column

Noh Jesuメルマガ

【20190206】理想的な仲間に出会うためには?

おはようございます。ノ・ジェスです。

本日も、心が痛まない社会を創る
リーダーを応援するメッセージを発信しています。

■認識技術(nTech)とは?

科学技術(sTech)が、
電気半導体の開発によって、
PC(パーソナルコンピュータ)時代の
巨大な経済大陸を開拓できた技術であるならば、

認識技術(nTech)は、
電気半導体の先の新素材、
心の半導体の開発によって、
PU(宇宙コンピュータ)時代の
巨大な経済大陸の開拓を可能にする技術です。

■■コラム 理想的な仲間に出会うためには?

気を遣わずに何でも話せるような仲間がほしい。

そんな願いを持っている人は多いと思います。

悩んでいることも相談できて、
ワクワクするような夢も共に熱く、
思い切り語り合えて、
一生つきあっていけるような、
そんな仲間に出会いたい。

でも現実はなかなか理想どおりにはいきません。

本音を話してみたところで、
相手に嫌われるかもしれないし、
いつかは裏切られるかもしれない。

世の中はそんなにいい人ばかりではない
という不安や諦めが頭を駈けめぐり、
結局、理想の仲間に出会うことは、
夢のまた夢だと思ってしまうことも多くあります。

では、
理想とする仲間に出会うためには、どうしたら良いのでしょうか?

まずは、
理想の仲間に出会う前に、
理想の仲間に出会える自分に変わる必要があります。

その出会いの準備が大切ですし、
自分自身がまだその出会いの準備を
はじめていないということに気づく必要があります。

映画「ルーム」の少年ジャックは、
生まれてから一度も自分の部屋から出たことがありません。

ジャックにとっては「部屋の中」が世界のすべて。

部屋の外に無限に広がる世界と出会ったとき、
どれほどの驚きやショック、喜び、
出会いがあふれるでしょうか?

ジャックの人生は「部屋の外」と出会って、
やっとはじまったと言えるのです。

実は、私たち人間もジャックのように
「まだ、はじまっていない」状態であり、
“宇宙”というタマゴの中の小さな世界から
一度も外に出たことがありません。

もし、タマゴの殻を破って、
宇宙コンピュータのように
自由自在に操ることができたとしたら?

nTech(認識技術)は、
タマゴの殻の中から出て自由になり、
「はじまる」ための技術であり、
はじまったその先は、
誰もが宇宙の創造主(クリエイター)として
まるでゲームを楽しむかのような人生がはじまります。

そこから、本当の自分で、本当に信頼する
理想的な仲間に出会い、本当の人生がはじまるのです。

本日も読んでくださり
ありがとうございました。



【20190204】男性恐怖症を克服するには?

おはようございます。ノ・ジェスです。

本日も、心が痛まない社会を創る
リーダーを応援するメッセージを発信しています。

■認識技術(nTech)とは?

科学技術(sTech)が、
電気半導体の開発によって、
PC(パーソナルコンピュータ)時代の
巨大な経済大陸を開拓できた技術であるならば、

認識技術(nTech)は、
電気半導体の先の新素材、
心の半導体の開発によって、
PU(宇宙コンピュータ)時代の
巨大な経済大陸の開拓を可能にする技術です。

■■コラム 男性恐怖症を克服するには?

男性が苦手だという30代の女性にお会いしました。

実際に、男性恐怖症と診断された
わけではないですが、昔から男性が苦手で、
いろんなことをやって克服しようとしてきました。

父親が支配的で高圧的だったので、
はじめは男性はみんなそういうものだと
思っていたそうですが、社会に出て
いろんな人と関わる中で、必ずしも男性が
そんな人ばかりではないことを知ったそうです。

それでも、父親と似た雰囲気を
感じる相手には、やはり身構えてしまい、
交流が滞ってしまうので、
それを何とかしたいとのことでした。

自分流の行動療法みたいに、例えば
あえて毎日男性に話しかけるなど、
頑張って克服しようとしたそうです。

そうするうちに、
男性とは普通に話せるようになったので
一見、振る舞いとしては、問題なさそうに
見えるようになりましたが、まだまだ
根本的なところでは抵抗を感じているそうです。

では、
このような男性に対する苦手意識を
克服するには、どうすればよいのでしょうか?

今の世の中は、まだまだ男性社会なので、
男性が苦手だという女性はいらっしゃると思います。

彼女の場合は、男性をみると
無意識に自分の父親と重ねあわせて、
緊張したり、不安や恐怖が蘇ってしまいます。

男性が苦手となると、世の中の半数は
男性なので、人生の多くの時間を
そのような感情を抱えながら過ごすことになってしまいます。

この問題を克服するには、
男性や女性である前に、まずは、
人間とは何かを知る必要があります。

今の人間の現在地は、実は誰しもが無意識に
生きることに対する不安や恐怖を抱いています。

高圧的で支配的と感じるような男性の
裏側にも、実は同じような
不安や恐怖が隠されているのです。

男性とはこういうもの、という
自分の思い込みの外に出るには、
自分の考えや思い方のパターンを掴む、
無意識エンジン発見セッションをおすすめしています。

自分にはどんな無意識のエンジンが装着されているのか?

そのエンジンを使って、
自分や周りの人をどう規定して、
どんな人生ストーリーを描いてきたのか?

自分自身のパターンを掴んでおくことは大事です。

自分が今まで創ってきた
感情から解放され、男性や女性、
ひいては人間すら実在しない無の境地から、
新たな人生ストーリーを描くきっかけになるはずです。

本日も読んでくださり
ありがとうございました。



【20190201】地域に賑わいをもたせるためには?

おはようございます。ノ・ジェスです。

本日も、心が痛まない社会を創る
リーダーを応援するメッセージを発信しています。

■認識技術(nTech)とは?

科学技術(sTech)が、
電気半導体の開発によって、
PC(パーソナルコンピュータ)時代の
巨大な経済大陸を開拓できた技術であるならば、

認識技術(nTech)は、
電気半導体の先の新素材、
心の半導体の開発によって、
PU(宇宙コンピュータ)時代の
巨大な経済大陸の開拓を可能にする技術です。

■■コラム 地域に賑わいをもたせるためには?

地方の地域活性化に力を入れている方は多いです。

生まれ育った土地や山や川などの自然、
地元の人々など、愛着がある地域を
もっと元気に活性化させたいという
気持ちが生まれることはごく自然なことです。

都会に憧れて地元を出ていく人をみると
寂しい気持ちにもなり、もっと賑わいのある
魅力ある地域に再生できないものかと
地元の産業をPRしたり、
さまざまな施策を打ってみても
なかなか地域に賑わいをもたせることは難しいものです。

では、
このような地域を賑わせたいというニーズに
nTech(認識技術)はどのように活用できるのでしょうか?

魅力ある地域に再生するためには、
今までのその地域に既に存在する魅力を
引き出してPRするのには限界があります。

本当の意味での魅力とは、
既にあるものを引き出すのではなく、
今までにない全く新しい魅力を新たに創造することです。

そのためには、
地域を賑わせたいというニーズの前に、
人間共通のニーズをみる必要があります。

そして、時間も空間も存在も
全てオールゼロ化したところから
無限の意味価値を自由自在に
再創造していくことができる教育技術が必要になります。

あるものの魅力を謳うのではなく、
なにもないところから魅力を創っていく。

そうすることで、
今までにない全く新しい仕事を
生み出すことも可能となり、
結果的にその地域が無限に活性化していくことにも繋がります。

本日も読んでくださり
ありがとうございました。



【20190130】嫌な相手と接するためには何が必要か?

おはようございます。ノ・ジェスです。

本日も、心が痛まない社会を創る
リーダーを応援するメッセージを発信しています。

■認識技術(nTech)とは?

科学技術(sTech)が、
電気半導体の開発によって、
PC(パーソナルコンピュータ)時代の
巨大な経済大陸を開拓できた技術であるならば、

認識技術(nTech)は、
電気半導体の先の新素材、
心の半導体の開発によって、
PU(宇宙コンピュータ)時代の
巨大な経済大陸の開拓を可能にする技術です。

■■コラム 嫌な相手と接するためには何が必要か?

同じ職場にいる人のやることなすこと
すべてが嫌だという30代の女性にお会いしました。

できれば話したくなくて、
他の部署に異動してくれたらいいのに
とさえ思っているけど、仕事なので話さないといけない。

本音で話したら
絶対に喧嘩になってしまうので、
我慢はしているけど、
ストレスは溜る一方だとのことでした。

このように職場で我慢して本音を言わず、
ストレスを溜めている人や
言わないのが当たり前になっている人は多いかもしれません。

では、
どうすればそんな悩みを解決できるのでしょうか?

まず、相手の言動のすべてが嫌だと
感じている根本原因である
「観点の問題」を明確に理解することが必要です。

そして、この宇宙は脳の観点が
創り出している錯覚であることを理解し、
錯覚の宇宙が生まれる仕組み、
感情が生まれる仕組みを理解することです。

それを通して、
感情をオールゼロ化して、
とらわれない大自由な心を得ることができるのです。

そうなることで、相手の言動に対して
嫌な感情が出てくるパターンを
自然に変えることができ、
自分が望む関係性を自分の意志で
つくっていくことができるようになります。

nTech(認識技術)は、
新しい「イメージ言語」を使って、
オールゼロ化感覚をマスターする道を案内しています。

本日も読んでくださり
ありがとうございました。



【20190128】人に迷惑をかけてはいけない~子育ての悩み

おはようございます。ノ・ジェスです。

本日も、心が痛まない社会を創る
リーダーを応援するメッセージを発信しています。

■認識技術(nTech)とは?

科学技術(sTech)が、
電気半導体の開発によって、
PC(パーソナルコンピュータ)時代の
巨大な経済大陸を開拓できた技術であるならば、

認識技術(nTech)は、
電気半導体の先の新素材、
心の半導体の開発によって、
PU(宇宙コンピュータ)時代の
巨大な経済大陸の開拓を可能にする技術です。

■■コラム 人に迷惑をかけてはいけない~子育ての悩み

幼い息子がやんちゃでどうしたらいいのか
悩んでいるというお母さんにお会いしました。

保育園では大声で騒いだり、走り回ったり、
友達を叩いてケガをさせてしまったという
報告の電話を先生から時々もらうそうで、
その度に、自分の子育てに
何か落ち度があるのかもしれないと
思い悩んでしまうそうです。

本やネットで色々と調べたりはするけど
今は情報が多すぎて逆にわからないし、
現実は本に書いてある通りにはなってくれない。

わが子は問題児と思われているのかと
保育園に行くたびに肩身の狭い気持ちがするそうです。

子供に言い聞かせようとしても
母の苦しみなどわかってくれるはずもなく、
どうしたらよいのかわからなくなっているとのことでした。

では、
このような子育てにおける悩みは、
一体どこから生まれるのでしょうか?

多くの日本人は、
人に迷惑をかけてはいけないと
言われながら育つことが多く、
これは日本人共通の特徴とも言えます。

このケースにおけるわが子の振る舞いを
自分のせいだと思ってしまう
お母さんもいるかもしれませんが、
それはお母さんに原因があるのではなく、
実は日本の歴史が大きく関わっています。

「人に迷惑をかけてはいけない」という
イメージが日本人のアイデンティティに
深く刻まれた背景には、
第二次世界大戦での敗戦による影響が大きいです。

日本の都市は空襲で焼かれ、
さらに原爆まで二つ落とされました。

世界史上に類をみない壊滅的な打撃を受け、
国家のアイデンティティや歴史伝統まで、
根こそぎ破壊されるような経験から、

もう二度と熱くなるものか!
迷惑かけちゃいけない!

と無意識深く決断した日本があります。

このような深い涙を持っている国が
日本であり、日本人として、その涙を
今もなお、親から子へ伝え続けているとも言えるのです。

この涙の連鎖をオールゼロ化させるには、
日本全体のアイデンティティに強烈に
染み込んでしまっている深い涙と
それを生み出したさらに奥深くにある
人類共通の涙でもある
「観点の限界」をしっかりと認識する必要があります。

そうすることで、
本来の日本のアイデンティティを認識でき、
涙の連鎖ではなく、尊厳関係で育んでいく、
新しい子育ての道を創ることが可能になります。

本日も読んでくださり
ありがとうございました。




ページトップ

メールマガジン登録