【20200217】東京オリンピック後の日本経済はどうなる?

おはようございます。ノ・ジェスです。

本日も、心が痛まない社会を創る
リーダーを応援するメッセージを発信しています。

■■コラム 東京オリンピック後の日本経済はどうなる?

2020年東京オリンピック後の
日本経済がどう変化するのか、
気にされる方は多いと思います。

前回1964年の東京オリンピックの直後は、
不況に突入したものの、その後は、
いざなぎ景気とともに
高度成長を成し遂げた日本経済ですが、
今回のオリンピック後は、
どのように変化するのでしょうか?

またどのような変化を創りたいでしょうか?

出来ることなら、前回のいざなぎ景気よりも
10倍、100倍の高度成長によって、
力強い元気な日本経済を創りたいものです。

では、
そのためには、何が必要なのでしょうか?

2020年は「今まで」と「今から」に
大きく分かれるタイミングです。

なので「東京オリンピック」に
フォーカスするよりも「2020年」へ
フォーカスすることの方が大切になります。

昨年の5月に元号が令和に変わりましたが、
本格的な令和の一年間は、2020年が初めてとなります。

ですから、新しい時代のビジョン、
令和の前(今まで)と
令和から(今から)の時代はこう変化する
という日本独自の規定がとても重要になります。

今までの人間の脳が支配する
体中心の物質文明から
今からは体(脳)ではなく、
心中心の精神文明に生まれ変わり、
本格的なチームプレーを大事にする時代に入ります。

つまり、軍事経済が中心の戦争ゲームから
教育経済が中心の尊厳ゲームに変わるということ。

日本から全世界へ、
今までにはない全く新しい教育技術を
世界基軸教育として、教育商品、
教育産業化して、販売していく知恵が必要な時なのです。

目標が小さければ何も変化は起きません。

本気で文明のプレートを変えるくらいの
心の決断、新文明を創建する主導権を
発揮する日本を創れるのだという「心」が大事です。

そして「Made in Japan」の
モノづくりで高度成長を遂げたときよりも
100倍爆発するためには、
今までの人類が見たことのない
心づくり・組織づくりが必要になります。

国全体のセッティングが
「Made in Japan」から
「Heart of Japan」に生まれ変わり、
世界をリードする決断が必要なのです。

心のブーム、組織創建のブームを全国に蔓延させていく。

日本人ひとり一人が希望にあふれて
実践することで自然にうまくいくタイミングが2020年なのです。

日本経済の力強い元気さが、
全世界経済を引っ張っていくイメージが何よりも大事です。

本日も読んでくださり
ありがとうございました。

カテゴリー: 未分類   パーマリンク

コメントは受け付けていません。