column

Noh Jesuメルマガ

【20180105】

おはようございます。ノ・ジェスです。

本日も、心が痛まない社会を創る
リーダーを応援するメッセージを発信しています。

■認識技術とは?

科学技術の
宇宙自然の理解方式・認識方式が、
部分の変化を正確にDefineし、
それらを統合して全体を理解しようとする
還元論的理解方式・認識方式であるならば、

認識技術の
宇宙自然の理解方式・認識方式は、
世界の根源、宇宙の根源である
1パターンの動きを正確にDefineし、
それと部分の変化をつなげて
全体を一発で理解・説明できる
全体論的理解方式・認識方式です。

■■コラム 若者たちによる尊厳宣言

今の20代の若者たちは、
生まれながらにして不景気だったこともあり
親世代と比べてお金や物への執着は低いです。

また、スマートフォンから色々な情報を得て
無限に相対比較ができるので、
自分を小さく見てしまいがちだったり
夢や希望を持ちづらかったりもします。

就職しても
仕事にやりがいが持てずに長く続かない。

でも他に自分が何をしたいのかも分からない。

社会に希望を持てず、
恋愛や結婚、出産なども諦める。

しまいには人間関係そのものを諦めたり、
なかには自ら命を絶つという
選択をしてしまう若者もいます。

しかし私は、若者たちの心の奥に眠る
懇切な想いをいつも感じます。

本当の自分はこんなもんじゃない!
熱くなって何かにチャレンジしたい!

これからの社会の
最も重要なキーワードは「尊厳」です。

今の時代を生きる一人ひとりが
比較不可能な「絶対尊厳」の自分と出会い、
尊厳そのものの生き方に目覚めることで
人間の無限の可能性を発揮して生きることができます。

そして、今まで描くことができなかった
美しい未来をありありと思い描けるようになります。

誰もが揺るぎない不動の意志を持ち、
自分の人生すべてを
投じることができる夢を描き、
その夢とつながって
人類みんなが Win-Win All Winできる
一つの壮大な夢を
創り上げることができるとしたら
どんなに素晴らしいことでしょう。

「尊厳」という
これからの時代の方向性について、
私たちは、2013年12月15日に
福岡で大イベントを開催しました。

私はその中にあった
若者たちによる「尊厳宣言」に
明治維新のような新しい時代の幕開けを感じました。

西洋発の自由民主主義を越えるべく、
日本発の尊厳民主主義を提唱する
歴史のターニングポイントとして謳ったのが
この「尊厳宣言」です。

是非とも皆さまにも読んでいただき、
共に新しい時代を創造していければと思っています。

「尊厳宣言」

http://dreamwa.com/wp-content/themes/original/files/dignity-declaration.pdf

本日も読んでくださり
ありがとうございました。



【20180101】2018年 日本が世界のリーダーとして宣言する年

新年あけましておめでとうございます。ノ・ジェスです。

2018年は、日本が世界のリーダーとして
宣言する年だと思っています。

日本が勇気と柔軟性と粘り強さをもって
絶対世界と相対世界の関係性を明らかにし、
それを土台に、世界初となる
教育と経済を融合した
Edunomicシステムを道具に
新文明創建の世界リーダーとして
世界に希望を発信する。

アメリカや北朝鮮など
世界情勢が緊迫するなか、
その役割ポジションを全うできるのは日本しかいません。

日本の一番の強みは心です。

二年後の東京オリンピックの年には
それを世界が認めることになるでしょう。

その為の設計図と心の教育となる
コアコンテンツ(認識技術)はもうできています。

そして今年は
その技術を学ぶだけではなく
ビジネスとして共に発展できるパートナーも求めます。

教育と経済を融合した
Edunomicシステムも完成し、
その説明会もたくさんやる予定です。

日本の可能性を大爆発させ、
日本の素晴らしさを全世界に発信する
日本コンサルタントとして、
私がいかに本気なのかを
ぜひ直接会って、確かめていただきたいです。

あなたの中にある
日本の魂、本当の心を覚醒させたいです。

皆さんにお会いできることを楽しみにしています。

本年もよろしくお願い申しげます。



【20171229】日本コンサルタントになる覚悟をした2017年

おはようございます。ノ・ジェスです。

本日も、心が痛まない社会を創る
リーダーを応援するメッセージを発信しています。

■認識技術とは?

科学技術が
物質を変化、移動させ
世の中を便利にし
人間の体に満足と快適さを与える技術であるならば

認識技術は
観点を変化、移動、上昇させ
人間の心を最高にスッキリ、ワクワク
健康な状態に案内する技術です。

■■コラム 日本コンサルタントになる覚悟をした2017年

今年もあと3日で終わろうとしています。

2017年は皆さんにとって
どんな年だったでしょうか?

世界情勢においては
トランプ大統領の就任があり
今まで世界のリーダーだったアメリカが
自国のことを最優先にする
アメリカ第一主義に変わりました。

世界リーダーが不在になった年です。

そして、北朝鮮情勢の悪化。

日本の上空をミサイルが通過し
アメリカとは戦争の一歩手前まできている
緊迫した状態が今も続いています。

このままでは、本当に
核戦争の危機がやってくるかもしれません。

しかし、私はそんな状況である今だからこそ
日本が世界のリーダーとして
立ち上がるべきだと思っています。

21年前、日本の福岡で
お金もない
人脈もない
日本語も話せない
韓国に戻ることもできず
毎日死ぬことだけを考えて
生きていた私を救い
育ててくれたのは紛れもない日本です。

日本の可能性と底力、大和魂に出会って
JAPAN MISSION、JAPAN DREAMを
21年間、発信し続けてこられたのも
すべて日本の皆さんのおかげです。

そして、21年間の日本の奇跡の結晶として
認識技術を完成させることもできました。

2017年、私は日本の可能性を大爆発させ
日本の素晴らしさを全世界に発信する
日本コンサルタントとして
そこに邁進していく
新たな覚悟をした年でもありました。

絶対に核戦争は起こさせません。

日本が勇気と柔軟性と粘り強さをもって
絶対世界と相対世界の関係性を明らかにし
それを土台に、世界初となる
教育と経済を融合した
Edunomicシステムを道具に
新文明創建の世界リーダーとして
世界に希望を発信する。

誰も心が痛まない
そんな未来社会を創ってまいります。

本日も読んでくださり
ありがとうございました。

来年もまたよろしくお願い申しあげます。



【20171227】心を写す道具として写真は進化する

おはようございます。ノ・ジェスです。

本日も、心が痛まない社会を創る
リーダーを応援するメッセージを発信しています。

■認識技術とは?

科学技術が
物質を変化、移動させ
世の中を便利にし
人間の体に満足と快適さを与える技術であるならば

認識技術は
観点を変化、移動、上昇させ
人間の心を最高にスッキリ、ワクワク
健康な状態に案内する技術です。

■■コラム 心を写す道具として写真は進化する

写真スクールの講師をしている
プロカメラマンの人が
よくこんな質問を受けるそうです。

「人を撮るのが苦手なんですが、どうすればいいですか?」

景色や植物を撮るのは好きだけど
人を撮るのは苦手という悩みをもっている
生徒さんが意外に多いそうです。

なぜ苦手なのかというと
それはやはり被写体である相手との
コミュニケーションからくるものでしょう。

写真は良くも悪くも
カメラマンと被写体との関係性が
現れると思いますので
景色や植物とは違って
相手とのイメージ合わせが難しかったり
相手がいるだけで
緊張してしまったりするのかもしれません。

本格的なカメラを持っていると
周りの人から「写真撮って」と
言われることも多いでしょうし
できれば苦手は克服したいものです。

では、
このような悩みを
どのように克服すればよいのでしょうか?

写真にはカメラマンのあり方が
そのまま写し出されます。

そして、そのあり方次第では
相手の生き方を変えてしまうほどの
影響力と規定力をもっています。

ですから
まずは「出会いの決断」が必要です。

相手との出会いもそうですが
その前に「本当の自分」と出会う決断です。

つまり「この体の範囲だけが自分」という
体人間のあり方で生きる
今までの習慣を断ち切って
自分と自分の宇宙は実在しない
無から有を生み出している
常に今ここ、真実そのものである本当の自分で生きる。

心人間のあり方を決めることです。

そのあり方が決まっていれば
目の前にひろがる現実の全てが美しく
全ての出会いが新鮮で
気づきや感動、クリエイティブな発想が
どんどん生まれるでしょう。

相手との一瞬一瞬の出会いが感動となり
ワクワク感が止まらない。

そんなコミュニケーションの中から
その人の奥底にある尊厳ニーズを
引き出してあげることもできます。

自分とは何か?
生きるとは何か?
この現実とは何か?

人はみな、心の奥底、無意識深くでは
その答えを知りたがっています。

答えを一枚に凝縮させて
心を表現してあげられるのが
これからの写真であり
カメラマンなのだと思います。

記念や記録など
過去の思い出を写すだけではなく
今ここの無限の可能性をも写し出し
共に未来を創造していける
素晴らしい道具として写真は進化すると思います。

本当の自分との出会い。

永遠不変のひとつだけがある
0=∞=1の世界にぜひ出会ってみて下さい。

本日も読んでくださり
ありがとうございました。



【20171225】資本主義の完成とは?

おはようございます。ノ・ジェスです。

本日も、心が痛まない社会を創る
リーダーを応援するメッセージを発信しています。

■認識技術とは?

科学技術が
物質を変化、移動させ
世の中を便利にし
人間の体に満足と快適さを与える技術であるならば

認識技術は
観点を変化、移動、上昇させ
人間の心を最高にスッキリ、ワクワク
健康な状態に案内する技術です。

■■コラム 資本主義の完成とは?

資本主義という土台の上では
結婚、出産、子どものケガ、親の介護など
どんな事でも必ずお金がかかるので
お金がないと不安になります。

お金で苦労しないように
もっとお金を得たいと思っている人は多いです。

しかし実際には、たとえ不労所得を得て
裕福な暮らしができたとしても
それがいつまで続くのかは分かりませんし
逆にお金を失ってしまう恐怖は増すかもしれません。

どちらにせよ
人間はお金から自由になることはできず
お金に振り回されていると言えます。

本来の資本主義の素晴らしさを
一人ひとりの人間が活用応用できておらず
その意味では資本主義はまだ未完成と言えます。

では、
資本主義の完成とは何でしょうか?

それは、シンプルに言えば
人間の理想的な現実を完成させることです。

「資本主義の完成=人間理想の完成」です。

人間はたくさんの夢やビジョン
目標を持ってあらゆる意思決定をしますが
それを具現化する道具であり
実践行動の道具としてお金を使います。

本来はお金によって
人間の無限の理想を現実化できるはず。

しかし人間は
そのお金から自由になれていません。

つまり、その方法が分からないから
人間理想の完成(資本主義の完成)に
向かえないということなのです。

お金から自由になって
資本主義を完成させるためには?

「観点の問題」を解決することです。

人間の現在地は
観点の中、スクリーンの中、VRゲームの中
宇宙の中に閉じ込められているようなものです。

観点の中に留まったままの人間関係や
お金を中心にした
商品やサービスの相互作用には
観点の外を取り込めていないという機能的な限界があります。

現代はお金をバンバン印刷することで
商品とサービスの相互作用を起こしていますが
通貨の蒸発が起きており貧富の格差は広がる一方です。

市場に出回るお金が増えたとしても
人間の喜び、感動は増えません。

資本主義を完成させるには
観点の外を取り入れて
相互作用を無限に活発化させる必要があります。

「終わりなき成長を続けるシステム」

それが資本主義システムの完成であり
人間の理想を現実化するシステムの完成でもあります。

すなわち
お金を得ようとする前に
VRゲームのメガネを外して
観点の外、スクリーンの外、宇宙の外に出る
オールゼロ感覚をまず得ることです。

そうすれば
今までの人類歴史上で未開拓だった
ニーズを大爆発させることができ
マーケットは無限に活性化していくでしょう。

理想的な尊厳関係、尊厳社会から
一人ひとりの人間が
無限の可能性そのもので生きられる社会。

資本主義に人間が支配されるのではなく
人間が資本主義を支配する。

愛とアイデアとセンスに満ち溢れた
そんな社会を創ることが可能になります。

それが資本主義の完成(人間理想の完成)です。

ブログにも記事を書いていますので
ぜひご覧ください。

http://blog.noh-jesu.com/entry/2017/12/12

本日も読んでくださり
ありがとうございました。




ページトップ

メールマガジン登録