【20151025】情報知識を受け入れる器の大きさを次元上昇​させる観術

おはようございます。人文ベンチャー企業家Noh Jesuです。

「観測する前は人間と人間の宇宙は存在しない」
すなわち「現実は錯覚であり、人間と人間の宇宙は実在しない」

このメールマガジンでは、この新常識を理解し、『心の時代』『無のパラダイム時代』をリードしていくための情報知識を毎日発信しています。

先日から、「人工知能に負けない頭脳開発、感性開発を実現する観術」をテーマに配信しています。

情報知識の濃度が濃いコンパクトな今の時代、これまでの心の器で整理整頓するのはかなり限界なのです。

体感覚(5感覚)で情報知識を整理整頓する古い基準点では、正しい認識判断、意思決定をするのは難しいため、心のパニック状態に陥りやすいのです。

観術は、人間機能の源である基準点、すなわち情報知識を受け入れる器の大きさを、体の感覚レベルから心の感覚レベルへ次元上昇させる認識革命を起こす認識技術、認識教育です。

カテゴリー: 未分類   パーマリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>