【20200228】生老病死の苦しみからの解放

おはようございます。ノ・ジェスです。

本日も、心が痛まない社会を創る
リーダーを応援するメッセージを発信しています。

■■コラム 生老病死の苦しみからの解放

今からおよそ2500年ほど前、
ブッダは肉体をもっているがゆえに
逃れられない人間の4つの苦しみを説きました。

生きる苦しみ(生まれる苦しみ)、
老いる苦しみ、
病にかかる苦しみ、そして
死から逃れられない苦しみです。

人間はどうしても
「この体が自分」であることに
執着するものなので、全ての生老病死の
苦しみから解放されるためには、
その執着を手放せるのかどうかが本当に重要です。

「この体が自分」だという執着によって
生老病死の苦しみは生まれます。

では、
人間が生老病死の苦しみから
解放されることはあるのでしょうか?

まずは、人間を動かす目に見えない動力源を
「エンジン」という表現で段階的に整理してみます。

・精神エンジン
・生命エンジン
・物質エンジン
・光エンジン
・エネルギーエンジン
・永久エンジン

この中で、人間が肉体的な死を迎えたときに
ストップするエンジンはどれでしょうか?

それは、精神エンジンと生命エンジンです。

つまり、それ以外の
物質エンジン、光エンジン、
エネルギーエンジン、そして
それらの全てを動かす
根本の永久エンジンは
ストップしないということであり、
それは本来「死は存在しない」という意味でもあります。

脳の錯覚の仕組みと
永遠不変の1パターンの動きから成り立つ
エンジンの仕組みを理解して、
病気や死の恐怖から自由になる必要があります。

体の人間という服を脱いで、
本物の自分との出会いを通し、
生老病死の苦しみを卒業する。

これは人類にとって偉大なテーマです。

四苦八苦の原因となる
脳の観点と錯覚の仕組みを
人類が明確に理解して、
生老病死の苦しみから
解放されている状態が当たり前になれば、
病気の概念そのものがなくなり、
健康な個人、組織、社会、文明が創られていきます。

健康な人間が増えて、
健康な社会が広がっていくことに
nTech(認識技術)が貢献できれば幸いです。

本日も読んでくださり
ありがとうございました。

カテゴリー: 未分類   パーマリンク

コメントは受け付けていません。