【20210119】意思決定スピードが遅い日本の課題をどう突破するのか Noh Jesu映画哲学オンラインサロン

おはようございます。ノ・ジェスです。

Noh Jesu映画哲学オンラインサロンでの
ライブ配信11回目の内容から一部抜粋して
お送りします。

今回は「意思決定スピードが遅い
日本の課題をどのように突破するのか」
というテーマでおしゃべり場を開催しました。

日本の意思決定スピードが遅い理由とは
一体何だと思いますか?
完璧主義、建前文化などいろいろな
理由が考えられると思いますが、
令和哲学からみるとその理由は
「一番早いスピード自体の不在」です。

一番早いスピードとは
「源泉的スピード」のことです。
不生不滅の源泉的動きからみた時に初めて、
多様なスピードがどのように生まれるのか
仕組みがみえ、
すべての世界がどう関係しているのか
がみえるので関係設定ができるようになり、
自分のゲームを設定できるようになります。

今までの世の中の意思決定の出発は
人間脳の観点、
目でみて主語・述語がある状態です。

そこからくる、過去の歴史や経験による
一定範囲の情報データでの
正解探しからの意思決定は
有効期限つきの意思決定でしかありません。
一つ条件が変われば
まったく話にならなくなってしまうのです。

人間は
AIの意思決定スピードを超えることです。
一番早いスピードを悟り、
無知の完全性に到達することで、
関係設定、ゲーム設定を行い
冒険の心で持続的に早いスピードで
意思決定をしていくことができます。
これからはそのような組織が
勝利していくのです。

Noh Jesu映画哲学オンラインサロンは
会員限定で
毎週月・火19時から開催しています。
(後日の視聴も可能)
話題の映画をより深く味わえる!
時事情報の最先端解析が得られる!
皆さまと交流しながら
アイデアも積極的に取り入れていく予定です。
ぜひ会員登録お願いします。

カテゴリー: 未分類   パーマリンク

コメントは受け付けていません。