【20210407】感情手術の施術 Noh Jesu映画哲学オンラインサロン

おはようございます。ノ・ジェスです。

今回は
Noh Jesu映画哲学オンラインサロンでの
ライブ配信32回目の内容の
一部をお送りします。

今回は令和哲学カフェ1期の特典である
感情手術を、公開手術を承諾された
2名の方に施術しました。
対面でもしっかり施術すると2時間かかるものを
オンライン上で30分で施術するという
勝負を試みました。

ウイルス1個でパンデミックが起こったように
人間の体も、脳のウイルス1個が
脳細胞になってパンデミックを
起こしたような状態になっています。

人間が生まれて産声を上げた瞬間に
入り込んでくるエネルギーがあります。
これを生命エンジンと呼んでいます。
これには
生まれた時節から人生のリズムをみる
四柱推命などがありますが、
感情手術では
生命エンジンをみるのではなくて
精神エンジンをみます。
宇宙の外まで泣いて叫んだ
「根源事件」がいつだったのか、
それを探して、その人のアクセルとブレーキ、
人生の映画タイトルを診断します。

一人目の手術では、
「自分のブレーキがしっくりきた」
という感想をいただき、
どうしてそこまで感情の流れが
わかってしまうのかと驚かれていました。
感情ステーションは
普遍的な人間のパターンでもあります。
人によって現象は違っても
同じようにぐるぐると
10個のステーションを回っているのです。

今後も感情手術の施術は続きます。

カテゴリー: 未分類 | コメントは受け付けていません。

【20210407】全世界をリードする心の半導体 Noh Jesu映画哲学オンラインサロン

おはようございます。ノ・ジェスです。

今回は
Noh Jesu映画哲学オンラインサロンでの
ライブ配信30回目の内容の
一部をお送りします。

今週のイシュ―です。
①コロナワクチンと
パンデミック以降の政策について 
②半導体について
③アジアヘイト
(アジア人差別)について

コロナのパンデミックを
どうやって超えていけば良いのでしょうか。
体のコロナは
ワクチンで押さえることが
できるようになるかもしれませんが、
経済のコロナ、心のコロナを
どう超えていけばいいのでしょうか。

パンデミックに対抗するには、
ワクワクパンデミックで超えることです。
免疫力を高め、
副交感神経を強化させて
脳をリラックスさせてあげることです。
そうすることで、免疫力が高まり
炎症が減るようになれば、
コロナによるダメージも起きにくくなります。

また、この時代は、
白人優越主義が蔓延し、
アメリカと中国の覇権争いの加速、
半導体産業の国際競争も激化しています。
日本は半導体産業では
世界的に遅れを取っている状態です。

しかし、日本では
「心の半導体」がすでに発見されています。
心の半導体を取り入れた認識技術で、
教育経済を発展させていけば
世界を救済することができるのです。

私は日本のラストチャンスは
2023年までだと感じています。
日本は、集団を悟らせていく
オリジナル産業、職業によって
全世界をリードしていけると確信しています。

■メルマガ会員の皆さまへ
『トゥルーサーズ』特別割引のご案内

ノジェス特別団体チケットとして
通常3000円→半額1500円

日本から時代の危機を希望に変える、
その鍵をお話しますので
ぜひ多くの皆さまと共有できると嬉しいです。

カテゴリー: 未分類 | コメントは受け付けていません。

【20210404】創造~心と存在~ 令和哲学カフェNo.207

おはようございます。ノ・ジェスです。

★★4月25日のイベント案内★★
「TRUTHERS」
この時代を生きる人が持つべき哲学とは
をきっかけに
世界基軸教育の条件を発信していきます。
日本から全世界を大きく目覚めさせる
美しい時代になれるように
日本文明の挑戦を共につくっていきたい
と思いますのでぜひご参加ください。

https://truthers.jp/

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

一昨日は第207回令和哲学カフェ
ファシリテーター那倉浩太さんによる
「創造~心と存在~」の最終回で
質問道場が開催されました。

毎回のバトンパスで令和哲学カフェの
イノベーションが起こっています。
今回の那倉さんも
若者のリーダーとしてのカリスマがあふれ、
個性あるメンバーを集めて
楽しませるパワーを感じました。

テーマ設定についても、
今までの生き方を受動的な「フリ人生」
と規定して、令和哲学を使って
主体的でクリエイティブな
ワクワクした人生を届けたいと
「創造」をテーマに設定したことは
まさに大和魂が働いていると感じました。

私たちは「人間のフリ」をしています。
人間が何なのかがわからないままに、
お父さんのフリ、お母さんのフリ、
子どものフリをしているのです。
本当は、時間もない・空間もない
存在もない・エネルギーもない
源泉的動きの心ひとつしかありません。

何かを生み出す時に、
「創造的」とか「創意」といいます。
「創造」との違いを表現すると
「創造的」とは、有から有で
有るを土台にして
今までにない物を生みだすことです。
それに対し「創造」とは、
無から有を生み出すことです。
今までのすべてをオール0化させて、
時間・空間・エネルギーもないところから
誕生させるのが創造です。

本当の人間は観点固定ではなく、
観点を動かして観点をマスターして
多様な観点の結果物を解析するものです。
しかし、なぜ人間はフリをするのかというと
とどまらない心、とらわれない心である
王様が自分がどういう状態なのかを
知るためにあえて自らの力を制限して
乞食の服を着ているようなものなのです。

今までのフリ人生を終わりにして
本気で創造主にならなければ
人類700万年間の
パラダイム転換にはなりません。
どんどん自信をもって
チャレンジしてほしいです。

来週からの令和哲学カフェは、
魂のきれいな、坂中ゆうこさんによる
「JAPAN STORY」です。お楽しみに。

カテゴリー: 未分類 | コメントは受け付けていません。

【20210403】どんな共通土台を共有するか 令和哲学カフェ質問道場

おはようございます。ノ・ジェスです。

本日は
過去の令和哲学カフェの質問道場の
内容の一部をお送りします。

Q. 人類は
どんな共通土台をもてばよいのですか?

A.共通土台がないと
それぞれが自分の判断基準で
物事を解析します。
観点、判断基準はみんな違うので
同じ部屋にいると思っても、
みんな違う部屋にいるのです。

そうなる理由は心の世界は敏感で繊細なので、
どういう角度、ポジションからみているかで
結果が違ってくるからです。
ですから映画を100人がみたら
1本の映画ではなく
100本の映画になるのです。

このバラバラな観点・判断基準を
まとめるために
今まで人類はターゲットを共通にして
文化DNAをつくってきましたが、
このターゲットを中心にした
文化DNAでは争いが終わりません。
はじめにないものはおわりにもないので
共通土台のないスタートでは
1つになれないのです。

ターゲットをみる出発点も
共有することが大事です。
時間、空間、存在、エネルギーもない
源泉的動き「1」が出発点です。
「1」を共通土台にして
そこから人間がみている世界が
成り立つ仕組みをわかるようになることです。

出発点から1・間・点で物事をみるのです。
脳の観点から自由になって
観点がない状態の観点0、
観点が無限大、観点が1つを
自由に往来できる
ポジションから物事をみる、
新しい文化DNAが求められています。

次回の令和哲学カフェは4/5から
坂中ゆうこさんのファシリテートで
テーマは「JAPAN STORY」です。

カテゴリー: 未分類 | コメントは受け付けていません。

【20210401】真の個性とは 令和哲学カフェ質問道場

おはようございます。ノ・ジェスです。

本日は
過去の令和哲学カフェの質問道場の
内容の一部をお送りします。

Q. 今までの個性とは何でしょうか?
また、源泉的動き「1」から出発し、
組織に結集した人たちが
獲得している真の個性とは何でしょうか?

A.今までの個性は一人一人がみんな
違うことをやることを指していましたが、
実はそれは思い込みなのです。

人類77億人が
みんな好きなことをやることで
「相手に迷惑かけたら」
という問題を解決できません。
自分が好きなことをやるのが
個性ではないからです。
本当の個性は、
源泉的動き「1」に
明確に溶けることなのです。

真実は目でみることは不可能で
聞くこともできません。
究極の源泉的動きとつながっているから、
私たちは話すことができるのです。
「1」の共通土台から、
つながって実践することが個性になります。

そのためには、
世界で通用する基軸通貨があるように、
教育のジャンルでも基軸教育が必要です。
学問の革命、教育革命が起きることで、
生きることが楽しくてたまらなくなります。
それによって個性が発揮されるのです。
教育革命によって
人類の進化、発達にも貢献できると思います。

次回の令和哲学カフェでの
ノジェス質問道場は4/2(金)です。
現在テーマ「創造~心と存在~」にて開催中!

カテゴリー: 未分類 | コメントは受け付けていません。

【20210401】障害の意味と役割 令和哲学カフェ質問道場

おはようございます。ノ・ジェスです。

本日は
過去の令和哲学カフェの質問道場の
内容の一部をお送りします。

Q. 障害にはどんな意味があり
どんな役割があると思いますか?

A.障害を細かく分けて名前をつけたら
障害ではない人が
いないくらいになっていきます。
情報を細かく分けて
分析すればするほどそうなります。

また、時代的にも現代は
文明のパラダイムが変わる時なので
間違いなく突然変異が
生まれるようになっているのです。
エネルギーがエントロピー無限大に
向かっているので、
危機を突破するためにも
障害者の力が必要なのです。

違いや差別性自体が悪いものではなく、
個性とみたり、イノベーションを起こす
きっかけになる可能性が高いです。
認識技術からみたらみんな一つであり
多様性は、いかにショックを、感動を
拡げていくのかの要素なので
その目線でみたら
理解ができるのではないかと思います。

障害は制限と規定しましたが
「機能」が制限されるだけで
「技術」の制限ではありません。
機能の制限によって技術が
かなり伸びることもあります。
機能の限界、制約を突破することで
あらゆるジャンルの技術も発達します。
ですからイノベーションや、違うジャンルの
進化発達にも貢献できると思います。

次回の令和哲学カフェでの
ノジェス質問道場は4/2(金)です。
現在テーマ「創造~心と存在~」にて開催中!

カテゴリー: 未分類 | コメントは受け付けていません。

【20210330】感情手術とは Noh Jesu映画哲学オンラインサロン

おはようございます。ノ・ジェスです。

Noh Jesuメルマガも
昨年10周年を迎えました。
読者の皆さまからのご意見を取り入れ、
より進化したメルマガを目指し、3月末まで
アンケートフェスキャンペーンを開催中です!
是非アンケート項目に
入力のご協力をお願いします。
↓↓↓

https://forms.gle/Zon1GtEEK4kKARW98

今回は
Noh Jesu映画哲学オンラインサロンでの
ライブ配信29回目の内容の
一部をお送りします。

昨日は感情手術についてお話しました。
人間の精神を支配しているのは
感情の概念です。
この体が自分だと思っていれば、
脳の機能の感覚機能がつくった
思考、感情に支配されてしまいます。

芸能と芸術が違うように、
感覚機能と感覚技術は違うものです。
芸能番組は何も考えなくても笑えますが、
これは脳の機能の感覚機能によって
つくられた思考、感情が
自動的に働くからです。

この古い感覚機能による
思考、感情に支配されるのではなく
この感情を遊び道具で使い、
楽しむことができる心人間の
アイデンティティを持つことが必要です。
それには
感覚技術を100%マスターすることです。

機能と技術の違いは
思惟が入るかどうかの違いです。
正しい質問が入り、しっかり考えが通る道を
正確に通って行くことを思惟と言っています。
思惟の結果到達できる、その世界が
新しい事件、観点の胎動であり
新しい感情の胎動です。

感覚機能を感覚技術に変えていくのが
感情手術です。手術では
感覚機能に支配された自分の人生の、
一番根源の事件を
見つけられるかが重要です。
宇宙のロゴスが理解できていれば、
これをゼロ化し、
新しい自分の感情、考えの走る道を
つくることができるのです。
来週は早速施術をしたいと思います。

Noh Jesu映画哲学オンラインサロンは
会員限定で
毎週月・火19時から開催しています。
(後日の視聴も可能)
話題の映画をより深く味わえる!
時事情報の最先端解析が得られる!
皆さまと交流しながら
アイデアも積極的に取り入れていく予定です。
ぜひ会員登録お願いします。

カテゴリー: 未分類 | コメントは受け付けていません。