column

Noh Jesuメルマガ

【20171020】人が育たない経営者の悩み

おはようございます。ノ・ジェスです。

本日も、心が痛まない社会を創る
リーダーを応援するメッセージを発信しています。

■認識技術とは?

科学技術が、
物質を変化、移動させ、
世の中を便利にし、
人間の体に満足と快適さを与える技術であるならば、

認識技術は、
観点を変化、移動、上昇させ、
人間の心を最高にスッキリ、ワクワク、
健康な状態に案内する技術です。

■■コラム 人が育たない経営者の悩み

経営者の頭を悩ませる問題の一つに
「人材育成」があると思います。

社員がなかなか思うように育ってくれない
と嘆いていらっしゃる方は多いでしょう。

経営者や上司の指示がなくても
行動できる社員を育てたいと思っても、
そんなに都合よくは育ってくれないものです。

一般常識やスキルだけを教育しても
人を育てたことにはなりませんし、
人間性や人格といった深さに着目し、
可能性を引き出そうとしても、
そう簡単にはいきません。

お金や制度を使って、
モチベーションを引き出すのにも
限界はあるでしょう。

社員のモチベーションが
持続的に生まれれば、
人材育成は成功したようなものですが、
これが一番難しいことです。

それどころか、
鬱で休職する人は年々増えていますし、
この問題は、
ますます難しくなっていると言えるでしょう。

では、
モチベーションの本質とは何でしょうか?

それは、
切迫感と懇切さです。

このままでは駄目だ!という切迫感、
ここから抜け出したい!という懇切な想い、

この二つが重なったときに
モチベーションは生まれます。

そうです。まずは、
経営者ご自身の切迫感と懇切さが大切です。

社員を変えようとしても変わりません。
ご自身の認識を変えることでしか、
変化は生まれないのです。

ぜひこの点について、
とことん深くまで追求してみてください。

モチベーションの源泉に出会えたとき、
経営者と社員の垣根は消え、
人材育成は更なるステージに
上昇していることでしょう。

本日も読んでくださり、
ありがとうございました。




ページトップ

メールマガジン登録