column

Noh Jesuメルマガ

【20130731】心の時代はConsilienceの時代

おはようございます。Noh Jesuです。
このメールマガジンでは、「和の産業化」「悟りの産業化」を実現するためのキーワードを毎日発信しています。

先日から「進化していく平和-通渉(つうしょう)の世界」をテーマに配信しています。

体が本当の人間ではありません。体と心をハードウェアとソフトウェアの関係でみれば、体はハードウェアで、心はソフトウェアです。
例えば、右を見たり、左を見たり、右手をあげたり、左手をあげたりなど、自分が意識した通りに体が動きます。体というハードウェアを動かしているのは、心というソフトウェアなのです。ですので、心が本当の人間なのです。

今は心の時代だとあちこちで言われていますが、目に見える体だけが自分であり人間だと思って生きてきた人類の現在地をみれば、心に対する真剣な関心が薄かったと言わざるをえません。

私は、心の時代をConsilience(知の統合)の時代と言っています。心はものすごい可能性を秘めています。心をマスターすれば、全てが観えてきます。いつもスッキリワクワクした心で、今ここが楽しくてしょうがない状態になります。それが一番の平和であり、健康の状態と言えるのです。

このConsilience(知の統合) の時代を引っ張っていくのは日本の若者です。心が若い状態であれば若者なので、年配の方でも大丈夫です。




ページトップ

メールマガジン登録