column

Noh Jesuメルマガ

【20171025】アイデアを生み出し続けるためには?

おはようございます。ノ・ジェスです。

本日も、心が痛まない社会を創る
リーダーを応援するメッセージを発信しています。

■認識技術とは?

科学技術が、
物質を変化、移動させ、
世の中を便利にし、
人間の体に満足と快適さを与える技術であるならば、

認識技術は、
観点を変化、移動、上昇させ、
人間の心を最高にスッキリ、ワクワク、
健康な状態に案内する技術です。

■■コラム アイデアを生み出し続けるためには?

創作活動をしている作家さんから
こんなお話を聞きました。

その作家さんは、
作品創りを生業にしていますが、
趣味とは違って、
それなりのプレッシャーを
いつも感じているそうです。

例えば、
締め切りが気になって焦ったり、
作品の売れ行きが気になって、
集中できなかったり、

ある程度は
仕方ないと思いますが、

それが自らの
インスピレーションにまで影響し、
肝心のアイデアが
浮かばなくなってしまうこともあるそうです。

趣味ではないので、
多少のプレッシャーは当然とはいえ、

できれば、
余計なことは気にせず、
創作活動に集中したいものです。

では、
アイデアとは一体何でしょうか?

アイデアを安定的に
生み出し続けるためには、
何が必要なのでしょうか?

まず、
アイデアとは、
錯覚であり、現実そのものです。

そして、この現実は、
バーチャルリアリティの中にいるようなもので、

全ては、
0、1 の因果であり錯覚です。

ひとつしかない動き(真実)から、
なぜ壮大な錯覚(現実)のアートが生まれるのか?

まずは、
その仕組みを明確に理解する必要があります。

認識技術を使い、
錯覚を創り出さなければならない
意味を理解した上で創作活動をすれば、

自ずと
アイデアが溢れ出て止まらない状態になるでしょう。

本日も読んでくださり、
ありがとうございました。




ページトップ

メールマガジン登録