【20211119】カント哲学と歴史最高最強の組織システムによる美学の完成 令和哲学カフェ No.355

おはようございます。ノ・ジェスです。

令和哲学カフェ第3期の第13弾
(11/8~11/17)
期間テーマ
「NO DIGNITY, NO LIFE !!」
ナビゲーター新原千春さんで
開催しています。

今回が期間テーマの最終回となり、
ナビゲーターとのトークライブ、
質問道場を開催しました。

新原さんは、全ての問題の根本原因が
観点の問題ということに大変感動し、
観点の問題に正しく絶望することが大事
と考えていました。
その観点からみたときに、
認識形式を発見した哲学者であるカントを
今回の哲学者に選んだということです。

カント自身は「物自体」まで
明確に到達したのではないかと思います。
その自分が得た世界を
とてもシャープな理性を用いて
多くの人がわかるよう論理だてて説明し、
哲学に革命をおこしました。
ただ、定言命法を
スタンダード化させることは
できませんでした。

今の人間はパンデミックによる
不信・不安・恐怖の中で
何をどのように考えればいいのかわからず、
誰もが哲学が必要な時代です。

令和哲学では、
この学問を学問でとどまらせず
美学の完成につなげていきます。
個人の実践は哲学ですが、
組織システムの
実践・チームプレーをするのが
美学になります。

そして、歴史最高、最強の
組織システムがうまれるところは
日本に他なりません。
日本という集団は
文明のパラダイムを変える
アートをする準備ができている
文化文明なのです。

2021年は人間の歴史の中で
一番寒い冬の状態だったといえます。
家の中で意思決定構造、
自分の考えができるようになることを
要求されていました。

来年は「虎の目、牛の歩み」の年です。
勇気ある個人と集団が
日本の目覚めを要求する年です。
これからのリニューアルジャパンの活躍を
楽しみにしています。

次回11/19は
3期ディプロマ授与式となります。
ぜひ3期の締めくくりとして、
ご参加お待ちしております。

カテゴリー: 未分類 | コメントは受け付けていません。

【20211119】「かごめかごめ」の歌にみる日本文明の神秘 令和哲学カフェ No.354

おはようございます。ノ・ジェスです。

令和哲学カフェ第3期の第13弾
(11/8~11/17)
期間テーマ
「NO DIGNITY, NO LIFE !!」
ナビゲーター新原千春さんで
開催しています。

今回は、ナビゲーターからの希望もあり
「かごめかごめ」の歌の解析を行いました。
ほとんどの日本人が子どもの時に
遊びで覚えるこの歌には、
令和哲学からみると、ものすごく濃度の濃い
完全学問のエキスが入っています。

令和哲学では、第1期の時から
「ビン鳥※」の例えで
絶対世界と相対世界を
イメージさせますが
【かごめかごめ、かごの中の鳥は】
はビン鳥のことです。
【いついつ出やる】
一番暗闇の時、エントロピー無限大の
物質文明の末期がんの状態になっている
今の時代がまさに、
ビンから鳥が出るタイミングです。

【夜明けの晩に】
2021年は1本の映画が終わり、
エンドロールが流れている状態です。
2021年は映画自体が終わる時です。
2022年は映画の中にいれば、
生き残ることができない時代になります。
正反対の価値観を受け入れなければ
生き残らない時代になるのです。
天動説から地動説に変わる時には
受け入れにくいことも
受け入れるしかありませんでしたが
それ以上に人類の大きなパラダイムが
転換する前が、夜明けの晩です。

【鶴と亀がすべった】
鶴は高さです。どこまでも高く上がれば
宇宙が点のようにみえて、
エネルギーが点のようにみえて、
もっと上がれば心の宇宙が点のようにみえて
もっと上がれば境界線の無い世界が
いつまでもどこまでもある世界。
そこに到達した時に外のない世界、
心の源泉(オリジナル)そのものとなり
心がすべてリテラシー、解析する状態に
なります。

亀は深さです。自分の体の中の
一番深いところまでいって、
精子と卵子の膜から
さらに深いところで精子も卵子もない
ギリギリのところが霊魂です。
違う言葉で表現すれば大和魂であり
精神の源にいきます。
そこまで溶けていけば
魂まで溶けていくのです。

一番深い世界では、数学・物理学の
エネルギー・物質の関係、
エネルギーの因果アルゴリズムまで
全部が溶けていきます。
その徹底的に、超細かい精密さまで
すべて整理が起こるのが亀です。

鶴と亀は不老長寿のシンボルですが
一番高い観点(鶴)と
一番深い観点(亀)から
観点の外に出る、それが「すべった」です。

【後ろの正面だあれ】
地球で前に向かって超スピードで
まっすぐ走れば、
自分がいるところに戻ってきます。
一番前に走っても一番後ろになる。
そのように、まっすぐ一番無限大スピードで
速く走って、前が後ろになってしまう、
「後ろの正面」。
それは誰なのでしょうか。
これが究極を自由自在に往来できる
本物のあなたなのです。
すごい歌ですね。

いま私たちは、
完全学問が完成したと言っています。
真理の刀を全日本人が使えるようになって
西洋の真似ではない
オリジナルの文化をつくることができれば
全世界がマネすることができます。
心文明の時代が必ず始まるのです。

カテゴリー: 未分類 | コメントは受け付けていません。

【20211117】AIに貢献したカント哲学とその限界 令和哲学カフェ No.353

おはようございます。ノ・ジェスです。

令和哲学カフェ第3期の第13弾
(11/8~11/17)
期間テーマ
「NO DIGNITY, NO LIFE !!」
ナビゲーター新原千春さんで
開催しています。

今回はカント哲学が
人工知能を誕生させる
背景となった哲学ということで、
カント哲学のどんなポイントが貢献したのか、
その反面、AI時代の人間の危機を
カント哲学で突破できないのは
何が足りないからなのか、
について話し合いました。

カントは認識形式を発見して
形式を発見して体系化して、
この現実は認識主体と認識形式が
出会った結果物であることを語りました。
AI時代のディープラーニングでも
AIに沢山パターンを暗記させて
どのくらい蓄積したらどうなるのか、
関係性によって因果アルゴリズムを
マスターしていける点が
人工知能の開発に貢献したと思います。

しかし、サッカーでゴールを決めるにも、
マラソンで勝利するにも
シュートや走り方の
フォームの完成が欠かせません。
カント哲学は持続的結果を
生産し続けることができ
パターンが生まれるような
誰もが共有できるフォーム、
つまり、グローバルスタンダードとなる
情報知識生産プラットフォームは
提供できませんでした。

そうするには令和哲学の
1・間・点で表すような、仕組みが必要です。
カントは定言命法でも中身を語っていません。

ビン鳥※の内から自由になるには
外から自由にさせるしかないのに、
源泉動きである「物自体」を
活用できていないのです。

それは認識形式を発見したものの
体の人間の認識に取り組んだので、
認識形式自体がどのように生まれるのか、
模様・形が生まれる
一番のはじめの問題意識までは
持てなかったからかもしれません。
ウィトゲンシュタインが
はじまりの要素命題の発見に
失敗したのと同様、
そこが弱点と言えるでしょう。

模様・形は壊れやすく不安定なので、
人間もこの体が自分だと思っている以上は
不安で、永遠に幸せ、平和になりません。

このように西洋の哲学では、
情報知識生産プラットフォームを提供し
誰もが尊厳機能を発揮でき、
大和魂を活用できる心時代を拓く
美学実践ができないと言えるのです。

カテゴリー: 未分類 | コメントは受け付けていません。

【20211116】令和哲学カフェ特別企画 第14回ブックダービー「知のB1」開催報告

おはようございます。ノ・ジェスです。

昨日は令和哲学カフェ特別企画として
好評のブックダービー“知のB1”
14回目を開催しました。

情報・技術・知識・姿勢態度を
「馬」としたときに、
どんな馬に乗るのかによって
人生は大きく変わります。
本当に必要で価値ある情報とは何なのか。
どの馬が一番この時代に
必要な本なのかを競う、全く新しい
知的エンターテインメントゲームです。
毎回楽しみながら
ゲーム感覚で順位を決めています。

今回紹介された5冊の本(馬)も、
素晴らしいものばかりでした。
順位は、どの基準で決めるかによって
変わるものですから、
今回の順位にとらわれず、
ぜひ皆さんも紹介された本を
読んでみてください。

人間は根拠なしに
幸せに生きられると思いがちですが、
その勝手な期待が外された時に、
誰でも通り魔になってしまいます。
そのため、今の社会がいかに絶望なのか
気づかせることができるかどうかを重視し、
その基準で順位を決めました。

今回の1位は
永尾智也騎手による馬
『無理ゲー社会』橘玲 著としました。
社会で生きることへの「絶望」を
爽快に言語化した本なので、
いち早く読んで欲しいと思いました。
自分や相手を責めるのではなく、
人間の初期セッティング自体が
簡単に幸せになれないシステムに
なっていることに気づくことが大切です。

2位は
高橋恵騎手による馬
『NVC 人と人との関係に
いのちを吹き込む法』
マーシャル・B・ローゼンバーグ 著です。
人間の苦しみの大半は、人間関係です。
現代は、スマートフォンでの
コミュニケーションも多いので、
より人間関係が厳しくなり、
孤独が強化されます。
そのことに気づき、どう突破するのか
考えて欲しいという意味で、2位にしました。

3位は
飯原香穂騎手による馬
『心はすべて数学である』津田一郎 著です。
順位予想では第1位の本です。
タイトルを見て、一番に入れたくなりました。
数学と心がどう繋がるのか
概念知識を育てるのに、
この本を読むことが大切です。

4位は
丸山陽子騎手による馬
『日本の心』五井昌久著です。
脳から心の時代をつくる令和哲学と、
日本の心は繋がりますし、とても大切です。
しかし、前回のブックダービーで
日本の心を基準に順位付けしたので、
今回は変えました。

5位は藪内隆憲騎手による馬
『岸田ビジョン 分断から協調へ』
岸田文雄 著です。
一番深い広い心が必要な中で、
薮内騎手がこの本のキーワードとして挙げた
「正しい姿勢」は良いと思います。
結果をつくることができる構造は大事ですが、
日本の政治にはまだまだ伸びしろがあり、
頑張って欲しいという意味で、
5位になりました。

今は、人間とは何か、生きるとは何か、
現実とはどういうものなのか考え、
整理整頓する時です。
人間が大きくジャンプする時です。

その準備のため、読書は大切です。
私たちの気づいていなかった
地獄がたくさんあります。
根拠なく幸せになれると思うのは、
大変危険です。
深く追求し、思惟をすることの後押しとして、
知のB1が、人間が大きく変化する
きっかけになれたら嬉しいです。

カテゴリー: 未分類 | コメントは受け付けていません。

【20211115】究極の女性性哲学 令和哲学カフェ No.352

おはようございます。ノ・ジェスです。

令和哲学カフェ第3期の第13弾
(11/8~11/17)
期間テーマ
「NO DIGNITY, NO LIFE !!」
ナビゲーター新原千春さんで
開催しています。

文化DNAの男性性は狩りの世界
女性性は料理の世界ですが、
カントの哲学は男性性に近いのか
女性性に近いのかを
皆でディスカッションしました。

カントは物自体しかないと
言い切るまではいきませんでした。
つまり、現実世界を
完全否定はしていないのです。

ちなみに、
ニーチェはカントの理性を切った上に
「神は死んだ」といい、
完全に神を否定しました。
神を殺したら人間は虚無主義になります。
ですから自分の人生の意味は自分でつける、
アモールファティだとニーチェは言いました。

しかし、今ここ一人一人は
自分の人生を愛するべきだと言いながらも
精神病になってしまったニーチェは
思想哲学と自分が一致していませんでした。

令和哲学で言う源泉動きは、
カントの言う物自体であり、
脳では認識できない凄すぎる存在です。
現実世界は源泉動きがみる夢である、
と現実世界を一段階オール0化します。
そして、間である0スペースを取り入れて、
思い込むことができる源泉動きを
一番深い完全動き、
令和哲学のいう女性性となります。

どういう創造原理によって
今ここまでが成り立っているのか
シミュレーションがきちんとできます。
その結果、
再創造がわかるので
人間も再創造主になれます。
つまり、
神さえも道具に使えるということです。

そうなれば、無限の自信感、
無限のやる気がでて
人と人もコミュニケーションが広がるので、
コミュニティを広げていくことができるのです。
ですから究極の女性性、料理のDNAです。
遊び感覚、祭り感覚になります。
令和哲学の境地には、カントもニーチェも
たどり着けていませんでした。

今、アメリカと中国の覇権戦争の中で、
日本は何をやっているのか
と思うかもしれません。

しかし、
和をもって尊しとなす、
美学の完成を果たした日本は
教育で教育領土、世界統一します。
令和哲学・nTechはそのための道具になります。
ぜひ、多くの方と
令和哲学・nTechを共有したいです。
11月23日のNohJesu nTech マスター1Dayも
どうぞお友達と一緒にご参加ください。

カテゴリー: 未分類 | コメントは受け付けていません。

【20211114】人間最高のポジションとは? カフェ No.351

おはようございます。ノ・ジェスです。

令和哲学カフェ第3期の第13弾
(11/8~11/17)
期間テーマ
「NO DIGNITY, NO LIFE !!」
ナビゲーター新原千春さんで
開催しています。

人間の最高のポジションとは
どんなものでしょうか。
釈迦は「人間が何か」「死後はどうなるか」
「考えはどう生まれるのか」
そういう事を知らないで
富も名声も意味がないと
王子の身分を捨てました。

令和哲学は源泉動きが明確に定義でき、
完全学問が完成したので
「世界基軸教育」として世界に広げ、
源泉動きを完璧にマスターして道具にし、
今ここスッキリ
わくわく楽しくてたまらない生き方の人を
人類77億に広げていきたいと思っています。

人間が尊厳で生きるには
自然的な傾向もあれば、
文化・文明の当然、必然性もあり、
自然の秩序と文明の秩序が
衝突してしまいます。
この中でどう生きればいいのでしょう?

カントは数学・物理学で
宇宙を全部説明しても、正しいものではなく、
人間の5感覚で認識できることの
限界を語って、
5感覚を超えた認識形式、
物自体まで到達しました。
そのカントがなぜ生命・精神を
はっきり整理できなかったのでしょうか。

カントの時代においては、最先端の知性で、
それまでを整理して
山の頂点に立ったと思います。
しかし本当の生命なら、
源泉動きとつながって
自分の中からあふれ出すはずです。
カントは物自体を動きではなく、
模様・形のように
何か固定してみていた可能性が高いです。

自然と文化・文明の両方を統制するには
両者の動きを成り立たせる
源泉動きを完璧にわかることです。
もっと言えば、アナログの自然と文化文明、
その裏のエネルギーのデジタルとが
源泉動きで成り立っていることがわかれば
源泉動きを道具にできます。
その状態の人間は最高のポジションに到達し
悟りを得たというのです。

悟りとはすべての違いを同じにすることです。
全然違うもの全部を同じにさせた時に
新しい違いを生み出し、
多様なパートナーを組み、
協力関係を補うことができます。
今までにない新商品、新技術がうみだせます。
ですから宇宙・自然であろうが
文化・文明であろうが
同じ源泉動きに溶かすことができるのです。
そのときに、人間の尊厳、
わびさびと言えるのです。

カテゴリー: 未分類 | コメントは受け付けていません。

【20211112】カント哲学の弱点とは? カフェ No.350

おはようございます。ノ・ジェスです。

令和哲学カフェ第3期の第13弾
(11/8~11/17)
期間テーマ
「NO DIGNITY, NO LIFE !!」
ナビゲーター新原千春さんで
開催しています。

カントは西洋哲学の第一人者です。
カント哲学が登場してから
だいぶ時間が経ちましたが、
いまだ恒久世界平和が実現せず、
カントの語った
目的王国は達成されていません。

カント哲学が完成されていたら
恒久世界平和が完成します。
カント哲学の弱点とは何で、
何を補うことでカント哲学を
完成させられるのでしょうか?
カントのいう美学を実践する人たちでつくる、
令和哲学の英雄産業を
つくれなかったのはなぜでしょうか。

令和哲学では絶対世界も相対世界も
源泉動きでみるので分離が起きませんが、
カントは絶対世界である「物自体」と
現実である「認識形式」がどうつながるか、
結び方の説明が出来ませんでした。

令和哲学なら源泉動きから現実までの
結び方のルールが詳細にあるのですが、
カントは語り切れませんでした。
イメージ不可能な世界を
現実で使うことを諦めていたかもしれません。

そして実践理性で現実で
人間完成できないから、
霊魂不滅が、神が必要だと言いました。
結果的に「源泉動きだけがある」
に集約できずにわびさびがないので、
生死がない、錯覚だ、と言い切れず、
生老病死は制圧できませんでした。

そのため出発もプロセスも共有できずに、
目的だけが共有できる世界平和だったので
弱すぎました。
出発も原因も過程も結果も
共有できなければ、組織も続きませんし、
人間規定ができません。

源泉動きだけがある、となれば、
人間も源泉動きそのもの、
不動の心がうまれて、神人合一、
宗教の神より9000兆倍すごすぎる、
と全部に整理が起きて、
自分の中にあふれ出す、
マグマの爆発が起きるはずなのです。

カント哲学では自然世界の決定論、
人間世界の自由意志論、
つまりデジタルとアナログの関係性を
どう融合するかの説明がないから
一般の人はついていけず、
カントときけば
「絶対ルールを守らなければならない」
と苦しくなってしまいます。
ただあの時代に哲学をすべて整理して、
物質の宇宙を完璧に制圧する認識自体を
語っているのはすごいことです。
カント個人は
ものすごい境地に行ったと思います。

カテゴリー: 未分類 | コメントは受け付けていません。