【20210401】障害の意味と役割 令和哲学カフェ質問道場

おはようございます。ノ・ジェスです。

本日は
過去の令和哲学カフェの質問道場の
内容の一部をお送りします。

Q. 障害にはどんな意味があり
どんな役割があると思いますか?

A.障害を細かく分けて名前をつけたら
障害ではない人が
いないくらいになっていきます。
情報を細かく分けて
分析すればするほどそうなります。

また、時代的にも現代は
文明のパラダイムが変わる時なので
間違いなく突然変異が
生まれるようになっているのです。
エネルギーがエントロピー無限大に
向かっているので、
危機を突破するためにも
障害者の力が必要なのです。

違いや差別性自体が悪いものではなく、
個性とみたり、イノベーションを起こす
きっかけになる可能性が高いです。
認識技術からみたらみんな一つであり
多様性は、いかにショックを、感動を
拡げていくのかの要素なので
その目線でみたら
理解ができるのではないかと思います。

障害は制限と規定しましたが
「機能」が制限されるだけで
「技術」の制限ではありません。
機能の制限によって技術が
かなり伸びることもあります。
機能の限界、制約を突破することで
あらゆるジャンルの技術も発達します。
ですからイノベーションや、違うジャンルの
進化発達にも貢献できると思います。

次回の令和哲学カフェでの
ノジェス質問道場は4/2(金)です。
現在テーマ「創造~心と存在~」にて開催中!

カテゴリー: 未分類   パーマリンク

コメントは受け付けていません。