column

Noh Jesuメルマガ

【20150925】次の時代に必要な教育革命

おはようございます。人文ベンチャー企業家Noh Jesuです。

「観測する前は人間と人間の宇宙は存在しない」
すなわち「現実は錯覚であり、人間と人間の宇宙は実在しない」

このメールマガジンでは、この新常識を理解し、『心の時代』『無のパラダイム時代』をリードしていくための情報知識を毎日発信しています。

先日から、「日本から胎動する新しい経済発展モデル、認識経済」をテーマに配信しています。

コンピューターは、ハードウェアからソフトウェア、そしてOSへと開発が進みました。現在、Microsoft社やApple社は、OSを開発し、利益を得ています。

端末にモバイル革命が起きることにより、スマートフォンへ移行しました。その次は、スマートフォンの次の時代です。実は、次の準備は完璧に整っているのです。

これからは、教育革命が必要です。お金に負けない人間力、人間の美しさ、人間の無限の可能性を爆発させる教育が重要です。

それは、欧米では実現できませんでしたが、日本では可能なのです。



【20150924】宇宙の作動原理 

おはようございます。人文ベンチャー企業家Noh Jesuです。

「観測する前は人間と人間の宇宙は存在しない」
すなわち「現実は錯覚であり、人間と人間の宇宙は実在しない」

このメールマガジンでは、この新常識を理解し、『心の時代』『無のパラダイム時代』をリードしていくための情報知識を毎日発信しています。

先日から、「日本から胎動する新しい経済発展モデル、認識経済」をテーマに配信しています。

宇宙を有ったり無かったりさせている作動原理を認識するデジタル認識方式、これが観術です。

観術では、究極の世界、すべてを成り立たせている動きを絶対世界「1」と規定しています。それに対し、この現実は対称性で成り立っており、全てがオンオフで表現されるデジタルであるため、相対世界「2」と規定しています。

「1」は、神や空などと様々な名前で呼ばれていますが、名前は重要ではありません。

それ以上に、「1」と「2」がどういう関係で結ばれているのか、「1」から「2」が生まれる仕組みを明確にわかることが大切です。それが宇宙の作動原理なのです。

私たちは、その作動原理をオペレーティング・システム(OS)と言っています。



【20150924】宇宙の作動原理 

おはようございます。人文ベンチャー企業家Noh Jesuです。

「観測する前は人間と人間の宇宙は存在しない」
すなわち「現実は錯覚であり、人間と人間の宇宙は実在しない」

このメールマガジンでは、この新常識を理解し、『心の時代』『無のパラダイム時代』をリードしていくための情報知識を毎日発信しています。

先日から、「日本から胎動する新しい経済発展モデル、認識経済」をテーマに配信しています。

宇宙を有ったり無かったりさせている作動原理を認識するデジタル認識方式、これが観術です。

観術では、究極の世界、すべてを成り立たせている動きを絶対世界「1」と規定しています。それに対し、この現実は対称性で成り立っており、全てがオンオフで表現されるデジタルであるため、相対世界「2」と規定しています。

「1」は、神や空などと様々な名前で呼ばれていますが、名前は重要ではありません。

それ以上に、「1」と「2」がどういう関係で結ばれているのか、「1」から「2」が生まれる仕組みを明確にわかることが大切です。それが宇宙の作動原理なのです。

私たちは、その作動原理をオペレーティング・システム(OS)と言っています。



【20150923】デジタル認識方式、観術 

おはようございます。人文ベンチャー企業家Noh Jesuです。

「観測する前は人間と人間の宇宙は存在しない」
すなわち「現実は錯覚であり、人間と人間の宇宙は実在しない」

このメールマガジンでは、この新常識を理解し、『心の時代』『無のパラダイム時代』をリードしていくための情報知識を毎日発信しています。

先日より、「日本から胎動する新しい経済発展モデル、認識経済」をテーマに配信しています。

コンピューター画面は、実際はついたり消えたりしています。その仕組みによって画面の中に人間が写ったり、色々な動きをしているように見えます。全てがオンオフのデジタルで表現されている世界です。

私たちが観ている現実、この宇宙空間もコンピュータ画面のようなものであり、全てをデジタルで表現できます。

つまり観術は、デジタル認識方式とも言えます。



【20150922】重力波の秘密

おはようございます。人文ベンチャー企業家Noh Jesuです。

「観測する前は人間と人間の宇宙は存在しない」
すなわち「現実は錯覚であり、人間と人間の宇宙は実在しない」

このメールマガジンでは、この新常識を理解し、『心の時代』『無のパラダイム時代』をリードしていくための情報知識を毎日発信しています。

先日より、「日本から胎動する新しい経済発展モデル、認識経済」をテーマに配信しています。

私たちが観ているこの宇宙は、本当は無い状態なのです。宇宙を有るようにさせているのは、中外ひっくり5次元の動きです。

この5次元の動きは、映画「インターステラー」にも出てくる重力波の秘密につながります。映画では、重力に問題が起きて地球上に人間が住めなくなり、銀河系の外まで地球と同じような環境の惑星を探しに行きます。

重力波の秘密を知ることは、現実とは何なのかを知ることと同じです。

重力波自体は、例えば私が海の中にいたとして、私が動くと海の水が動くということです。このような魚と海と水の関係を重力現象と言っています。




ページトップ

メールマガジン登録