column

Noh Jesuメルマガ

【20171110】理想的な会社が見つからないときは!?

おはようございます。ノ・ジェスです。

本日も、心が痛まない社会を創る
リーダーを応援するメッセージを発信しています。

■認識技術とは?

科学技術が
物質を変化、移動させ
世の中を便利にし
人間の体に満足と快適さを与える技術であるならば

認識技術は
観点を変化、移動、上昇させ
人間の心を最高にスッキリ、ワクワク
健康な状態に案内する技術です。

■■コラム 理想的な会社が見つからないときは!?

新人や若手社員の方から
理想的な会社が見つからない
という話をよく聞きます。

入社時に期待していた
会社へのイメージとの違いから
挫折してしまう人も多いようです。

もともと
社会に貢献したくて会社に入っても
その会社の商品や技術などの価値が
この時代、この社会に
どれだけ貢献できているのかが分からない。

また、その価値を
情熱と確信をもって
ワクワクしながら
語っている先輩や上司もいない。

そんな会社の雰囲気に
絶望してしまうのだと思います。

希望を抱いて入社した会社が
どこに向かっているのか分からず
自分でも何をどうしたらよいのか
さっぱり分からない。

これでは
挫折してしまうのも無理はありません。

では、
このような若者は
どうしたら希望をもてるようになるのでしょうか?

それは
普遍的な病気モデルの診断と
普遍的な健康モデルの処方をすることです。

「普遍的」というからには
全てに適応できなければなりません。

人・組織・商品・ビジネスモデルなど
全てに共通する
病気モデルと健康モデルを明確にして
病気状態から健康状態にさせることです。

会社に理想を求め、期待するのではなく

「今の会社は病んでいるんだ。
この病気を自分がドクターになって治すんだ」

という気概をもって
認識技術をマスターし
会社や社会に貢献する姿勢が大事です。

ブログにも記事を書いていますので
ぜひご覧ください。

http://blog.noh-jesu.com/entry/2017/08/06

本日も読んでくださり
ありがとうございました。




ページトップ

メールマガジン登録