column

Noh Jesuメルマガ

【20190731】世代を越えてわかり合いたい

おはようございます。ノ・ジェスです。

本日も、心が痛まない社会を創る
リーダーを応援するメッセージを発信しています。

■認識技術(nTech)とは?

科学技術(sTech)が、最先端の
AI(人工知能)のDeep Learningによって
目に見える模様・形の用途機能を
パターン認識し、自律的に学習する
知識生産方式を可能にした技術であるならば、

認識技術(nTech)は、最先端の
GI(集団知性体)のDeep Learningによって
目に見えない1パターンの心の動きから
生まれる5つの動きのパターンを認識し、
AllZero化感覚による自律的な学習と
知識の大統合を可能にする技術です。

■■コラム 世代を越えてわかり合いたい

親世代と若者世代、いつの時代にも
世代間のギャップはあるもので、
それによる意識の違いも起こります。

親世代からすると
「最近の若い者は」などと
言いたくもなりますし、逆に
若者世代からすると、
親たちはただ経験上の知識やルールを
押しつけてくるだけで
自分たちのことを全くわかっておらず、
話にならないと思っていたります。

たとえお互いざっくばらんに交流して、
良好な関係性を築きたいと思っていても
世代間のギャップを越えることは、
なかなか難しいものです。

では、
どうすれば世代を越えて
わかり合えることができるのでしょうか?

例えば、両手いっぱいに
たくさんの荷物を持っている状態で、
そこにボールが飛んできたとしても
そのボールをキャッチすることはできません。

荷物を置いて、両手が自由になった状態で
ようやくボールをキャッチする準備ができたと言えます。

世代間の関係性も同様です。

若者世代のイメージと親世代のイメージ、
お互いに固定観念を持ったままの状態では、
相手の話を聞くことはできず、
良好な関係を築くことはできません。

世代間のギャップを越えるためには、
両者に共通する脳の観点の限界をまず超える必要があります。

それぞれの考え、感情、イメージはもちろん
エネルギーの外、観点の外に出て、
人類が唯一わかりあえる
共通の土台を手にする必要があるのです。

共通土台を得ることで
世代間のギャップはもちろん、
この現実世界における
全ての境界線をも超えて
繋がることができるようになります。

nTech(認識技術)は、どこまでもフラットに
繋がることができる技術です。

本日も読んでくださり
ありがとうございました。




ページトップ

メールマガジン登録