column

Noh Jesuメルマガ

【20160927】日本がやるべき認識経済の可能性

おはようございます。人文ベンチャー企業家Noh Jesuです。

「観測する前は人間と人間の宇宙は存在しない」
すなわち「現実は錯覚であり、人間と人間の宇宙は実在しない」

このメールマガジンでは、この新常識を理解し、『心の時代』『無のパラダイム時代』をリードしていくための情報知識を毎日発信しています。

先日より、「日本から胎動する新しい経済発展モデル、認識経済」をテーマに配信しています

アベノミクスが失敗して、株価が落ちてしまったなら、日本経済の勢いは衰えてしまいます。今、そうならないように無理やり株価が上がるようにさせている現状があります。

アベノミクスは、大きく方向性がずれています。

今、人に投資しなければならないのに、今まで日本が努力してつくったMade in Japanで円高になったものを円安にバックさせているのです。もう一度、製造業でモノを全世界に売れる日本にしようとしている。それは、過去に戻ろうとするという、とんでもない方向性なのです。

日本が本当にやるべきことは、人間力をアップグレードさせる認識経済です。




ページトップ

メールマガジン登録