【20200630】令和哲学カフェ~連日開催中!1期テーマ「美学」No.24

おはようございます。ノ・ジェスです。

昨日は、第24回令和哲学カフェが開催されました。

毎回多くの方に
ご参加いただきありがとうございます。

「美しい考え」をテーマとして、
一番知恵ある根本土台にある
考え方は何なのか、本当に哲学らしい
考えとは何なのかを探究し、
3回目では
「知っていることは一つもない」
という考えから出発することが
知恵が溢れる思考である
という整理をしました。

4回目は、真の考え方、
美しい生き方に移動するために、
以下の質問を土台に
WHTワークを行いました。

「人間はなぜ生きなければならないのか?」

この問いは、
令和哲学カフェではお馴染みの
ビンと鳥の絵で、
ビンの中の鳥が外に出て
全てを認識対象とみた時に、
真の答えを得ることができます。

思い込みの主体である体の人間は
脳の観点に掴まれて
一度もビンの外に出たことがないため、
「観点」の中で答えがわからないまま
「なぜ生きるのか」という
質問をずっと投げているのです。

ビンの外に出て、
知っている世界から自由になり
哲学的な観点からの知恵を得たならば、
答えをするのではなく、
観点を変える勝負をすることです。

「死なないから生きるんだよ」
というレベルでは知識的な答えです。

「なぜ生きるのか」ではなく
「どう生きるべきか」が
本来の人間の問いになるのです。

令和哲学では、
認識主体の啓発を生き方とつなげて
「真善美聖和」で整理しています。

次の「美しい考え」の最終回では、
「真善美」の世界まで
皆さんと共有していけたらと思います。

次回の令和哲学カフェは、
7/1(水)21時から開催します。

どうぞお楽しみに!

カテゴリー: 未分類   パーマリンク

コメントは受け付けていません。