【20110831】「資本主義」から「人本主義」へ

おはようございます。
Noh Jesuです。

このメールマガジンでは、「和の産業」「悟りの産業」を実現するためのキーワードを、毎日発信しています。

今の日本社会では、一人一人の判断基準を中途半端に合わせる「相対主義的な和」が主流になっています。しかし、一人一人の判断基準を最高に尊重し、その良さを融合させながら、同時に揺るがないひとつの心の団結を持つことができる「絶対主義の和」こそ「和」の本当の良さであり、その革新をもたらすことができるのが、観術によるALL
JAPAN体制の基本ビジョンです。

さらに、観術による観点の次元上昇は、人間の本質、人間の尊厳性そのものに対する価値の変革、アイデンティティの変革をもたらし、人間の幸せや成功の中心価値を、“お金”から、“人の心”“人のつながり”へとシフトさせていきます。

人間が生きる価値の源泉がお金から人へ移り、それが新たな経済システムとして変容していくことを、私は“「資本主義」から「人本主義」への移行”という形で提唱しています。

人に投資することで、お金から人へと経済の中心価値基準が移行し、そこに経済投資が集中していくことは、すなわち通貨蒸発や信用縮小の問題を回避し、解決していく道筋をつけることを意味しています。

カテゴリー: 未分類   パーマリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>