column

Noh Jesuメルマガ

【20171106】なぜ自分は幸せだと思えないのか?

おはようございます。ノ・ジェスです。

本日も、心が痛まない社会を創る
リーダーを応援するメッセージを発信しています。

■認識技術とは?

科学技術が
物質を変化、移動させ
世の中を便利にし
人間の体に満足と快適さを与える技術であるならば

認識技術は
観点を変化、移動、上昇させ
人間の心を最高にスッキリ、ワクワク
健康な状態に案内する技術です。

■■コラム なぜ自分は幸せだと思えないのか?

先日お会いした方から
「持続的な幸せを感じられない」
と相談を受けました。

お金が大事、仕事が大事、
夢が大事など、表現は違えど
誰もが追い求めているのが
幸せだと思いますが

頑張って働いて
平均年収を上回るお給料を得ても

地球の裏側まで行き
海外を放浪しても

欲しいものが手に入っても

幸福感を得るのは束の間で
そう長くは続かない。

また、他人と比較することでしか
幸せを評価できず
そもそも幸せとは何なのかが分からない。

そのような本質的な悩みを
持っている方は多いです。

不幸になりたい人間はひとりもいません。

では、
なぜそれなのに
幸せに溢れた時代になっていないのでしょうか?

それは、まず
幸せになろうとすること自体が間違っています。

今が幸せではないから
幸せになろうとするわけで
人間にはみな
今ここが不幸だという決めつけがあります。

だから
幸せが目的になってしまうのです。

この現実の錯覚の中で
幸せを求めて生きるのか?
そこから目覚めて尊厳で生きるのか?
本当はそれしかありません。

今まで人類は
自分のあり方を変化させることなく
思い方、やり方だけを変化させ
高さの幸せだけを得ようとする生き方でした。

これに対し
認識技術が示す生き方は
自分自身のあり方が変化し
自分自身も無い
無限の可能性そのもので
常に心が満たされている
幸せそのもので生きる生き方になります。

本日も読んでくださり
ありがとうございました。




ページトップ

メールマガジン登録