脳の観点のVRのメガネをかけて、
人間になって、人間のエネルギーで
人間の宇宙の中で
人間のゲームをやっている限りは、
自分が何者なのか、何を知り、何をやり、
何を希望するべきなのか、
自分と自分が見ている宇宙自然、
現実、状況をどう統制すればいいのか、
その仕組みや全体を知ることは不可能です。

ゲーム全体のルールを知るためには、
VRの脳の観点のメガネを外すこと。

それにより、ゲームがなぜ必要だったのか、
ゲームは何によって構成されているのか、
そのゲームをどうすれば
楽しむことができるのかが明確に分かるようになります。

VRのメガネを映画にたとえてみると、
映画を観るときには、
バックスクリーンや映像スクリーンといった
スクリーンに対しては関心がおこりません。

時間・空間・存在の中に入って
ストーリーの中に入って
主人公とその相手の中に入って
ストーリーを楽しむと思います。

スクリーンには
全く関心がないのと同じように
観点のメガネには全く関心がない状態なのです。

映画を楽しむためには、スクリーンの外に
心を置いておくことが重要なように
VRのメガネをかけてゲームを楽しむためには、
VRメガネの外、観点の外に心を置いておく必要があります。

本日も読んでくださり
ありがとうございました。



【20190812】令和という新元号に寄せて シリーズ20

おはようございます。ノ・ジェスです。

■■コラム 令和という新元号に寄せて シリーズ20

2019年8月2日、安倍政権は、
先端材料などの輸出と関連して
特定国家に対する外国為替管理法上の
優遇制度である「ホワイト国」から
韓国を除外する閣議決定を行い、
「ホワイト国」「非ホワイト国」
といった名称の変更を発表しました。

今の時点では
絶対不可能に見えるかもしれませんが、
この歴史上最悪の状態とも言える
今の日韓関係は、最高のチームプレイと
ビジョン同盟を組んで
世界を大統合していける
尊厳関係に大反転が起きる
きっかけになるのではないか。
令和哲学者としてそうとらえています。

関係を大事にして自分の痛みを優先するより
周りとの関係を大事にする
美しい心文化をもった日本が、
時代の危機を大反転させる英雄集団になり、
韓国の中の左派政権の
永久執権陰謀を粉砕することは、
東アジアの平和と繁栄のために必要だと切実に思っています。

この続きは、ぜひブログをご一読ください。

https://blog.noh-jesu.com/entry/2019/08/11

本日も読んでくださり
ありがとうございました。




ページトップ

メールマガジン登録