【20160628】心を健康にする認識技術

おはようございます。人文ベンチャー企業家Noh Jesuです。

「観測する前は人間と人間の宇宙は存在しない」
すなわち「現実は錯覚であり、人間と人間の宇宙は実在しない」

このメールマガジンでは、この新常識を理解し、『心の時代』『無のパラダイム時代』をリードしていくための情報知識を毎日発信しています。

先日より、「人工知能を超えることができる人類の集団知性体を構築する教育」をテーマに配信しております。

先日、「団塊世代や高齢者に向けて、観術TV(トータルビジョン)はどのように広げていけばいいのでしょうか。」という質問がありました。

日本の団塊世代は、日本の高度経済成長を引っ張ってきた集団ですから、とてもエネルギッシュです。そして、人間は、いずれ寿命150歳時代に突入します。それも、健康な状態で150歳になりますから、心配する必要はありません。

今、ITやナノ技術が開発されるスピードがかなり早いなかで、重要なことは「意識」です。意識がいかに柔らかく、心がいかに10代のようにワクワクし、いつも健康な状態であるかがとても重要なのです。

観術は心を健康にする認識技術と言えます。心を、最も健康にする技術なのです。薬で心は健康になりません。科学技術でも心は健康になりません。

今までは、科学技術で物を変化・移動させることばかり開発してきましたが、実は、人間の持つ観点を変化・移動させる開発が必要です。つまり、心の健康には観点を次元上昇させることが求められるのです。

カテゴリー: 未分類   パーマリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>