【20120424】日韓ビジョン同盟が持つ未来イメージ

おはようございます。Noh Jesuです。
このメールマガジンでは、「和の産業」「悟りの産業」を実現するためのキーワードを、毎日発信しています。

2121年、これから100年後。
その時も私たちは今のように国家・民族・宗教に分かれて醜(みにく)く争い合っている状態でしょうか?

人間はいつまでもそんな愚かな存在ではないと思います。
かつて、日本が藩と藩に分かれて争い合っていた時代を超えて、明治維新後には日本というひとつの国に融合されていったように。

2121年、世界全体が本当にOne Wolrdになって、人間の尊厳性がしっかり守られている確信が私にはあります。

そんな未来に向かうためにはきっかけが必要です。
それが「2021」です。

「2021年には日韓がひとつの国になっている」そう、イメージしてみてください。
それを命がけで人生をかけて、1日を10年の濃度にして勝負していく思いで、日韓ビジョン同盟をスタートさせました。

2021年。
今が2012年ですから9年後です。

「そんな非現実的な事」と思われるかもしれません。
ですが、ひとつの国になります。私にはその確信があるのです。

では本当にひとつの国になるためには、どんな特別な「力」が必要なのでしょうか。

明日以降お伝えしていきたいと思います。

カテゴリー: 未分類   パーマリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>