【20130624】認識するから存在する

おはようございます。Noh Jesuです。
このメールマガジンでは、「和の産業化」「悟りの産業化」を実現するためのキーワードを毎日発信しています。

世界をどう認識することができるのでしょうか?

世界は客観的・絶対的に存在するものだと認識することもできますし、自分の解析による主観的な世界として認識することもできます。自分が名前を付けて見ているので人間や動物、植物・・・というように、自分の解析方法によって名前を付けて存在させているのです。
「存在するから認識する」のではなく、「認識するから存在する」という観点もあります。

このように、世界を「主観的世界」として認識することもできます。

明日はもう少し進んで考えていきます。

カテゴリー: 未分類   パーマリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>